現在位置: > > > > > HONDAのCR-Z

『HONDAのCR-Z』:ホンダ CR-Z

解決済みHONDAのCR-Z

HONDAのCR-Z<

[東京 16日 ロイター] ホンダ<7267.T>は16日、同社が2月26日に発売したスポーツカータイプの新型ハイブリッド車「CR─Z」の受注台数が、3月14日時点で8000台に達したことを明らかにした。月販目標台数は1000台であったため発売から1カ月経たずに約8倍の受注を達成した格好だ。
ホンダにとってCR─Zは「インサイト」、「シビックハイブリッド」に次ぐハイブリッド車第3弾。2ドア4シートで、ガソリン1リットルで走れる距離が25キロメートルとの燃費性能が特徴。ハイブリッド車として初のマニュアルタイプと、オートマチックタイプを揃えており、受注の4割がマニュアル車だという。
インサイトの2月国内販売実績は3500台で、トヨタ自動車<7203.T>のハイブリッド車「プリウス」の2万7000台に大きく水をあけられているが、ホンダはCR─Zの投入によりマニュアル・ハイブリッド車という新ジャンルを開拓したい考え。



ってニュースがヤフーのトップニュースというかロイター通信から堂々と垂れ流されておりますが、
初のマニュアルタイプって初代インサイトの立場はどうなったのですか??
黒歴史とされているのですか??

ベストアンサーに選ばれた回答

単なるマスコミの勉強不足です。
ホンダはちゃんと「初の<6速>マニュアル」って言ってますよ。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • マスコミがテキトーなのはありふれた事だろ

  • 黒歴史の意味を平易に“ホンダ絶版車の系譜”という解釈はまぁ出来るでしょう。最も絶版云々はホンダに限られないためそれを以て非難するのはポイントがズレていますが…
    わかりやすくスポーツカー(スポーツモデル)だけを並べてみると
    ☆初代Sシリーズ(FR+オープン)
    ■CR-X(FF+ライトウェイト)
    ■インテグラ(FF+硬派チューン)
    ○NSX(MR+オールアルミ)
    ○ビート(MR+軽オープン
    ☆S2000(FR+リアルスポーツオープン)
    ■CR-Z(FF+ハイブリッド)
    ()は駆動方式とキャラクター
    実に様々。共通しているのは必ず絶滅。長くとも三代程度。クルマ好き、スポーツカー好きからすると新しさだけを弄んでいるだけの気も。なぜ絶滅するのかといえば飽きられるから。よくよく考えてみればクルマの運転の楽しさやキャラクターの魅力に古いも新しいもない。技術は進歩はしても人間の身体能力やクルマの物理的条件は地球を走る限り変わらないから。空冷ポルシェ911やマツダ・ロードスターのような継続的で真摯で地道な取り組みはホンダスポーツカーには皆無。これが飽きる理由といったら決め付け過ぎだろうか? CR-Zが今までのホンダ車のようにファンを置き去りにしないことを望むがその保証は…

  • まぁディーラーの販売員からして初のMTですよ!ってコッチが指摘するまで平気で言いますからね
    ホンダからして初MTって誤解されるのを狙ってるような宣伝をしてる気はします

  • 記者の勘違い、勉強不足ですね。

    ハイブリット初の「6」MTと宣伝していたのを、「ハイブリット初のMT」って取り間違えたのでしょう。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)
  2. 2位
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ 日本カー・オブ・ザ・イヤー 受賞記念車
    698,000円(埼玉)
  4. 4位
    1.5 アルファ
    500,000円(岡山)
  5. 5位
    α 6MT HDDナビ
    250,000円(富山)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)