現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > デリカD:5、eK効果で三菱が好調。プリウスが登録車のトップに【マーケット概況・4月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリウスが総合3位・登録車のトップに浮上

4月の乗用車ランキング(軽乗用車含む)は、トップ20に軽乗用車は8台入り、そのうち6台がトップ7に集中した。そのなかに唯一割って入った登録車が「トヨタ プリウス」だった。上位から順に見ていこう。

首位は「ホンダ N-BOX」が守った。台数が落ち込む傾向にある4月に1万9396台を登録し、2位以下を大きく引き離した。2位は1万4529台を登録した「スズキ スペーシア」。このところ2位をキープしているが、N-BOXとの差はなかなか縮まらない。

3位には「トヨタ プリウス」が入った。プリウスは前月8位からのジャンプアップ。12月のマイナーチェンジによる新型車効果で人気が再燃し、登録車のなかでは16ヶ月ぶりに最上位となった。4位は「ダイハツ タント」、5位「ダイハツ ムーヴ」、6位「日産 デイズ」の順で続いた。

このほか目立った動きとしては、「トヨタ アクア」と「トヨタ ヴィッツ」が「日産 ノート」を抜いて8位と9位に浮上。登録車に限ればトヨタがトップ3を独占した。また、「トヨタ アルファード」と「トヨタ タンク」が20位以下からそれぞれ18位と20位に浮上しており、期末の追い込み時期にトヨタ勢が存在感を発揮した。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します