サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ライズ、RAV4好調でSUV市場拡大。ロードスター人気再燃【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ここから本文です

ライズ、RAV4好調でSUV市場拡大。ロードスター人気再燃【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ライズ、RAV4、ロードスターが存在感を発揮

増税の影響で消費の落ち込みが顕著にあらわれている新車販売。増税から3ヶ月が経過した12月の販売状況を、ボディタイプ別に検証していこう。

12月は全体的に販売が落ち込んだなか、SUV/クロスオーバー部門と、クーぺ/オープンカー部門がそれぞれシェアを伸ばした。前者はトヨタ「ライズ」と「RAV4」が、後者ではマツダ「ロードスター」が台数を増やし、市場を盛り上げた。

それ以外の部門はシェアを下げる格好となったが、大幅な落ち込みはなくおおむね下げ幅は1ケタ台。ただし軽は、乗用車全体に占めるシェアを2.4ポイント下げ、やや落ち込みが目立った。それでは部門ごとに販売状況を見ていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ