サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ホンダがV字回復、VWは年間新記録達成へ

ここから本文です

ホンダがV字回復、VWは年間新記録達成へ

■ココも気になる! その1<br>ホンダが上半期15%減からV字回復

 ホンダが見事なV字回復を見せている。昨年、乗用車部門で71万2349台(貨物車などを含む新車総販売台数は74万5017台)で国内2位の座を日産から奪い返したが、今年は1~6月の上半期で35万1257台、前年同期比85.0%と乗用車9メーカー中、最も落ち込んでいたのだ。特に軽を除く3/5ナンバー乗用車は、大黒柱のフィットがモデル末期となったことで、前年同期比42.1%減の15万5788台と、日産に7万3000台強もリードされていた。

 しかし、9月にモデルチェンジした「フィット」が大ヒット。月間販売目標1万5000台に対し、発売後約1カ月で6万2000台もの受注を集め、10月、11月と2カ月連続で乗用車トップの座を奪取。特にハイブリッド車(HV)が受注の7割となり、納期が3~4カ月待ち状態になっている。さらに11月1日発売の「オデッセイ」も月間販売目標4000台に対し、発売後約1カ月で1万2000台超を受注。11月は4527台で11位と、軽を除く乗用車ランキングで3年11カ月ぶりにトップ30入りを果たし、3ナンバーミニバンでは「トヨタ ヴェルファイア」を抜いて、単月No.1となった。

 また一昨年の「N BOX」投入以来、好調が続く軽部門は、10月末時点でホンダの年間販売記録を更新し、初の年間40万台超えも射程内。11月22日発売の「N-WGN(エヌワゴン)」も月間販売目標1万2000台に対し、発売後約1週間で販売目標を超える受注を集め、N BOXに並ぶヒットモデルになりそうな勢い。

 これでホンダの乗用車全体の7~11月累計が30万4916台、昨年の同期間に対し18.9%増となり、今年の1~11月累計では前年同期比98.0%まで回復。単月では9月前年同月比41.7%増、10月同51.7%増、11月同49.0%増となっており、12月が31.7%増以上となれば年間合計で前年を超える情勢だ。

 ホンダは16年度に国内販売100万台を目標に掲げていたが、来年14年度目標を103万台に設定し、計画の2年前倒しを狙っている。今の状況なら十分に達成可能といえそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ