サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > プリウスが登録車の販売増に貢献。新型タントが3位に浮上【マーケット概況・7月】

ここから本文です

プリウスが登録車の販売増に貢献。新型タントが3位に浮上【マーケット概況・7月】

N-BOXがダントツ。全面改良したタントは3位に浮上

7月の乗用車ランキング(軽乗用車含む)は、軽がトップ3を独占。首位「ホンダ N-BOX」が前年比22%増の2万4049台、3月にフルモデルチェンジした「日産 デイズ」が前年比27%増の1万4801台で2位をキープした。7月に新型を発売した「ダイハツ タント」は順位を1つ上げて3位にランクイン。発売から間もないため、さらなる伸び代がありそうだ。

軽が上位を独占するなか、4位には「トヨタ プリウス」が割って入った。12月のマイナーチェンジから半年以上経過したが、前年比34%増と好調を維持し、順位をひとつアップした。5位は前月に3位だった「スズキ スペーシア」が入り、これに6位「日産 ノート」が続いた。

前月から目覚ましい向上を遂げたのは、「トヨタ シエンタ」。コンパクトミニバンの人気モデルは前月14位から7つランクアップし、7位にまで順位を上げてきた。一方、ライバルの「ホンダ フリード」も18位に入っており、このカテゴリーの人気ぶりがうかがえる。また「トヨタ ヴィッツ」も15位から9位へと順位をアップ。直近でモデルチェンジがあったわけではないが、定期的に設定している特別仕様車の後押しもあり、定番コンパクトの存在感を示した。

なお、7月のトップ20は、前月と顔ぶれは変わっておらず、順位の入れ替えにとどまった。7月には「ホンダ N-WGN」がフルモデルチェンジを果たしており、来月以降の動向に注目だ。

【 ホンダ N-BOXのその他の情報 】
ホンダ N-BOXの中古車一覧
ホンダ N-BOXのカタログ情報
ホンダ N-BOXの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ