サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > インフィニティ、プロトタイプ9を世界初披露 レトロなスタイリングに次世代のEV技術を搭載

ここから本文です

インフィニティ、プロトタイプ9を世界初披露 レトロなスタイリングに次世代のEV技術を搭載

日産自動車は米カリフォルニア州で15日から20日に開催されたペブルビーチ コンクールデレガンスで、コンセプトカー「プロトタイプ9」を初披露した。

1940年代のレースカーをイメージしたレトロなスタイリングは、日産および日産と60年代に合併したプリンス自動車の過去に敬意を払ってデザインされたもの。特定の過去作品に対するオマージュではなく、デザインは日産およびインフィニティチームが独創性を発揮し、作り上げたものだ。

発表の舞台となったペブルビーチ コンクールデレガンスが、ビンテージモデルの程度の良さを称え合うイベントであることから、その文脈のもと懐古的なデザインのコンセプトカーを発表し、関心のある人に日産のヘリテージに目を向けてもらいたい。そんな想いも込められているのだろう。

とはいえ、コンセプトカーのすべてが後ろ向きな発想で作られたわけではない。先人たちがその時代には最先端を追求していたように、現代の最新技術が盛り込まれている。その主なものが日産の得意とするEVパワーユニット。プロトタイプ9は市販前の30kW高電圧バッテリーを搭載しており、最高出力148hp、最大トルク320Nmの電気モーターで後輪を駆動する。

0-100km/h加速は5.5秒、最高速度は170km/hを達成。航続距離は、サーキット走行をハードに攻めても20分は持つという。

なお車名の数字の「9」は、インフィニティが現在海外で展開するモデル名が「Q」から始まるため、日本語で同じ読みをする「9」を車名に取り入れたそうだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します