サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型「ツーリングワゴン」になるのか? 「スバル ヴィジヴ ツアラー コンセプト」世界初公開

ここから本文です

新型「ツーリングワゴン」になるのか? 「スバル ヴィジヴ ツアラー コンセプト」世界初公開

スバルは、3月6日から開催している2018年ジュネーブ国際モーターショーにて、「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラー コンセプト)」を世界初公開した。

2013年のジュネーブショーで発表した「スバル ヴィジヴ コンセプト」は、スバルの将来の方向性をコンセプトカーという形にすることで表現したクルマで、その後バージョンアップした「ヴィジヴ 2 コンセプト」、次期フォレスターを示唆する「ヴィジヴ フューチャー コンセプト」や、次期WRXを示唆する「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」などを発表してきた。今回発表した「スバル ヴィジヴ ツアラー コンセプト」は、今後の自動運転の普及を見据えて進化型のアイサイトやレーダー、高精度GPSなどを採用した「近未来のツアラー」を提案している。

デザインは、現在のスバル共通デザインフィロソフィ「DYNAMIC x SOLID」に基づき、ツアラーとして表現したとしている。スバル共通のデザインモチーフであるヘキサゴングリルや前後のエッジの効いたブリスターフェンダーなどが目を引く。リアにはカーゴスペースが設けられており、スバル伝統のツーリングワゴンスタイルが表現されている。

発表されているスペックはボディサイズ、ホイールベース、タイヤサイズ、乗車定員の4項目で、それぞれ全長4775mm、全幅1930mm、全高1435mm、ホイールベース2730mm、タイヤサイズ245/40R20、乗車定員4名としている。

ボディサイズを見てみると、全長は現行アウトバックとレヴォーグの中間くらい。全幅と全高はコンセプトカー故、大きめ&低めに仕立てられていると考えるとあまり当てにならず、果たして現行モデルの新型示唆モデルなのか、はたまた全くの新型示唆モデルなのか、まだなにも情報がなく、今後の発表が気になるところだ。

【関連記事】ジュネーブモーターショー2018特集

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します