サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マクラーレン「720S スパイダー」発表。重量の増加を最小限にとどめオープン化

ここから本文です

マクラーレン「720S スパイダー」発表。重量の増加を最小限にとどめオープン化

英マクラーレン・オートモーティブは12月8日、同社のミドルレンジを担うスーパーカー「720S」のオープン版となる「720S スパイダー」を、来春に発売すると発表した。

このたび発表された720Sスパイダーは、クーペ同様、カーボンを多用した超軽量ボディと、電動リトラクタブルハードトップが特徴。さらにエアフローもオープントップ化にあわせて再調整されるなど、スパイダー専用のファインチューニングが多数行われている。

なかでも最大のアピールポイントは、クーペの「モノケージII」からオープントップに最適化し、「モノケージII-S」となったカーボンボディ。といっても、通常屋根を取り払う場合に必須となる大規模な補強は行われず、元来軽量かつ強固な構造を持つモノケージIIは、リアセクションに横転時の乗員保護用サポートを追加するなどの小変更でオープン化に対応した。その結果、クーペ比49kgプラスの1,332kgという乾燥重量を達成している。

パワーユニットはクーペから変更なく、720馬力と770Nmを発揮する4.0リッターV8。ツインターボ。重量の増加を最小限にとどめたことで、0-100km/h加速はクーペと同じ2.9秒、0-200km/hは0.1秒遅れの7.9秒となる。最高速はルーフを閉じた状態で341km/h、オープン時も325km/hまで到達可能だ。

クラス最速の11秒で開閉可能なルーフはカーボン製が標準となるが、悪天候時にもオープンエアモータリングの爽快感を味わいたいオーナー向けに、遮光レベルをワンタッチで調整可能なグラスルーフもオプションで用意される。

ガラス製のリアセクションは斬新なルックスに加え、オープントップスーパーカーの割に良好な視界に寄与している。また、フロント150リッター、リア58リッターのラゲッジスペースを備えるなど、マクラーレンならではのデイリーユースへの配慮も特徴だ。

英国本国での価格は23万7,000ポンド(約3,400万円)と発表されているが、V8の咆哮を生で楽しめるスパイダーの魅力を考えれば、案外安価といえるかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します