サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > マーケット復調傾向に暗雲。2月の市場概況

ここから本文です

マーケット復調傾向に暗雲。2月の市場概況

乗用車全体では6カ月連続前年同月比がマイナス!

大震災による国内工場の操業停止が相次ぎ復調に影響も

 今回は、日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した2月の販売データからマーケット概況をチェックしていこう。まず輸入車、軽自動車を含め、国内で販売された乗用車総数は34万1034台で、前年同月比は86.2%と6カ月連続のマイナスとなった。下げ幅自体は5カ月連続の2ケタ台だが、前月より5.2ポイント改善し、昨年11月を底に3カ月連続で縮小している。特に軽乗用車が11万4343台、前年同月比91.3%と3カ月連続のひとケタ台のマイナスで、輸入車も「日産 マーチ」や「スズキ スプラッシュ」などを除いた海外メーカー製のみでも1万4031台、同108.3%と2カ月連続のプラスになるなど、回復の兆しも見え始めている。ただ18日現在、東北地方太平洋沖地震の影響で、東北方面からの部品調達が難航しており、国内メーカーの工場の多くが操業停止になるなど不安要素も多く、今後の動向が注目される。

 輸入車と軽乗用車を除く3/5ナンバーの国産乗用車(新型日産 マーチ分含む)は21万2218台で、前年同月比82.6%。メーカーブランド合計では、今年1月に投入した「CT200h」が発売後1カ月で約7500台の受注を集め、2月単月で1660台と好調だったレクサスが3473台/前年同月比103.0%、昨年12月にモデルチェンジした「ソリオ」が月平均販売目標1000台を大幅に上回る3981台と売れているスズキが7486台/同137.3%とプラスになった以外、前年を下回り、特にトヨタは10万3990台ながら、前年同月比は76.1%と落ち込んでいる。月間ランキングでは「トヨタ プリウス」が「ホンダ フィット」を抜き返し、トップを奪還。「日産 セレナ」が本領発揮の9646台で前月10位から4位にジャンプアップを果たした。

 軽自動車は、貨物車を含めた軽自動車全体でも14万8658台、前年同月比91.0%と堅調で、車名別でも「ダイハツ ムーヴ(コンテ含む)」が1万6230台、前年同月比126.3%と好調をキープし、2カ月連続のトップだ。

 輸入乗用車は日本メーカー製を含めた全体でも1万9140台、前年同月比141.8%。海外メーカーブランド別乗用車ランキングは、VW(フォルクスワーゲン)が前年同月比95.2%とマイナスながら、3697台で2カ月連続のトップとなり、2位メルセデス・ベンツ2248台、3位BWM(ミニを除く)1986台、4位アウディ1542台、5位ミニ779台、6位ボルボ695台、7位プジョー478台、8位フィアット384台まで、前月と同じ順位となった。VWを除き、いずれも前年を上回り、特にアウディは前年同月比134.4%と好調で、3位BMWに累計で471台差に肉薄している。

おすすめのニュース

サイトトップへ