サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサスRC-Fに固定式リアウイング装備で70kgも軽いトラックエディション登場

ここから本文です

レクサスRC-Fに固定式リアウイング装備で70kgも軽いトラックエディション登場

0-60マイル加速は3.96秒をマーク

現地時間1月14日、レクサスはNAIAS(北米国際自動車ショー)で、エクステリアデザインなどのリフレッシュを行った2020年型『RC-F』に新たに追加されたトラックエディションを発表した。2020年型として軽量化とエアロダイナミクスの向上を果たした『RC-F』は、新たにローンチコントロールを標準装備。2020年型『RC-F』をベースとするトラックエディションは徹底的な軽量化が図られ、従来型の『RC-F』よりも約70kg軽量化した。カーボンファイバー製のボンネットやルーフパネルの採用、リアシート背面の補強板やバンパーの内部構成材もカーボンファイバーに変更した他、BBS社製19インチ鍛造アルミホイールやチタン製マフラーとともに、ブレンボ製カーボンセラミックブレーキディスクも採用され、大幅な軽量化が実現しただけでなくブレーキ性能も大きく向上している。搭載されるエンジンは5リッターV8自然吸気エンジンで『RC-F』と同じ472hpを発揮。また優れたパワーウェイトレシオにより0-60マイル加速は3.96秒をマークしている。

トラックエディション専用のインテリアは、アルカンターラを組み合わせた赤いレザーと赤いカーボントリムがドアとダッシュボードに配されている。

北米での『RC-F』および『RC-Fトラックエディション』の発売は、第二四半期とアナウンスされている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します