サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ「アクティ トラック」はもうすぐ生産終了。強みは独特の駆動方式

ここから本文です

ホンダ「アクティ トラック」はもうすぐ生産終了。強みは独特の駆動方式

積載性能は若干ライバル優位だが

carview!ではさまざまなモデルの情報が掲載されていますが、マーケットで人気があるにもかかわらず、なぜか情報の掲載が少なかったモデルもありました。今回は、そんなモデルのひとつであるホンダ「アクティ トラック」をピックアップします。

アクティ トラックは、ホンダが1977年から販売を続けている軽トラック。現在は、2009年12月にデビューした4代目が新車として販売されています。

今、日本で販売されている軽トラックはこのアクティ トラックのほかにスズキ「キャリイ」とダイハツ「ハイゼット トラック」、およびキャリイとハイゼット トラックのOEM供給モデルがありますが、どのモデルも「軽自動車規格」という限られた枠のなかで最善のスペース効率を目指しているだけあって、荷台長1940mm×荷台幅1410mmという数字は各車とも同じです。

しかし2013年デビューの現行型キャリイと2014年デビューの現行型ハイゼット トラックに対し、現行型アクティ トラックは2009年デビューといささか設計が古いため、荷台前面パネルからリアゲートまでの「荷台フロア長」は、競合が2030mmであるのに対してアクティ トラックは1940mmと、90mm短くなっています。

そのため、積載可能なみかんコンテナ(長さ520mm×幅365mm×高さ310mm)の数が競合2車の54個に対し、アクティ トラックは52個。誤差の範囲といえば誤差の範囲ですが、若干ライバルが優位です。

さらにトランスミッションも、競合のキャリイとハイゼット トラックは4WDモデルでもATが選べるのに対し、アクティ トラックでATが選べるのは2WDのみですので、このあたりも設計の古さを感じさせる部分です。

次のページ>>ライバルとの大きな違いは駆動方式

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します