新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

118.1418.0万円

中古車を検索

グレード情報C-HRハイブリッド

歴代モデル1件C-HRハイブリッド

ユーザーレビュー449件C-HRハイブリッド

C-HRハイブリッド

  • 燃費が良い
  • 室内空間が広い
  • 見た目のデザインが良い

平均総合評価

4.5
走行性能:
4.0
乗り心地:
4.2
燃費:
4.5
デザイン:
4.5
積載性:
3.1
価格:
3.9

専門家レビュー4件C-HRハイブリッド

所有者データC-HRハイブリッド

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. ハイブリッド G(CVT_1.8)
    2. ハイブリッド G(CVT_1.8)
    3. ハイブリッド G“LEDエディション”(CVT_1.8)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    86.6%
    女性
    11.6%

    その他 1.5%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 28.4%
    2. 東海地方 18.7%
    3. 近畿地方 16.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 C-HR

平均値を表示しています。

C-HR

C-HRの中古車平均本体価格

200.5万円

平均走行距離44,941km

買取情報C-HRハイブリッド

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値C-HRハイブリッド

走行距離別リセール価値の推移

C-HRハイブリッド
グレード:
ハイブリッド G(CVT_1.8)

5年後の売却予想価格

新車価格

290.0万円

売却予想価格

114.4万円

新車価格の 39%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 155万円 135万円

114万円

新車価格の
39%

94万円

新車価格の
32%

1万km 153万円 131万円 108万円 85万円
2万km 151万円 123万円 95万円 67万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて C-HRハイブリッド

2020年8月

■2020年8月
トヨタは、コンパクトSUVの「C-HR」を一部改良するとともに、特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus(モードネロ セーフティプラス)”」を設定して、2020年8月4日に発売した。

今回の一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、検知対象に歩行者(夜間)や自転車運転者(昼間)、また交差点右折時に直進してくる対向車や、右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も加えたプリクラッシュセーフティを搭載。さらに低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制機能や、トヨタとしては国内初採用となる「緊急時操舵支援機能」を追加した。この機能は、自車線内の歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合、ドライバーの回避操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストし、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与するという。

そのほか、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内の中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシストや、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促すロードサインアシスト、バックガイドモニターを全車に標準装備。また快適温熱シート(運転席・助手席)や電動ランバーサポート、ナノイーなどの快適装備を「G」と「S“GR スポーツ”」に標準装備した。

なおトヨタGAZOO Racingが手掛ける「S“GR スポーツ”」は、従来のMT車に加えて、Super CVT-i[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]搭載車を新設定した。

特別仕様車「G“モードネロ セーフティプラス”」は「G」をベースに、エクステリアはフロントスポイラー(ロア部)やアルミホイールなどにブラック塗装を施した。インテリアは、シートやインストルメントパネル、ドアトリムオーナメントなどをブラック基調にするなどクールな仕様とした。

装備面では、パノラミックビューモニターやインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、リアクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]などを特別装備して、安全性を向上した。

ボディカラーは、特別設定色のダークブルーマイカを含めたモノトーン5色、ツ―トーン3色を設定した。



■2021年6月
トヨタは、コンパクトSUVの「C-HR」のハイブリッドモデルに特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus II(モードネロ セーフティプラス II)”」を設定して、2021年6月4日に発売した。

「G“モードネロ セーフティプラス II”」は「G」をベースに、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイールやブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプ、ブラックの専用シート表皮を装備。また内装を囲むように配置した“スタイリッシュで個性的な”青から紫に色変化するブラック加飾などを施した。

さらにインテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキ、パノラミックビューモニターを特別装備して、安全性を向上した。

ボディカラーは、特別色のスパークリングブラックパールクリスタルシャインを設定した。

■2022年8月
トヨタは、コンパクトSUVの「C-HR」のハイブリッドモデルに特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus III(モードネロ セーフティプラス III)”」を設定して、2022年8月5日に発表、同年8月29日に発売する。

「G“モードネロ セーフティプラス III”」は「G」をベースに、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイールやブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプ、ブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮を装備した。

またパノラミックビューモニターやパーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両)などを特別装備して、安全性を向上。

ボディカラーは、特別色のイナズマスパーキングブラックガラスフレークを設定した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。