現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 正式予告された次期トヨタ「C-HR」の予想価格は300~450万円。 HVとPHEVの2本立てで来年登場

ここから本文です

正式予告された次期トヨタ「C-HR」の予想価格は300~450万円。 HVとPHEVの2本立てで来年登場

掲載 123
正式予告された次期トヨタ「C-HR」の予想価格は300~450万円。 HVとPHEVの2本立てで来年登場

プラットフォームやパワートレインは新型プリウスと共用!
トヨタの欧州部門は12月5日、次期「C-HR」のコンセプトモデル、「C-HRプロローグ」を披露した。日本でも人気のコンパクトSUVの「C-HR」。その次期型の登場が近づいているということで、次期型の内容を今わかっている情報から予想してみた。

>>トヨタC-HR(現行モデル)のカタログ情報をチェックする
>>トヨタC-HRハイブリッド(現行モデル)のカタログ情報をチェックする
>>新型トヨタ プリウスの詳細をチェックする

>>まるでプリウスSUV!? トヨタ、新型「C-HR」のコンセプトモデルを公開、PHEVも登場か

まず、気になるのが、同じCセグメント(コンパクト-ミディアムクラス)に属し、最近新型がデビューしたばかりの「プリウス」との関係だ。この点については、現行C-HRと同様にプラットフォームを共用すると見て間違いないだろう。おさらいしておくと、2016年にデビューした現行C-HRは、プリウスと同じTNGAプラットフォームを採用し、ハイブリッド車では1.8Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたパワートレーンも共通だった。

今回のC-HRプロローグに関するメーカーの発表によると、次期C-HRのパワートレーンは、通常のハイブリッドに加えプラグインハイブリッド(PHV)がラインナップされるとのこと。これも先日発表された新型プリウスのパワートレーン構成と同じ。

また、フロントフェイスのデザインを「ハンマーヘッド」(シュモクザメの意味)と称しているところも共通している。そして、C-HRプロローグと同日には新型プリウスの欧州版もアンベールされているから、タイミングからしても事実上の兄弟車と見るのが自然だろう。ちなみに欧州版新型プリウスは日本国内と違ってPHVのみのラインナップとなるようだ。

>>新型トヨタ プリウスの詳細をチェックする

デザインはトヨタの欧州スタジオが担当
なお現行C-HRはトヨタの欧州設計開発本部「トヨタ・ヨーロピアン・デザイン・デベロップメント(ED2)」によるデザインだが、これは新型も同じ。たしかに、全体のフォルムに加え、現行型ではドアノブが配されている後部ドア端部のキックアップも、世代間の共通性を感じさせるデザインだ。

今回のコンセプトモデル発表に際しては、市販版の登場時期などは明言されなかったが、完成度の高さからして来年中には各国で市場投入される可能性が高いだろう。その場合、国内の現行C-HRに設定されている純ガソリン車が残るか気になるところだが、「ヤリスクロス」と「カローラクロス」という競合車がトヨタ内に存在する状況では、欧州版にない仕様をコストをかけてまで揃える必要性は低いと思われる。よって、次期C-HRは事実上プリウスのSUV版として国内でもハイブリッドおよびプラグインハイブリッドのみのラインナップになる可能性が高そうだ。

スタート価格は300万円前後か
気になる国内価格については、新型プリウスが現行型から1割程度の値上がりと予想されていることから、新型C-HRも現行ハイブリッドモデルのスタート価格275万5000円から1割程度アップして、エントリーグレードで約300万円になると予想できる。PHVは最上級グレードのみの設定となり、価格は450万円程度となるのではないだろうか。

最大のライバルは「ホンダ ヴェゼル」
ライバルとして想定されるのは、ハイブリッドではホンダ「ヴェゼル」が挙げられる。この点、ヴェゼルは265万8700円から買えるのでかなり価格差があるが、仮に新型C-HRの構成がプリウスと同じならエンジンの排気量(C-HR:1.8Lもしくは2.0L、ヴェゼル:1.5L)、リアサスペンション形式(C-HR:ダブルウィッシュボーン、ヴェゼル:トーションビーム)ともにC-HRの方が上なので、そして先進的なデザインなども考慮すると、新型C-HRに軍配が上がりそうだ。

>>ホンダ ヴェゼルハイブリッドのカタログ情報をチェック
>>ホンダ ヴェゼルハイブリッドのユーザーと専門家のレビューをチェックする


また、PHVのライバルは三菱「エクリプスクロスPHEV」(386万3200円~)となりそうだが、こちらは2017年デビューとかなり年季が入っていて、内外装とも世代の違いを感じさせる。よって、とにかく価格重視という人以外にはC-HRを選ぶ人が多いだろう。

>>三菱エクリプスクロスPHEVのカタログ情報をチェックする
>>三菱 エクリプスクロスPHEVのユーザーと専門家のレビューをチェックする


>>トヨタC-HR(現行モデル)のカタログ情報をチェックする
>>トヨタC-HRハイブリッド(現行モデル)のカタログ情報をチェックする
>>新型トヨタ プリウスの詳細をチェックする


以上、次期C-HRについて予想してみた。次期型の国内発表を楽しみに待ちたい。

こんな記事も読まれています

新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!?  4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!? 4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
くるまのニュース
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
レスポンス
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
AUTOSPORT web
宮田莉朋、イモラで試した新しいアプローチ。間一髪の接触回避で飛び出した自己考察/FIA F2第4戦レビュー
宮田莉朋、イモラで試した新しいアプローチ。間一髪の接触回避で飛び出した自己考察/FIA F2第4戦レビュー
AUTOSPORT web
純正を超える走りと快適性を追求! HKSの車高調「HIPERMAX S」に40系ヴェルファイア2WD専用が登場
純正を超える走りと快適性を追求! HKSの車高調「HIPERMAX S」に40系ヴェルファイア2WD専用が登場
くるまのニュース
【auto sport web/auto sport キャリア採用】一緒に仕事をしたい方、募集します
【auto sport web/auto sport キャリア採用】一緒に仕事をしたい方、募集します
AUTOSPORT web
マッスルカー『チャレンジャーSRTヘルキャット』、ドゥカティと加速競争…映像公開
マッスルカー『チャレンジャーSRTヘルキャット』、ドゥカティと加速競争…映像公開
レスポンス
好調の角田裕毅、モナコでの初ポイント獲得へ「まずは昨年と同じように予選Q3進出を目指す」
好調の角田裕毅、モナコでの初ポイント獲得へ「まずは昨年と同じように予選Q3進出を目指す」
motorsport.com 日本版
大人“6人”乗れるレクサス「高級ミニバン」初公開! 1500万円の豪華仕様、反響は?
大人“6人”乗れるレクサス「高級ミニバン」初公開! 1500万円の豪華仕様、反響は?
くるまのニュース
マクラーレン、アイルトン・セナを称える…800馬力スーパーカーをカスタム
マクラーレン、アイルトン・セナを称える…800馬力スーパーカーをカスタム
レスポンス
後席の広さで選ぶミッドサイズ以下の国内メーカーSUVランキングTOP10
後席の広さで選ぶミッドサイズ以下の国内メーカーSUVランキングTOP10
@DIME
RB、上位入賞妨げる“スタート問題”解消へ。原因はタイヤとクラッチ?「安定感のあるレッドブルとは同じエンジン」と角田裕毅
RB、上位入賞妨げる“スタート問題”解消へ。原因はタイヤとクラッチ?「安定感のあるレッドブルとは同じエンジン」と角田裕毅
motorsport.com 日本版
ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド スーパーSUV「ウルス SE」を日本初公開!
ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド スーパーSUV「ウルス SE」を日本初公開!
Webモーターマガジン
未来の新幹線? いいえ、トラックです…米ケンワースがプロトタイプを発表
未来の新幹線? いいえ、トラックです…米ケンワースがプロトタイプを発表
レスポンス
レッドブル重鎮マルコ、F1モナコGPでの最大の敵はフェラーリと予想。一方ホーナー代表はマクラーレンを警戒?
レッドブル重鎮マルコ、F1モナコGPでの最大の敵はフェラーリと予想。一方ホーナー代表はマクラーレンを警戒?
motorsport.com 日本版
京急バスが東急バスを運行! 会社間の垣根越え初タッグ 横浜本社から遠隔監視
京急バスが東急バスを運行! 会社間の垣根越え初タッグ 横浜本社から遠隔監視
乗りものニュース
ポルシェジャパンが若者の夢に投資する「Porsche.Dream Together」プロジェクト
ポルシェジャパンが若者の夢に投資する「Porsche.Dream Together」プロジェクト
Webモーターマガジン
トヨタ「アルファード」が欲しい! けど“現行”は高すぎ… 「先代アルファード」なら200万円程度で買える!? 狙い目の「お買い得中古車」とは
トヨタ「アルファード」が欲しい! けど“現行”は高すぎ… 「先代アルファード」なら200万円程度で買える!? 狙い目の「お買い得中古車」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

123件
  • モチーフはカメムシです。
  • デザインはトヨタの新しいコンセプトに沿っていいとは思うけど、後席は捨てた感じだね。
    最近のトヨタ車はデザイン先行で居住性や視界がいまいち。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索
C-HRハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村