現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > C-HRハイブリッド > 専門家レビュー・評価一覧

トヨタ C-HRハイブリッド 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
トヨタ C-HRハイブリッド 新型・現行モデル
4 件中 1~4件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    5
    走行性能
    3
    乗り心地
    3
    積載性
    3
    燃費
    3
    価格
    3

    際立つ個性を求めたコンパクトSUV

    2022.6.24

    年式
    2016年12月〜モデル
    総評
    他のコンパクトSUVと明確な差別化を図るため、デザインでそれを表現するなど、新たな試みがなされた。非常にユニークで市場からは一定の評価が得られた。しかし、こうして世に出してみると、不満点として指摘した安全性、死角の問題が浮き彫りになった。飽和期に入ったなかで生まれた一台としてこの先も評価され、20年後には名車として中古車市場で高騰する可能性もある。
    満足している点
    独創的なデザイン、それはインテリアにも継承される。こうしたデザインに注目するユーザーであればCH-Rはピンポイントで支持されるだろう。また、GR SPORTの完成度も評価されている。やや外観がヤンチャだが、空力性能を高めたバンパー形状や、補強バーツによるボディ補強、大径タイヤを履きこなすための足回り変更など、価格以上の満足度が得られるはずだ。
    不満な点
    斜め後ろの視界がとても悪い。たとえば左側の安全確認を行う際、上半身を左に大きく捻転しても死角が大きい。リヤドアのノブはCピラーと一体化した非常にすっきりとしたデザイン処理だが、ノブの操作がしづらい。ラゲッジルームも後席を倒せば十分な広さだが、後席利用時は正直、狭い。確かに人目を惹くものの、見る角度によっては個性が強すぎる。
    デザイン
    コンサバティブなデザインを好むトヨタにしてはじつにチャレンジングな一台。顔付きこそ、この年代のトヨタテイストだが、前下がりのクラウチングスタイルにはじまり、大きく張り出した前後のブリスターフェンダー、そしてヒップアップしたリヤまわりの造形など、明らかに他モデルと異なるデザイン言語をもつ。ホイールをインチアップするだけで無国籍感たっぷりのスポーツSUVにも思えてくる。

    続きを見る

  • 西川 昇吾
    西川 昇吾
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    3
    燃費
    5
    価格
    5

    攻めたデザインながら手堅い造りを感じるSUV

    2022.1.21

    年式
    2016年12月〜モデル
    総評
    攻めたデザインの割には必要な装備や性能が満遍なく備わっており、手堅い造りをしているモデルである。モデルライフも後半に差し掛かり、他の新型モデルが目新しいためあまり話題には上がらないかもしれないが、商品としての戦闘能力はいまだに高い。SUVを考えるなら忘れずに検討候補に入れてほしいモデル。
    満足している点
    スタイリッシュなSUVで、現行モデルとしては押さえておきたい運転支援システムを装備。と、今どきのトレンドをしっかりと押さえたモデルでありつつ、デザイン性を重視しているため各部の質感も上々で走りも悪くない。そんなモデルが上級グレードでも実質300万円で購入できるのは選択肢としてかなりアリと言える。
    不満な点
    デザイン性を重視したため犠牲になった部分なので仕方がないが、SUVとしては積載性が優れておらず、後方視界が悪い。そして後部座席の窓が小さく乗員が狭いと感じるところだろう。後部座席自体はさして狭くないのだが、視界が良くないため人によっては長時間の移動で苦に感じると思われる。
    デザイン
    SUVらしくない都会的かつ先進的なイメージを前面に押し出したデザインは、好き嫌いが大きく別れると思われる。とくにルーフ中央からリアエンドにかけてのシルエットはSUVとは思えないほどデザイン性を重視していて、利便性や後方視界が犠牲になっているほどだ。SUVとしてはかなり攻めていると言えるだろう。

    続きを見る

  • 伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    3
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4

    トヨタの先進的なスポーティSUV

    2021.3.25

    年式
    2016年12月〜モデル
    総評
    トヨタ車は、使い勝手に特化したモデルが多かったが、C-HRではそこだけにフォーカスせずに、クルマとしての基本性能を高め、運転が楽しいモデルになっており、「ひとつのクルマとして良いモデル」になっていると思う。デザインを見ると、若い世代がターゲットだと感じるが、初めてのSUVとしてC-HRを所有しても、とても運転しやすいので、SUVに対して苦手意識を持たずに楽しめるモデルになっていると思う。
    満足している点
    TNGAプラットフォームを採用しているトヨタ車は、C-HRを含めてとても走行性能が高く感じる。C-HRに乗ることで、きっと運転する楽しさを知る人も増えるだろう。そして、運転が楽しく感じられるようになったら、クルマにも愛着が湧いてくると思うので、C-HRを所有している満足感も増えるはず。C-HRによってクルマ好きになる若い人たちも増えたらいいなと思った。
    不満な点
    デザインの好き嫌いは、個人の主観ではあるが、これだけ走りの面で良いクルマになっている分、やはりデザインが気になってしまう。インパクトのある顔で勝負するのではなく、全体的にデザインが美しいクルマになれば、もっともっとC-HRに興味を持つ人が増えると思う。
    デザイン
    発売から時間が経ち、街でもたくさん見かけるようになってきたC-HR。多少見慣れてはきたものの、個人的には、このデザインをあまり好ましく思っていない。エクステリアの様々なディテールの主張が強く、リアまわりはロボットのようになっていて、おもちゃのような質感に見えてしまう。クルマ自体はとても良いモデルなので、もう少し洗練されたデザインを期待したい。

    続きを見る

  • 伊達 軍曹
    伊達 軍曹
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4

    個性的デザインのスポーティーSUV

    2021.2.23

    年式
    2016年12月〜モデル
    総評
    後席が狭いというのは、後ろに人をあまり乗せない人にとって特に大きな問題とは感じないポイントでしょう。しかし「後方視界が悪い」というのは少々考えものです。
    満足している点
    SUVとしては全高が低めであるため(2WDは)一般的な立体駐車場に入れることができ、低重心であることを生かしたスポーティーなハンドリング性能を味わうことができます。またこのデザインも、好きな人には刺さるでしょう。
    不満な点
    アグレッシブなデザインを採用しただけに後席はやや狭く、閉塞感もあります。また運転席からの後方視界もよろしくありません。
    デザイン
    好みは分かれそうな個性的デザインですが、彫刻的な面造形と大きく張り出したホイールフレアとの対比は、シンプルに「カッコいい」ということができます。2019年10月のマイナーチェンジでフロントまわりのエアインテークが左右に広がったことで、よりたくましい顔つきになりました。

    続きを見る

1

C-HRハイブリッドを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!