現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5年目でも魅力は健在──トヨタC-HR ハイブリッドG試乗記

ここから本文です

5年目でも魅力は健在──トヨタC-HR ハイブリッドG試乗記

掲載 更新 4
5年目でも魅力は健在──トヨタC-HR ハイブリッドG試乗記

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に、あらためて小川フミオが試乗した。登場から5年を経た今、実力は?

トヨタの自信作

新型フェラーリ296GTBはココがスゴい! 前編:パワーユニット

トヨタ「C-HR」は、クルマの運転が好きなひとなら、今でもけっこう楽しめるモデルだ。2016年に発表されたので、足かけ5年目。最新のニュースは2020年8月にプリクラッシュセーフティ装備を充実させたこと。ふわりとした乗り味は、独自のキャラクターとして健在だ。5年たった今でも色褪せていない。

C-HRが登場したとき、すっきりした操縦性で強く印象に残ったのをいまでもおぼえている。「驚くほど“まっすぐ走る”トヨタ車が出来ました」なんて開発者が言ったりして。このクルマの完成度への自信をあらわした言葉であると受け取った。

GA-Cプラットフォームというものを使っていて、トヨタでは「ヤリス・クロス」や「アクア」、「カローラ・クロス」、レクサスではコンパクトSUVの「UX」と共用だ。2640mmのホイールベースのシャシーに全長4385mmのボディを載せている。大きすぎず、日本でちょうどいいサイズだ。

今回乗ったのは、1797cc直列4気筒ガソリン・エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドの前輪駆動仕様だ。高速ではもうちょっと力が欲しいなぁと思う場面もあったが、市街地では発進から終始スムーズで気持ちよい。サイズからして、市街地で乗る人が多いと思うから、パワーユニットへの不満はあまりないだろう。

燃費の良さはさすがだ。ストップ&ゴーの多い都心部の一般道を20kmちょっと走ったときの燃費は、リッターあたり約21.3km/Lだった。

ちなみに、WLTCモード燃費は25.8km/Lだ。エンジンとモーターの緻密な制御による賜物である。

個性的な乗り味

C-HRの最大の特徴であると思ったのが、乗り味だ。足まわりの設定が、大胆、というか、個性的である。“ふわりふわり”というかんじでソフト。最新のカローラ・クロスの乗り味をすぐに連想してしまった。

カローラ・クロスと異なるのは、C-HRはカーブを曲がるとき、ノーズ(クルマの前部)の外側が予想以上に沈みこむ点だ。カローラ・クロスは足がふんばって、いってみればスポーティなコーナリングを体験させてくれるいっぽう、C-HRはサスペンションストロークが長めのクロスカントリー型SUVを思わせるロール制御だった。

ひさしぶりに乗ったこともあり、乗り出したときは”おっとっと”と思った。でも、クロカンSUVであることを思い起こしてからは、コーナーでは(いつも以上に)適切なタイミングで操舵することを心がけるようにした。ステアリング・ホイール操作が遅れてしまうと、きれいなコーナリングラインがとりにくい。

これが悪いというのではない。きれいなコーナリングラインをとろうとか、ほかの乗員のひとたちに不快な横揺れを感じさせないようにとか、心して操縦するのが、楽しみになってくるはず。自分のクルマとして日常的に接していれば、すぐ慣れる操舵感でもあるし。

これに似た乗り心地ってあったかなぁ……と、つらつら考えていたら、1980年代の、アンチロールバーをそなえていないランドローバー「レンジローバー」を思い出した。まあ、あちらはそのぶん、岩場などで信じられないぐらい”脚”が伸びて、接地性を失わなかった。なので、まあ、極端な比較をあえてすれば、ということですが。

今も新鮮!

思い起こすと、C-HRに初めて接したとき、キャラクターがしっかりあったので、“いいなぁ、自分のクルマにしたらどうだろうなぁ”と、考えたものだ。ただし障害になるのは、若々しすぎるスタイリングだった。

あいにくというか、その点は、いまもおなじ。ちょっといい歳をした、運転好きに乗ってもらいたい。でも、各所にエッジがたちまくったスタイリングは、すんなり受け入れてもらえるだろうか……好みがわかれるはず。

もっとも、(トヨタとしては)個性的すぎるスタイリングだったせいか、今見ても斬新だ。古臭さは感じない。販売開始から5年目、と、聞いて驚いたほど。てっきり、まだ2~3年目ぐらいかと思っていたのだ。

価格は、今回のハイブリッド・前輪駆動仕様で274万5000円から。ハイブリッド車に4WDの設定はない。1.2リッター・ターボ車では、前輪駆動で238万2000円から、4WDでは261万3000円から。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

こんな記事も読まれています

イギリスにも偽パトカーいた!「栃木県警察」が捕まった驚愕の理由
イギリスにも偽パトカーいた!「栃木県警察」が捕まった驚愕の理由
乗りものニュース
ホンダ新型「フリード」発売へ! 「エアー」と「クロスター」どっちが人気? 斬新すぎる“SUV風”の評価はどう?
ホンダ新型「フリード」発売へ! 「エアー」と「クロスター」どっちが人気? 斬新すぎる“SUV風”の評価はどう?
くるまのニュース
同じにはならない「セカンドマシン問題」。2027年以降の新マシン規則/MotoGPの御意見番に聞くフランスGP
同じにはならない「セカンドマシン問題」。2027年以降の新マシン規則/MotoGPの御意見番に聞くフランスGP
AUTOSPORT web
W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
W12エンジンのフィナーレを飾るベントレーの高性能ラグジュアリーオープン「バトゥール コンバーチブル」が登場
カー・アンド・ドライバー
日野自動車、「標準電池パックイメージモデル」を初公開…人とくるまのテクノロジー展 2024で予定
日野自動車、「標準電池パックイメージモデル」を初公開…人とくるまのテクノロジー展 2024で予定
レスポンス
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
Auto Messe Web
EV開発で大注目! 結局「全固体電池」は何がスゴいのか
EV開発で大注目! 結局「全固体電池」は何がスゴいのか
Merkmal
海外ライターF1コラム:F1カレンダー24戦の椅子取りゲーム。新規参入を狙う国々と、既存GPの契約状況
海外ライターF1コラム:F1カレンダー24戦の椅子取りゲーム。新規参入を狙う国々と、既存GPの契約状況
AUTOSPORT web
アウディF1はドライバー選択を急がずも、今年の後半に決断を下すべく「活発に活動している」とザイドルCEOが認める
アウディF1はドライバー選択を急がずも、今年の後半に決断を下すべく「活発に活動している」とザイドルCEOが認める
AUTOSPORT web
【このi8なんぼ?】BMWのハイブリッドスポーツカー 走行距離58,000kmの「i8 ロードスター」がeBayで販売中
【このi8なんぼ?】BMWのハイブリッドスポーツカー 走行距離58,000kmの「i8 ロードスター」がeBayで販売中
AutoBild Japan
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
AUTOCAR JAPAN
マイアミGPでの初優勝から2週間……ノリス、初日はトラブルもあり中団に沈むも手応え「マシンの感触は良いし、改善できた」
マイアミGPでの初優勝から2週間……ノリス、初日はトラブルもあり中団に沈むも手応え「マシンの感触は良いし、改善できた」
motorsport.com 日本版
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
若き女性レーサーの躍進はホンモノか? 「F1公言」で肝心の走りはいかに スーパーフォーミュラ第2戦が気になるぞ
ベストカーWeb
スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
くるまのニュース
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
バイクのニュース
ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
レスポンス
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
Auto Messe Web

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索
C-HRハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村