現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プリウスベースの個性派スポーツSUV「C-HR」。約30万円高でも数年で元が取れそうなハイブリッドが有利

ここから本文です

プリウスベースの個性派スポーツSUV「C-HR」。約30万円高でも数年で元が取れそうなハイブリッドが有利

掲載 27
プリウスベースの個性派スポーツSUV「C-HR」。約30万円高でも数年で元が取れそうなハイブリッドが有利

2つのパワートレインに加え、6MTや4WDの幅広いラインナップ
独特のスタイリングとスポーツカーのような走りを武器に、発売当初から好調な売れ行きを記録し続けている「C-HR」。1.8Lのハイブリッドと1.2Lのガソリンエンジンが用意されていてそれぞれ一長一短のあるパワートレインですが、両者を比較するポイントはどこにあるのでしょうか?

「トヨタ C-HR」には「プリウス」と同様の「TNGA」プラットフォームが採用されているため、プリウスと共通の1.8Lのガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「THS-II」が搭載されています。

トヨタ C-HR 価格差はあるがハイブリッドがおすすめ、グレードはSでも豊富な装備

C-HRのハイブリッド車は、システムトータルで最高出力170PS、最大トルク305Nmを発揮するパワフルさに加えて、WLTCモード燃費は25.8km/L(「S “GR SPORT”」は25.0km/L)という、クラストップレベルの燃費性能を持っている点が魅力です。

また、1.2Lのガソリンエンジンも用意されています。いわゆる「ダウンサイジングターボ」と呼ばれるものですが、最高出力116PS、最大トルク185Nm、WLTCモード燃費は15.4km/L(4WD仕様は14.3km/L)と、ハイブリッド車に比べるとスペックは控えめです。

ただ、ガソリン車には4WD仕様と6MT仕様がラインナップされており、これらを求める人は必然的にガソリン車を選ぶことになります。

>>トヨタ C-HRのカタロググレードをチェックする
>>C-HRハイブリッドのカタロググレードをチェックする

パワフルなハイブリッド車か、軽快なガソリン車か
C-HRは流行りのコンパクトSUVスタイルを採り入れていながらも、6MT仕様が選択できたり、スポーティグレードの「GR SPORT」が設定されていたりすることからもわかるとおり、走りの良さも魅力です。

では、パワートレインの違いは、C-HRの走りにどのような影響を与えているのでしょうか?

上でも説明したように、ハイブリッド車とガソリン車では最高出力やトルクに大きな違いがあります。また、ハイブリッド車に搭載されているモーターは、その性質上、発進時から最大トルクを発揮することが可能であるため、滑らかな加速感という意味ではハイブリッド車に軍配が上がります。

一方、ガソリン車の魅力は、排気量が小さいことによる軽量化にあります。2WD仕様で見ると、ガソリン車とハイブリッド車の重量差は約50kg程度ですが、特にフロントサイドの軽量化が果たされていることが、軽快なハンドリングの実現に貢献しています。

特に、この軽量なボディが6MTと組み合わされると、SUVとは思えないほどのスポーティな走りを体感することができます。「スポーツカーが気になるけれど、実用性などを考えるとなかなか手を出せない」という人は、ぜひC-HRのガソリン車、特に6MT仕様を試してみることをおすすめします。

>>トヨタ C-HRのカタロググレードをチェックする
>>C-HRハイブリッドのカタロググレードをチェックする

ガソリン車のほうが割安だが、実質的にはその差は小さい?
では、ハイブリッド車とガソリン車で車両価格やグレードにどのような違いがあるのでしょうか?

C-HRのグレード体系は、ハイブリッド車とガソリン車でほぼ共通しており、ベースグレードの「S」(ガソリン車は「S-T」)、上級グレードの「G」(同「G-T」)、そしてスポーティグレードの「S“GR-SPORT”」(同「S-T“GR-SPORT”」)という3グレード展開となっています。

それぞれの価格は下記の通りです(特別仕様車は除く)。

・ハイブリッド車
 「S」(2WD/CVT):274万5000円
 「G」(2WD/CVT):304万5000円
 「S“GR-SPORT”」(2WD/CVT):314万5000円

・ガソリン車
 「S-T」(2WD/CVT):241万5000円
 「S-T」(2WD/MT):238万2000円
 「S-T」(4WD/CVT):261万3000円

 「G-T」(2WD/CVT):271万5000円
 「G-T」(2WD/MT):268万2000円
 「G-T」(4WD/CVT):291万3000円

 「S-T “GR-SPORT”」(2WD/CVT):281万5000円
 「S-T “GR-SPORT”」(2WD/MT):278万2000円
 「S-T “GR-SPORT”」(4WD/CVT):301万3000円

>>トヨタ C-HRのカタロググレードをチェックする
>>C-HRハイブリッドのカタロググレードをチェックする

装備についてはハイブリッド車とガソリン車で大きく変わらないため、パワートレインの違いが価格に反映されていると言えます。

同じグレードでは20~30万円ほどの価格差があるハイブリッド車とガソリン車ですが、ハイブリッド車では自動車税環境性能割や自動車重量税が免税となるため、約10万円の税制優遇が得られます。そのため、乗り出し価格ではその差はさらに縮まるという点は押さえておきたいポイントです。

月間1000km走るならハイブリッド車が有利!
最後に、ランニングコストを見てみましょう。

2WD仕様/CVT仕様のWLTCモード燃費を比較すると、ハイブリッド車は25.8km/L、ガソリン車は14.9km/Lとなっています。レギュラーガソリン価格を160円/Lとした時、1000km走行時に掛かる費用は、ハイブリッド車が約6201円、ガソリン車が約1万738円となります。

月間に1000km走行した場合、毎月約4537円、年間で約5万4444円の差が発生することになり、税制優遇を考慮した場合の価格差である約10万~20万円は、2~4年乗り続けることで埋まる計算になります。

つまり、それなりの走行距離が想定される場合、コスト面ではハイブリッド車が有利であることは間違いないようです。

一方、街乗りメインなど走行距離がそれほど増えないことが想定される場合や、「ダウンサイジングターボ」による軽快な走りを楽しみたい場合、そしてMT仕様や4WD仕様を求める場合には、ガソリン車を中心に検討するとよいでしょう。

>>トヨタ C-HRのカタロググレードをチェックする
>>C-HRハイブリッドのカタロググレードをチェックする

文:ピーコックブルー
写真:
1、2枚目:G
3枚目:S“GRスポーツ”
4~6枚目:S-T“GRスポーツ”
7~9枚目:特別仕様車 G"モード ネロ セーフティプラスII"
10~12枚目:G

こんな記事も読まれています

DSの新コレクション、「サン=テグジュペリ」の映像公開…「旅は芸術」のビジョンを表現
DSの新コレクション、「サン=テグジュペリ」の映像公開…「旅は芸術」のビジョンを表現
レスポンス
ホンダが斬新な「小型SUV風ミニバン」初公開! ゴツい“タフ顔”に「3列シート」搭載!「新型フリードクロスター」の魅力とは!
ホンダが斬新な「小型SUV風ミニバン」初公開! ゴツい“タフ顔”に「3列シート」搭載!「新型フリードクロスター」の魅力とは!
くるまのニュース
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
レスポンス
【MotoGP】スピードはあるのになぁ……ドゥカティシート争いで蚊帳の外なバスティアニーニ、ぼやく
【MotoGP】スピードはあるのになぁ……ドゥカティシート争いで蚊帳の外なバスティアニーニ、ぼやく
motorsport.com 日本版
2024スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』参加条件
2024スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』参加条件
AUTOSPORT web
ホンダのスクーター第2弾「ジュノオM型」は「E-クラッチ」の元祖? 世界GP初優勝の年に市販した変速機の革命
ホンダのスクーター第2弾「ジュノオM型」は「E-クラッチ」の元祖? 世界GP初優勝の年に市販した変速機の革命
バイクのニュース
トヨタ『シエンタ』対応の「車中泊キット」一般販売開始
トヨタ『シエンタ』対応の「車中泊キット」一般販売開始
レスポンス
【MotoGP】ヤマハのカル・クラッチロー、イタリアGPのワイルドカード参戦取りやめ。残る予定はイギリスGPとサンマリノGP
【MotoGP】ヤマハのカル・クラッチロー、イタリアGPのワイルドカード参戦取りやめ。残る予定はイギリスGPとサンマリノGP
motorsport.com 日本版
RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
レスポンス
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
日刊自動車新聞
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
くるまのニュース
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
VAGUE
【人とくるまのテクノロジー展2024】日産 電動化技術と知能化技術を中心に出展
【人とくるまのテクノロジー展2024】日産 電動化技術と知能化技術を中心に出展
Auto Prove
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
Auto Messe Web
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
Webモーターマガジン
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
レスポンス
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

27件
  • このデザインで広い車内空間は両立しない。売れ行きが落ちたのは購入層を満たしただけ。無駄と思うなら違う車種を買えばいい。非効率さやコスパの悪さは贅沢の証です。
  • 大体が下取りでも優位だしね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索
C-HRハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.5315.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0418.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村