テスラ モデルS のみんなの質問

解決済み
回答数:
16
16
閲覧数:
467
0

10年以上から電気自動車を作っている日産や三菱は、なぜテスラのようなスポーツカーを EV 車で作らない(作らなかった)のでしょうか?

加速性能が高いということが分かっていたはずなので、特に日産は GT R や Zと同じようにテスラのモデルS やモデル3みたいな車を作ればテスラに抜かれることもなかったのではないですか? 単に技術が無かったのでしょうか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

EV普及という最終的な目的は同じですが、すべての自動車会社は「一般層にEVを普及させる」ことにまず取り組もうとしました。EV開発には膨大な費用がかかり、バッテリーの調達にも多大なコストがかかります。それをペイさせるにはどうしても製品になんらかの制約を課すしか方法がありませんでした。
その結果生まれたのが2000年代に生まれた量販第一世代EV、日産の「リーフ」三菱の「アイミーブ」などです。高価なバッテリー温度管理システムを省き、スペックシートに書かれた航続距離を実現させるために最低限必要なだけのバッテリーを積み、省けるところはとことん省いたシロモノです。結果「買って3年でバッテリーが日常利用にすら差し支えかねないレベルに劣化する」という評判を招き、日本のEV普及に致命的なつまづきを招きました。

テスラはこれを真逆の発想で始めました。どう考えても一般層が買えるEVなんか作れっこない、だったら付加価値次第で高額な買い物を許容する富裕層が買いたがるEVをつくろう、と。習作状態だった「ロードスター」はともかく、次の「モデルS」は押し出しの効く外観とスーパースポーツ級の運動性能を兼ね備え、自社の充電網を利用すれば航続距離の問題もなくなり、入念に設計された温度管理システムと余裕を持ったバッテリー量搭載によって「バッテリーが原因で寿命となる」事態をほぼ無くすことに成功しました。

この路線の問題はただ一つ、「運営が軌道に乗るまで延々と膨大な赤字を吐き続ける」ということです。一般の私企業ではこれは背任行為を問われかねない事態ですが、イーロン・マスクは自身が掲げる理想的未来社会のビジョン(この時点で客観的に言えば、ハッタリ)で投資家たちの支持を集め、テスラが吐き出し続けた膨大な赤字を事実上「なかったこと」にすることに成功しました。そこに「排出権取引制度」の導入が重なってテスラは既存の自動車会社から膨大なカネをむしりとることに成功しています。
こうしたさまざまな危ない橋を渡った末にテスラの現状があり、今のテスラはようやく「自動車事業だけで黒字を狙える」ところまでこぎつけています。イーロン・マスクのハッタリがハッタリでなくなりつつ在る訳です。

ま、そういうわけで、テスラの成功は「個人が差配する独裁企業だから」という点に大きく依存しています。既存の自動車メーカーがどこもテスラと同じことを出来なかったのは「既存の自動車メーカーだから」です。

質問者からのお礼コメント

2021.11.18 23:33

詳しくありがとうございました。
他の方々もありがとうございました。
よくわかりました。

その他の回答 (15件)

  • やらないだけでしょう。

    個人的には電気自動車なんて乗りたくないのでどうでも良いです。

  • 日本の産業界が変革を嫌う仲良しクラブになってしまっているのです。
    10数年前、エリーカという電気自動車を作って日本の電気自動車技術は世界一だったのですよ。大企業はどこも見向きもしませんでした。

    日本経済は盛期は終わって老衰の段階です。

  • 逆です、逆、むしろテスラが新興メーカーだからスポーツカーに追いやられたんですよ。

    10年前のバッテリー性能は低く、そして一般的な電気自動車としてはリーフがありました。なのでテスラとしてはバッテリーをたくさん積んで「リーフより長く走れる」と差別化したいが、バッテリーをたくさん積むと重くなるし、それに価格が高くなります。なのでテスラは「どうせ高くなるならバッテリーもたくさん積んで高性能モーターを積んで高価なスポーツカーとして売り出したろ!」と考えたわけです。

    スポーツカーってのはニッチ産業なんで儲からないんですよ。だからスポーツカーを出していた初期のテスラは自動車では赤字です。テスラが黒字化・時価総額が拡大したのはモデル3を出してからです。

    モデル3はスポーツカーではありません(スポーツカーなみの性能ですが)。モデル3が売れまくっているのは、リーフ並みの価格と、リーフをはるかに上回る航続距離のおかげです。たしかにモデル3の加速性能が他の電気自動車を圧倒しているのは事実ですが、それはテスラが昔スポーツカーを使っていた時の遺産であって、売れたのは加速がすごいからではありません。

  • 普通のガソリン車で高性能で売れる車があるのに、売れもしなかったEVで更にスポーツカーを作る意味がないからです。

    それと抜かれるとは?
    会社の価値的なもの以外は抜かれてないと思うけど、。

  • 日本の規制、インフラの脆弱性、メーカーだけではどうにもならない問題があります。
    アメリカでは350kwが全域に配備されテスラも300kwで充電できますしヨーロッパも350kwが標準になってます。
    日本は数は多いものの44kw 50kwが主流でやっと少しずつ90kwが出てきたが伸びやなんでいる状態、アリアは130kwで充電できるが充電器は存在しない、今後出るレクサス、トヨタとスバルも150kw電柱地中化しないと設置が難しい。
    90kwのハイブリッド方式は2台目は44kwに落ちてしまう。
    今までリーフは規制に合わせた性能で出してた訳で50kwでしか充電出来ない、30分で120キロ程度だがアメリカでは5分で150キロ程度充電出来る。

    今後日本市場はスルーされ海外バージョンで設計していくでしょうね。
    チャデモも400kwの充電器は技術的に可能となったのに車がないから充電器を作らず、規制があるから車がない状態で世界の規格からハブられて退場の憂き目にあっています。
    日本でも将来チャデモは無くなり海外の規格になります。

  • 日産や三菱のEVはモーター駆動の乗用車レベルだからではないでしょうか
    テスラはソフトウェアから作り込まれたEVですから土俵が違います

    日本人が一番不得意なソフトウェアがモノを言うEVですからガラケーのように国産車は国外では相手にされなくなる可能性が高いと思いますね

    ちなみにテスラどころか中国のソフトウェアにも国産車では敵わないと思います

  • 電費問題が解決できなかったのでは。
    テスラ車は車格の割に電費良いですからね。

  • インフラが間に合っていなかったから。

  • 大きな自動車メーカーは株主や取締役員の意思が統一できなかったり、赤字が許されなかったりであんがい身動きが取れないんです。

    テスラは最初からEVを作るんだと明確でしたから、社内の意識も統一されてそれだけを研究できた。

    社長の政治力や資金集めもかなり有能なんでしょう。

    自動車業界のAppleみたいなもので、シャープやソニーだってスマホをずっと作ってきたのにAppleにぼろ負けしてます。

    テスラはEV車の販売だけじゃなく特許や技術料でも利益を上げてきます。

  • 直線番長で良ければの話。
    基本的に重いからワインディング含めてトータルの走りでは言い切れない。

1 2
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

テスラ モデルS 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

テスラ モデルSのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離