現在位置: > > > > > 何故ホンダは、欧州型シビックを日本国内で生産販...

『何故ホンダは、欧州型シビックを日本国内で生産販...』:ホンダ シビックタイプRユーロ

解決済み何故ホンダは、欧州型シビックを日本国内で生産販売しなかったと思いますか?。

何故ホンダは、欧州型シビックを日本国内で生産販売しなかったと思いますか?。この前、車を運転しているとシビックタイプRユーロを初めて見かけました。
日本版のタイプR(セダン)より存在感があり、圧倒的にカッコイイと思いました。

タイプRまではいかないとしても、あのデザインならノーマルエンジンを積んだ廉価モデルなら日本でも結構売れそうな気がします。国内生産なら余計なコストも掛からないのに、最初から国内販売してくれなかったのが非常に残念に思います。

フィットより少し大きめのコンパクトハッチの需要って、やっぱりあんまり無いんですかね。個人的に大好きなジャンルの車なんですがね~。

ベストアンサーに選ばれた回答

複合的な要因があると言われています。

まず、従来のシビックのポジションに現在はフィットが収まっていること。
そして、現行FD型が企画設計されていた当時、アキュラの日本展開の予定があったこと。

従って、アキュラ展開を機にラインナップを再構築する目的があったともされています。

アキュラ店が仮に日本で展開された場合、現在のアコードがアキュラに移行となります(アキュラTSX)。
現行アコードというのはそれを見越して設計されており(現行アコードが妙に高級なのはそのせい)、本来アコードの名前で販売される予定はありませんでした。
(ちなみに「アコード」の名前自体は存続予定で、現在のインスパイア=北米アコードが日本でも「アコード」の予定だった)

そして、上記の通りある意味では「ハッチバックのシビック」というのはフィットの存在により中途半端になっていたこともあり、現行シビックというのは量販ハッチバック車としての役割を完全にフィットに渡し、従来のアコードのポジションとして販売するために現行型のような3ナンバーセダンの姿になったとされています。

ですから、アキュラが予定通り日本展開されていればそれなりに辻褄の合ったラインナップとなっていたのですが、現実には経済情勢の変動によりアキュラ店計画は白紙撤回。

しかし、アコードやシビックなどを開発・発売中止、或いは時期的にも大幅な企画変更をすることもできず、「そのまま」発売したのが現在の状況とされています。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • エンジンは国内製でイギリスに送ってますね、
    国内でハッチバック作ってないからね
    パーツもかなり違うみたいだし

  • セダンとハッチバックの両方となると製造ラインの確保の問題などあるのかもしれませんね。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

マイカー登録はこちら

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

中古車ホンダ シビックタイプRユーロアクセスランキング
  1. 1位 2.0
    2.0
    1,449,000円(埼玉)
  2. 2位
    2.0
    1,299,000円(兵庫)
  3. 3位
    TYPE R EURO
    1,590,000円(岡山)
  4. 4位
    タイプR イギリス逆輸入 無限200
    2,704,000円(滋賀)
  5. 5位
    2.0
    688,000円(宮城)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)