新車価格(税込)

310.0590.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.0460.0万円

中古車を検索

グレード情報1シリーズ ハッチバック

ユーザーレビュー367件1シリーズ ハッチバック

1シリーズ ハッチバック

  • 室内空間が広い
  • 操作しやすい
  • 運転が楽しい

平均総合評価

4.5
走行性能:
4.4
乗り心地:
3.8
燃費:
3.6
デザイン:
4.2
積載性:
3.3
価格:
3.7

専門家レビュー3件1シリーズ ハッチバック

所有者データ1シリーズ ハッチバック

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 118d Mスポーツ エディションシャドウ_RHD(AT_2.0)
    2. 118d Mスポーツ_RHD(AT_2.0)
    3. 116i Mスポーツ_RHD(AT_1.6)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    90.1%
    女性
    8.3%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 41.3%
    2. 近畿地方 18.6%
    3. 東海地方 13.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 1シリーズ

平均値を表示しています。

1シリーズ

1シリーズの中古車平均本体価格

117.2万円

平均走行距離46,095km

買取情報1シリーズ ハッチバック

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値1シリーズ ハッチバック

走行距離別リセール価値の推移

1シリーズ ハッチバック
グレード:
118d Mスポーツ エディションシャドウ_RHD(AT_2.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

407.0万円

売却予想価格

40.0万円

新車価格の 10%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 82万円 61万円

40万円

新車価格の
10%

19万円

新車価格の
5%

1万km 79万円 54万円 28万円 3万円
2万km 74万円 39万円 4万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて 1シリーズ ハッチバック

2015年9月

■2015年9月
BMWはコンパクトなサイズの後輪駆動車である1シリーズに、直列3気筒1.5リッターエンジンを搭載した118iを追加し、2015年9月5日に発売した。

BMW1シリーズは2015年5月にマイナーチェンジを実施し、内外装のデザイン変更やエンジン性能の向上などを実施したばかりだが、このうち118i用のエンジンを直列4気筒1.6リッターの直噴ターボ仕様から、直列3気筒1.5リッターの直噴ターボ仕様に変更した。

新エンジンはBMWの新世代モジュラーエンジンで、ほかのBMWのエンジンと同様にターボや高精度直噴システム、無段階可変バルブコントロールのバルブトロニック、可変カムシャフト機構のダブルVANOSなどを採用する。同時に、極めてコンパクトかつ軽量で、3気筒エンジン特有の軽やかな吹き上がりと自然なレスポンスに加え、優れた燃費性能を実現している。

動力性能の数値は100kW(136ps)/220N・mで、これは従来の118iに搭載される1.6リッターエンジンと変わらないが、最大トルクの220N・mを発生する回転数を従来よりも低い1250rpmから4300rpmに至る広範囲で発生する。

JC08モード燃費は従来に比べて約10%向上して18.1km/Lを実現。「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成することで、エコカー減税は、自動車取得税が60%減税、重量税が50%減税、翌年度の自動車税も75%減税となるなど、減税メリットを拡大している。

同日、118i スタイルをベースに17インチYスポーク・スタイリング・アロイ・ホイールやリア・ビュー・カメラおよびパーク・ディスタンス・コントロール(リア)、フロント・シート・ヒーティングなどを装備した特別仕様車「118i ファッショニスタ」を380台限定で発売した。


同年10月1日には価格改定を行った。

■2016年5月
BMWはコンパクトクラスの1シリーズに新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載して2016年5月21日より販売を開始した。

新たに追加されるのは「BMW118d」。グレードは118dスポーツ、118dスタイル、118d Mスポーツを設定し、いずれもBMWの新世代エンジンファミリーに属する2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルを搭載する。最新のコモンレールダイレクトインジェクション、可変ジオメトリーターボを組み合わせ、最高出力110kW(150ps)、最大トルク320Nmの性能を発揮する。電子制御8速ATとの組み合わせによりJC08モード燃費で22.2km/Lの低燃費を実現。同等のガソリンエンジンを搭載するBMW118iに対しても約20%の燃費向上を果たしている。

320Nmの最大トルクを1500~3000回転で発揮するおかげでストップ&ゴーを繰り返す都市部から勾配のきつい山岳路まで軽快かつ余裕のある走りを実現し、すぐれた燃費と軽油の低い燃料コストによって長距離ドライブでは高い経済性が得られる。

NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒など、メンテナンスフリーの排ガス処理技術「BMW ブルーパフォーマンステクノロジー」を採用し、ポスト新長期規制に対応するすぐれた環境性能を実現。エコカー減税の認定を受けて自動車取得税および重量税は免税となり、翌年度の自動車税についても75%減税が適用される。価格はBMW118iの同グレードに対して21万円アップとなる。

■2016年9月
BMWは、BMW1シリーズにM140iを設定し、2016年9月1日に発売した。

1シリーズに新たに設定されたM140iはBMW M社の手による「Mパフォーマンスオートモービルズ」だ。パワートレインおよびシャシーにスポーティなチューニングが施された高性能バージョンである。

M140iには新世代の3.0リッター直6BMW Mパフォーマンス ツインパワーターボエンジンを搭載される。従来モデルのM135iのパワーユニットに対して最高出力10kW(14ps)、最大トルク50Nmアップの250kW(340ps)、500Nmを発生し、0-100㎞/h加速4.6秒(ヨーロッパ仕様)の動力性能を得ているのだ。

経済性についても、従来モデルに対して約10%向上のJC08モード13.4㎞/Lを実現。トランスミッションは8速ATが設定されている。

同年10月1日には価格改定を行った。


■2016年10月
BMWはコンパクトクラスの1シリーズに特別仕様車「118i セレブレーションエディション“マイスタイル”」を設定して、2016年10月16日から400台限定で発売した。

「118i セレブレーションエディション“マイスタイル”」は、BMWの創立100周年を記念した特別限定車の第十弾モデル。「118i」をベースに、ボディカラーに人気のアルピン・ホワイトを採用。17インチYスポーク・スタイリング・アロイホイールやクローム仕上げキドニーグリル、Sensatecレザーシート(合成皮革)などを装備する。

機能面ではリヤビューカメラや歩行者検知機能付の衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーウォーニングなど、安全装備を充実させた。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。