現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 価格高騰に負けるな!  最も身近なBMWとなる116iが新登場!!

ここから本文です

価格高騰に負けるな!  最も身近なBMWとなる116iが新登場!!

掲載 9
価格高騰に負けるな!  最も身近なBMWとなる116iが新登場!!

 原材料費や原油価格の高騰、円安などの事情により輸入車の価格は、上昇の一途。度重なる価格改定の結果、発売時より車両価格が100万円以上も高価となったクルマさえ出現するほどだ。このまま輸入車は、再び庶民には、手の届かない存在になってしまうのではという不安も生じる。

 そんななか、BMWがブランドエントリーとなる新モデルを発表。なんと400万円切りを実現させた最廉価となる1シリーズハッチバックを投入したのだ。BMW最廉価となる新グレード116iの仕様や投入の狙いに迫った。

価格高騰に負けるな!  最も身近なBMWとなる116iが新登場!!

文/大音安弘、写真/BMW

■BMW最安値となる400万円切りの新モデル

 BMWは2022年9月14日、コンパクトハッチバックの1シリーズの新たなエントリーグレードとなる「116i」の追加を発表した。価格は398万円だ。

 新グレード「116i」は、1.5L直列3気筒DOHCターボエンジンと7速DCTを搭載する前輪駆動車だ。同じ1.5Lエンジン車である「118i」のデチューン仕様であり、最高出力109ps(80kW)/4300rpm、最大トルク190Nm/1380~3800rpmを発揮する。燃費消費率は118iよりも優秀で、14.3km/Lの低燃費を誇る。

最新BMWのブランドエントリーとして初の400万円切りとなる新モデル「116i」が登場

■廉価仕様といえど装備に抜かりなし

 116iの魅力は単に価格を抑えただけではない。装備についても厳選し、人気アイテムもしっかりと押さえている。具体的には、専用の17インチホイールとスポーツシートを装備することで、BMWらしいスポーティさを演出。

 時代の必須アイテムといえる先進機能では、ACCを含むドライビングアシスト、LEDヘッドライト、BMWライブコックピット、ワイヤレスチャージャーなどの1シリーズ標準アイテムをしっかりと受け継ぐ。

 さらに特別仕様として、BMWインディビジュアルのサテンアルミエクステリアやアンソラジットルーフランニングをインテリアのアクセントとして取り入れ、高速移動の必須アイテムであるITSスポット対応DSRC車載器(ETC機能付)も標準装備としている。

スポーティな演出と必要な装備をしっかりと押さえているのも116iの魅力だ

 ボディカラーは、人気の「アルピンホワイト」に加え、有償色となる「ブラックサファイア」と「スカイスクレイパーグレイ」の計3色から選択することができる。購入希望は、BMWオンラインストアのみの受付となり、40台が限定販売されるという。

■サンキュッパのBMW誕生の理由は!?

 最新BMWフルラインアップのなかで初となる400万円切りのモデル誕生の背景を探るべく、BMW広報部に問い合わせた。新グレード「116i」は、BMWにかぎらず車両価格が高騰しているなかで、400万円を切るBMWを提供したいとの思いから企画したものだという。

 確かに、「116i」の上位に位置する「118i Play」の417万円よりも19万円も安くしながら、標準装備を厳選し、さらにユーザーが望むアイテムを備えているので、ブランドエントリーモデルとしての満足度は高いはずだ。

価格高騰のなか、お買い得仕様車の登場は嬉しいニュースといえよう

 オンラインストアのみでの販売とした理由は、エントリーモデルという商品性を考慮し、今までBMWディーラーと繋がりのない方の購入を想定し、コンタクトしやすいようにとの配慮とのこと。新たなファン獲得への期待を込めた一台でもあるのだ。

 限定数は40台のみとなっており、現在の世界経済状況を鑑みれば、よりお得なモデルが登場する可能性は当面難しいだろう。この機会に、BMWデビューしてみるのもいいだろう。ただし、40台限定となるので、決断はお早めに……。

こんな記事も読まれています

マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
グーネット
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
くるまのニュース
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
グーネット
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
レスポンス
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
GQ JAPAN
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
くるまのニュース
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
motorsport.com 日本版
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
AUTOSPORT web
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
Auto Prove
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
レスポンス
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
AUTOSPORT web
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
motorsport.com 日本版
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
OPENERS
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

9件
  • 1.5Tでたった109馬力、燃費も14.3km/Lしか走らない。
    シビック、MAZDA3、アクアなどの国産車よくない?
  • にしても、カッコ悪すぎる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0667.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0574.9万円

中古車を検索
1シリーズ ハッチバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0667.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0574.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村