現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > Mスポーツのエクステリアを搭載!スポーティーで上質感を味わえるBMWの限定コンパクトモデル「118d Individual Edition」

ここから本文です

Mスポーツのエクステリアを搭載!スポーティーで上質感を味わえるBMWの限定コンパクトモデル「118d Individual Edition」

掲載 更新 4
Mスポーツのエクステリアを搭載!スポーティーで上質感を味わえるBMWの限定コンパクトモデル「118d Individual Edition」

ビー・エム・ダブリューは、BMW 118d Play Edition Joy+(イチイチハチディー・プレイ・エディション・ジョイプラス)をベースに、スポーティかつ上質なテイストの限定車「BMW 118d Individual Edition(インディビジュアル・エディション)」を、日本全国180台限定で、BMWオンライン・ストア上では10月21日正午より、全国のBMW正規ディーラーにおいては10月21日より販売を開始する。納車は、11月中旬以降を予定している。

BMW 1シリーズは、BMWの最もコンパクトなモデルであり、キドニー・グリルやヘッド・ライトに最新のデザイン・コンセプトを採用し、低重心を強調するリヤ・デザインに個性的なL字型テール・ライトをアクセントに装備するなど、BMWの人気の高いエントリー・モデルである。

動画でチェック!マクラーレン、ランボルギーニ、一度乗ってみたい超高級スポーツカーの世界

タイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)の採用による高い走行安定性や、前輪駆動方式採用による広い室内空間、リバース・アシスト等の運転支援機能を標準装備するなど、エントリー・モデルながら、高い走行性能と機能を備えている。

今回発表のBMW 118d Individual Editionは、エクスリアは今回日本初導入となるMスポーツ・エクステリアを装備しスポーティさを前面に出しつつ、BMWのコンパクト・セグメントとしては初めてBMWが誇るカスタマイズ・プログラムであるBMW Individualによるスペシャル・ペイントを施した上質さが特徴である。

内装にはトリム裏側に光源を持ち車内を鮮やかに彩るイルミネーテッド・トリム・ベルリンに加え、人気のHiFiオーディオ・システムを装備している。また、全180台の内90台に限り、通常では選択できないパーフォレーテッド・ダコタ・レザーのモカ色を内装に取り入れ、外装のみならず内装面でも通常モデルとは異なる、1つ上の存在感を主張するモデルとして登場する。

【BMW 118d Individual Editionの主な装備品】

●外装色: BMW Individualスペシャル・ペイント
セピア・バイオレット(70台)、ルビー・レッド(30台)、ホッケンハイム・シルバー(80台)
●LEDフォグ・ライト
●17インチMアロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング550Mバイ・カラー
●Mスポーツ・エクステリア
●イルミネーテッド・ベルリン・インテリア・トリム
●Hi-Fiオーディオ・システム
●ストレージ・コンパートメント・パッケージ
●iDriveナビゲーション・パッケージ
BMWライブ・コックピット(10.25インチ マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、10.25インチ ワイド・コントロール・ディスプレイ〔タッチ・パネル機能付〕、HDDナビゲーション・システム〔VICS 3メディア対応〕)
BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AI音声会話システム)
ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)
BMWコネクテッド・ドライブ・プロフェッショナル(USBナビ・アップデート〔3年間〕、Apple CarPlayプレパレーション)

【メーカー希望小売価格(税込)】

■118d Individual Edition ¥5,120,000

・上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。
・右ハンドル仕様。AT仕様。
※世界的な半導体供給不足の影響で、通常モデルでの標準装備品が、装備されない場合があります。詳しくは、BMW正規ディーラーまで、お問い合わせください。

関連情報:https://www.bmw.co.jp/ja/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

こんな記事も読まれています

スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
レスポンス
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
AUTOSPORT web
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
motorsport.com 日本版
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
OPENERS
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
カー・アンド・ドライバー
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
くるまのニュース
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
VAGUE
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
Auto Messe Web
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
Webモーターマガジン
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
WEB CARTOP
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
WEB CARTOP
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
乗りものニュース
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
くるまのニュース
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
AUTOSPORT web
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
WEB CARTOP

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0667.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0574.9万円

中古車を検索
1シリーズ ハッチバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

398.0667.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0574.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村