サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 「カマロ」マイナーチェンジでエクステリア変更 V8の「SS」は10速AT搭載

ここから本文です

「カマロ」マイナーチェンジでエクステリア変更 V8の「SS」は10速AT搭載

ゼネラルモーターズ・ジャパンは「シボレー カマロ」のマイナーチェンジモデルを11月22日(木)より販売開始しました。大きく変わったのはフロントとリアのエクステリア。また6.2L V型8気筒OHVエンジンを搭載する「カマロ SS」には10速オートマチックトランスミッションを搭載しました。

フロントマスクはフロントグリルとアンダーグリルが一体化したデザインとなり、シボレーのトレードマーク「ボウタイ」マークはその中央に設置されました。また、その「ボウタイ」マークを空洞化し、走行風が抜けるようにしたことでエンジン冷却性能が向上。長時間のサーキット走行では冷却水とエンジンオイル温度を1.2℃下げることができたそうです。

V8を搭載する「カマロ SS」ではエンジンフード中央部に大型のエア排出グリルを設置し、エンジンルームの冷却とエアロダイナミクス向上に貢献しています。ちなみに本国モデルのベースグレード「RS」は他のグレードとフロントデザインが違いますが、国内仕様の「LT RS」は安全法規対応のため、全グレード同デザインとなります。リアのコンビネーションランプはカマロ伝統の「デュアルエレメントデザイン」を踏襲し、LEDを採用した新デザインに変更されています。

ボディカラーには60年代に活躍したレースカーに塗られた「スノコブルー」にインスパイアされたという新色「リバーサイドブルーメタリック」を追加しています。

パワートレーンは、「カマロ LT RS」と「カマロ コンバーチブル」はこれまでと変わらず2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載し(最高出力275ps/5500rpm、最大トルク400Nm/3000-4000rpm)、8速ATを組み合わせます。ハイパフォーマンスモデルとなる「カマロ SS」には6.2L V型8気筒OHVエンジンを搭載し(同453ps/5700rpm、同617Nm/4600rpm)、新型の10速ATを組み合わせました。ギアレンジを拡大したことで、高速走行時の低回転化を実現、またクロスレシオ化したことであらゆる速度域でパワーの最大化を果たしました。また、発進時のエンジン回転数やリアタイヤのスリップ率を選択することができる「カスタムローンチコントロール」や、駆動輪のグリップを最大化するバーンナウトに必要な「ラインロック機能」を標準装備しています。

インテリアは大きく変わっていませんが、「カマロ SS」にはリアカメラミラーを新採用しました。フレームレスデザインでズーム、角度調整、明るさ調整などがボタン操作で可能。フルハイビジョン同等の解像度で表示します。

価格は「カマロ LT RS」が529万2000円、「カマロ コンバーチブル」が615万6000円、「カマロ SS」が680万6000円となっています。ちらっと本国サイトを見てみると、ベースグレードの「RS」の車体価格が2万5905ドル、11月22日現在の為替は1ドル113円だったので、日本円にすると約292万円。2Lターボとはいえ、日本でも300万前後でカマロに乗れたら結構魅力的な商品なのではないでしょうか。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します