現在位置: > > > > > スズキのパレットですが、オイルが減ります いろい...

『スズキのパレットですが、オイルが減ります いろい...』:スズキ パレット

解決済みスズキのパレットですが、オイルが減ります いろいろ疑っていますが、やはりオイル上がりとオイル下がりでしょうか?

スズキのパレットですが、オイルが減ります いろいろ疑っていますが、やはりオイル上がりとオイル下がりでしょうか?まだ距離が7万キロ台ですしオイル管理が悪かったところからバルブガイドシールをまず修理に入ろうと考えました。
そこでカムシャフトの脱着ですが タイミングチェーンが切り離せるか?
そもそもエンジンの脱着なしで可能か?
そこら辺のところ経験のある方是非ご連絡いただけないでしようか、よろしくお願いいたします。

補足
チェーン切り離しは出来ないのが確認取りました。
チェーンテンショナーを外さなければ、と言うことですから このエンジンはオイルパンから外さないと 大変ですね
まえはOHVでしたから、簡単ですね

ベストアンサーに選ばれた回答

ヘッド外さずステムシール交換可能だけど
特殊工具が要る
燃焼室にエアー圧掛けてバルブが落ちないようにしておいて
特殊工具でバルブスプリング押さえて取り外す
前段で
カム外すから
タイミングカバー開けて
チェーンテンショナー緩め
チェーン外す

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • 質問の文面や前の回答者さんとのやりとりを見てるとバルブステムシールの交換が出来るほどのスキルがあるようには思えません。
    やめた方がいいです。
    ステムシールの打ち直しはシリンダーヘッドを下ろしてするものです。ヘッドを下ろさない方法もあることは知っていますがやめたほうが良いですよ。
    ちなみにヘッドを下ろさないでやるとしてバルブコッターはどうやって外しますか?

  • 漏れ止めの類は外部に漏れることでシールするか、ゴム類を膨潤させてシール力を高めるものです。

    オイル下がりや上がりは、金属が摩耗して起こるので、漏れ止め剤で止めることはできません。

    車上で作業は可能です。
    インマニとエキマニを外します。
    タイミングチェーンを外します。
    ヘッドを下します。
    オーバーホールです。
    様々な特殊工具が必要になりますので、オーバーホールは簡単ではありません。
    100℃に熱して膨張させてから、抜く部品とかもある。
    オーバーホールは難しいので、ヘッドのみリビルトで交換するのが楽。

    とは言え、チェーンを外すことが不安であれば、作業しないほうがいい。
    マニホールドを外すのも大変ですし。

  • 漏れるならオイル漏れ防止剤でまず漏れを防ぎましょう。それでもダメならオーバーオールですね。

  • オイル上がりとオイル下がりでしょうか?


    エンジン完全に暖まり後

    アイドリング時・煙
    発進時・煙
    オイル下がり

    登板時・加速時
    エンジンが高回転域
    バックミラー・ルームミラーなどで
    後方に・煙
    オイル上がり

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

pitte

みんカラサーキットチャレンジ♯7 意外と手軽な富士の楽しみ方

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

新型タント 利便性の向上と車内の動線変化に驚いた

中古車スズキ パレットアクセスランキング
  1. 1位 660 SW TS
    660 SW TS
    398,000円(岡山)
  2. 2位
    660 SW XS
    438,000円(大阪)
  3. 3位
    660 SW XS 4WD
    298,000円(岩手)
  4. 4位
    660 X
    220,000円(静岡)
  5. 5位
    T 4WDターボ ETC Bカメラ
    500,000円(大阪)

※2019年10月15日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)