現在位置: > > > > > スバルのトラヴィックってどうでしょうか? 維持...

『スバルのトラヴィックってどうでしょうか? 維持...』:スバル トラヴィック

解決済みスバルのトラヴィックってどうでしょうか? 維持費なども気になりますが、使い勝手や点検整備などどうですか? スバルで部品供給してくれますか? 壊れやすかったりしませんか?

スバルのトラヴィックってどうでしょうか?
維持費なども気になりますが、使い勝手や点検整備などどうですか?
スバルで部品供給してくれますか?

壊れやすかったりしませんか?

ベストアンサーに選ばれた回答

壊れますよ。
高確率で…
営業やっていた時は壊れるから売らない様にしてました。
スバルで部品は取れますが、保証が無いなら辞めましょう。

ただ、ミニバンにしては走りは素晴らしいですよ。
使い勝手は純国産には及びませんが…

ただ、走りはいいんです。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • 平成14年式を、
    昨年の車検切れまで20万㎞乗りましたが
    大きなトラブルとして
    ・ヒーターコアのOリング熱劣化による冷却水漏れ
    ・キーシリンダーが摩耗によって廻らなくなった
    位ですね
    走りは凄くいいですよ!
    足廻りはサスペンションがきちんと仕事していて
    タイヤの接地感が感じられ、とてもミニバンとは思えません
    エンジンは低速からトルクがあって高回転まで良く回るし
    ブレーキも高速から一発できれいに止まれるし、安心感が全然違います。
    車に対するコストの掛け方と云うか、設計思想が国産車と考え方が違っており
    走りの根幹となる部分には、お金はかけてありますが
    逆に内装は、とても割り切っていて質素です。
    ですから、オペル車独特のオンザレールのような走りの魅力に嵌ると
    ちょっと国産車には戻れなくなって
    結局私自身が、トラヴィックの後に、某国産車を少しばかり乗ったのですが
    あの走りをもう一度という訳で
    現在はオペルのメリーバに乗っていますから。
    メンテナンスとしては
    オイルは必ずこまめに、10w40グレードを5000㎞で交換
    ※今流行りの省燃費型グレードの0wとか5wの軟らかいオイルは使わないこと
    エンジン高温時でオイル機能が顕著に劣化しますので
    また
    クーラント(冷却水)は二年以内に必ず全交換する
    ATフルード交換も同じく二年で交換です
    ブレーキパッドも1~2年で交換ですので
    凡そこれらは車検に合わせて、修理工場に依頼してました。
    私はスバルでなく、ボッシュカーサービスの指定工場で整備をお願いしてました。
    せっかくですが、
    初めてのトラブルのOリング劣化による冷却水漏れの
    スバルの修理があまりにも下手だったので
    でも仕方ないと思いますよ、やはりスバルの主力商品じゃないから
    不得手と云うか、
    全国のスバルのメカニックもトラヴィック修理に習熟した方はいるのですが
    確か四国旅行でキーシリンダのトラブルのスバルのメカの腕は凄かったです
    でも私の地元には残念ながら・・・なのです。
    もし購入されるなら、
    タイミングチェーンの交換の有無・補機ベルトの交換の時期は必ずチェックして下さいね
    バッテリーは国産より割高ですが先程のオイルやクーラントなどの
    メンテナンスをきちんと施せば3年は持ちますし
    オークションで1万円弱の良質品がありますので、そんなに危惧しなくていいです。
    最後にエンジン本体は堅牢ですし、ATはアイシン製で日本の運転に適していて信頼性もOKです。
    また各種電装品にデンソー製を多く用いており、BOSCHより確かでドイツ車にありがちな電気トラブルが非常に少ないです。
    ただ、ハーネス(電線)はBOSCHなので、日本の夏の非常に暑い環境では劣化は早いですね。
    部品の供給の方も、私が所有していた昨年までは全く問題ありませんでしたよ。
    あちらでは、ベストセラーの車ですので本国での供給は大丈夫なので
    輸入車に強い整備屋さんにお願いすれば、まだまだいけると思いますよ。

  • 以前友人が乗っていて借り物にしか乗ったこと
    が無いのですが・・・

    補給パーツはスバルから出るとはいえ、本家
    オペルも正規ディーラーが日本市場から撤退
    してしまった今、日本で積極的に買うべき中古
    車ではないと思います。

    硬質感(?)のある走りの良さは認めますが、
    見るからに地味で使い勝手の悪そうな内装、
    元が輸入車ですのでパーツも整備も割高な
    のも大きなネックです。

    似たようなスタイルの国産車なら、WISHや
    ラフェスタやプレマシーの中古車を買ったほう
    が遥かに幸せなカーライフになると思います。

  • 元がオペル・ザフィーラですから、当然ザフィーラと同等のボディ剛性が確保されています。
    なので、他の方もいわれている通り走りはいいです(ボディはしっかりしているし、足回りも国産には無いコシがある)。
    エンジンもオペルが開発したエコテックの2.2L(後期には1.8Lもあり)なので、結構活発ですしね。

    ただ、ベースがドイツ車なだけに維持費は高いです(当然、スバルで部品は入手できますよ)。
    ブレーキパッドひとつとってもレガシィやインプレッサより高いし・・・
    そのブレーキパッドもブレーキダストが出やすいのでしょっちゅうホイールを洗わないとすぐ真っ黒になる。。

    あと、他の方も言われていますがシートアレンジや収納スペースの効率が日本車に遠く及ばない点も気にすしだすとキリがないです。
    但し、シートについては下手な国産スポーツカーよりも全然ホールド性能がよく、疲れないのは◎です。


    この車は「スバル車」としてではなく「オペル車」という捉えかたをするのが正解です。

  • もちろん外車ですから壊れやすいです

    バッテリー一個とっても値段は高めです

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

新型タント 利便性の向上と車内の動線変化に驚いた

pitte出品してAmazonギフト券を当てよう!!

みんカラサーキットチャレンジ#5 マークX GRMNでエビスに挑む

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

中古車スバル トラヴィックアクセスランキング
  1. 1位 2.2 SLパッケージ
    2.2 SLパッケージ
    690,000円(茨城)
  2. 2位
    2.2 Sパッケージ
    158,000円(大阪)
  3. 3位
    2.2 Sパッケージ
    439,000円(東京)
  4. 4位
    2.2 Sパッケージ
    790,000円(茨城)
  5. 5位
    2.2 Sパッケージ
    790,000円(茨城)

※2019年9月20日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)