マツダ CX-30 のみんなの質問

解決済み
回答数:
5
5
閲覧数:
135
0

今のマツダは外装内装は素晴らしいです。
しかし車としての肝心な走りはイマイチ。ディーゼルは鈍いです。
ガソリン車にもターボいれる、排気量上げる、ストロングハイブリッドの何れかやるべきでは?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

同感です。見た目、質感にお金をかけすぎて肝心の中身が追いついていない印象です。
排気量上げる、は現実的では無いですが、ストロングハイブリッドは急務でしょうね。
マツダは小さな会社なので仕方ないですが、ラージ商品群に注力しすぎてスモール商品群の鮮度が落ちてます。
CX-5、CX-3、Mazda2はもうかなりモデル末期。Mazda3、CX-30などの最新世代は前述の通りデザインは最新ですが中身は平凡。
日本国内の競争力は今後無くなっていくんじゃないかなーと思います。

その他の回答 (4件)

  • 結局のところ、残念なことにあなたの考えがマイノリティなんですよね。
    2500ccガソリンターボ車がありましたが、あまり売れず廃止されました。アクセラにトヨタのストロングハイブリッド入れましたが、あまり売れず廃止されました。排気量上げるのはCX-60(3300ccディーゼル)で実施中です。
    商売だから、マジョリティに売れないものは駆逐されてしまいます。

  • 取り組みは良さそうなのですが、買いたい車が無いんですよねぇ!?

  • できたら外装はもっと遊び心をいれてほしいもんですけどね。 みんな見たような顔ですから。

  • マツダの車の走行性能についてのご意見、ありがとうございます。マツダは「人間中心の走行楽しさ」を追求しており、そのために独自の技術開発を行っています。ディーゼルエンジンの反応が鈍いと感じる場合、それはマツダの「スカイアクティブテクノロジー」の一環として、燃費効率と環境性能を重視した結果かもしれません。ガソリンエンジンにターボを追加する、排気量を上げる、ストロングハイブリッドを導入するなどの提案は、パワーと効率のバランスを追求する一方で、燃費や環境への影響も考慮しなければならない点で難しい選択となります。マツダの技術開発は、これら全ての要素をバランス良く考慮した上で行われています。

    ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

    ※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

マツダ CX-30 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

マツダ CX-30のみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離