新車価格(税込)

305.1367.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

146.9352.2万円

中古車を検索

グレード情報CX-30

歴代モデル1件CX-30

ユーザーレビュー399件CX-30

CX-30

  • コストパフォーマンスが良い
  • 室内空間が広い
  • 高級感がある

平均総合評価

4.7
走行性能:
4.2
乗り心地:
4.1
燃費:
3.8
デザイン:
4.8
積載性:
3.6
価格:
4.2

専門家レビュー5件CX-30

所有者データCX-30

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 20S プロアクティブ ツーリングセレクション(AT_2.0)
    2. 20S Lパッケージ(AT_2.0)
    3. XD Lパッケージ(AT_1.8)
  • 人気のカラー

    1. グレー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    26.5%
  • 男女比

    男性
    88.0%
    女性
    10.5%

    その他 1.3%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 34.6%
    2. 近畿地方 18.5%
    3. 東海地方 13.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 CX-30

平均値を表示しています。

CX-30

CX-30の中古車平均本体価格

229.0万円

平均走行距離26,591km

買取情報CX-30

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値CX-30

走行距離別リセール価値の推移

CX-30
グレード:
20S プロアクティブ ツーリングセレクション(AT_2.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

273.0万円

売却予想価格

139.5万円

新車価格の 51%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 161万円 150万円

140万円

新車価格の
51%

129万円

新車価格の
47%

1万km 160万円 146万円 132万円 118万円
2万km 157万円 137万円 116万円 96万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて CX-30

2023年10月

■2023年10月
マツダは、クロスオーバーSUV「CX-30」を一部改良するとともに特別仕様車「レトロスポーツエディション」を設定して、2023年9月4日に予約を開始した。同年10月中旬の発売を予定している。あわせて、グレード体系やオプションを見直しを実施した。

今回の一部改良では、安全性と利便性・快適性を向上。安全性では、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダプロアクティブセーフティ)」に基づき、AT誤発進抑制制御やドライバーモニタリングに新機能を追加した。AT誤発進抑制制御は、 従来の「クルマ・壁などの障害物」に加えて「歩行者(前方)」も検知対象としている。ドライバーモニタリングには、「わき見警報機能」を新たに追加して、ドライバーのわき見を検知すると、画面表示と警報音で注意喚起する仕様とした。

利便性・快適性については、大型化した「10.25インチセンターディスプレイ」を新採用。さらに「ワイヤレス充電(Qi)」、「ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)」、「USB-Type C端子(照明付)」を追加して、モバイル機器との連携や乗降時の接続性を向上させている。

コネクティッドサービスも機能が拡充され、従来の「コンフォートプラン」に加えて、「見守りプラン」と「リモートエンジンスタート」の2つの有料プランを追加した。

ボディカラーは、「セラミックメタリック」と「ジルコンサンドメタリック」を新設定している。

また、新たに設定された特別仕様車「レトロスポーツエディション」は「ブラックトーンエディション」をベースに、ジルコンサンドメタリックをイメージカラーとしてボディカラーに採用。ドアミラーやホイール、シグネチャーウイングをブラックで統一している 。インテリアは、テラコッタカラーとブラックでコーディネート。各所にテラコッタカラーのステッチを施すとともに、スウェード調生地のレガーヌをシート中心部やインパネに採用した。

装備面では、ベースとなるモデルに追加して、運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能や運転席&助手席シートヒーター、ステアリングヒーター、ドアミラーリバース連動機能を含む「ドライビングポジションサポートパッケージ 」のほか、自動防眩ルームミラー(フレームレス)やLEDマップランプ(リア)、ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカーを標準で装備している。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。