現在位置: > > > > > スバル レヴォーグとフォルクスワーゲン ゴルフ ヴ...

『スバル レヴォーグとフォルクスワーゲン ゴルフ ヴ...』:フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

解決済みスバル レヴォーグとフォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント どちらが買いだと思いますか? それぞれの特徴や良いところ悪いところを含めお答えいただけると嬉しいです

スバル レヴォーグとフォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント

どちらが買いだと思いますか?

それぞれの特徴や良いところ悪いところを含めお答えいただけると嬉しいです

ベストアンサーに選ばれた回答

レガシィツーリングワゴン2.5Lアイサイト(D型172馬力)個人所有。
ゴルフヴァリアントコンフォートラインプレミアムエディション(1.4L・160馬力)を家族所有です。

共に約1年前に購入し共に1万キロほど走行です。
今春にレガシィはレヴォークにダウンサイジング。ヴァリアントはモデルチェンジしますが参考までに。

ちなみに車を運転するのは好きですが、詳しいところはド素人です。
あと、共にいい車であるのは間違いありません。

仕事で運転している、軽、カローラ、プリウスとは比べ物にならないことを最初に記しておきます。

・運転の楽しさ(直進)
レガシィは172馬力、ヴァリアントは160馬力(たしか)と似た感じですが、私のノンターボのレガシィはツインチャージャーのヴァリアントに比べパワー不足です。セッティングの違いか、高速走行するとヴァリアントはどこまでも伸びていく感じがしますが、レガシィはある一定の速度で伸びなくなります。高速走行時の安定感もヴァリアントに軍配です。
ただ、ヴァリアントの低速時のギアのギクシャク感は不快です。

・運転の楽しさ(カーブ)
レガシィは後輪がスッと曲がります。ヴァリアントは張り付くみたいにグッと曲がります。共に不安に思うことは全くありません。楽しいのはヴァリアント。一体感があります。

・静粛性
圧倒的にヴァリアント。相手にすらなりません。アイドリングストップはついてないのに、赤信号での停止時にエンジン音や振動はほとんど聞こえません。また、エンジンを切って車内にいると無音過ぎて『サー』って無音の時の耳鳴りっぽいのが起きるくらいです。レガシィは普通にうるさいし、タイヤノイズが車内で反響するのが不快。

・安全性
両車共にメチャクチャ高いと思います。
なによりアイサイトは最高です。
余談ですが、2代前のゴルフワゴンにて時速10キロくらいでミライースに追突した時、ミライースは後部座席近くまで潰れましたが、ゴルフワゴンはナンバープレートが曲がっただけでした。

・容量
共にたくさん入りますが、これはレガシィの勝利。入れやすいし、何より大きい。

・後部座席
圧倒的にレガシィ。ミニバンかってくらい後部座席に余裕があります。後部座席がリクライニングするのもいいです。男性4人乗っても余裕です。
ヴァリアントに男性4人で長距離は若干辛いかも。

・燃費
実燃費でヴァリアント。
街中走行ではレガシィが11キロ/L、ヴァリアント15キロ/Lくらい。
100キロメートル以上の連続走行での最高燃費はレガシィが高速で18キロ/L(時速75キロ走行)、ヴァリアントがガラガラの一般道で27キロ/L(時速60キロ走行)。
ちなみに、運転方法次第で燃費が変わるのはヴァリアントの方です。
ただ、ヴァリアントはハイオクです。

・価格
レガシィにはタワーバー付けたり、天井空くようにしたり、いろいろしましたが、それでもレガシィの方が50万くらいは安かったです。

・ディーラー
空いてそうだなって時にワーゲンのディーラーに行くと『エンジンオイル減った分だけ入れておきましたよ。ウインドウオッシャー液追加しておきましたよ』ってやってくれる。

・デザイン
共に外装も内装も派手さはないですが、ヴァリアントは洗練されてます。レガシィは容量重視で作り込みが甘い感じ。
モーターショーでレヴォークの実物見ましたが、内部もヴァリアントっぽく洗練された感じでした。

・故障
両車共に怖いところではあります。
ワーゲンの車も昔に比べたらよくなったと思いますが・・・。
前に、ゴルフⅢが故障したとき、部品がドイツから空輸になったことがあり、びっくりな値段になりました(笑)
ま、今はそんなことないでしょうが。

・総評
車としての完成度は言うまでもなくゴルフヴァリアントです。
スバルの車は欧州車に近いということで選んでみましたが、やっぱり日本車でした。『カッチリ感』が足りない感じです。ハンドルも軽いです。
運転の楽しさ、所有する喜びはゴルフヴァリアントの方に軍配です。
ただ、50万円違う車として考えると同じくらいなのかな・・・と。

ちなみに、私がもう一度どちらか一台を選べと言われたら、レガシィです。
確かに運転する楽しさや所有する楽しさはヴァリアントですが、4WD(スキーが趣味)・ゴルフバックが4つ積める・後部座席の広さ・アイサイト(妻が運転する)そしてそれらを含めた価格が決め手です。
月並みですが、つまりはライフスタイルに合ってるということです。

レヴォーグがどのような車になるかはわかりません。
500万円以内で買える車の中ではレガシィもゴルフヴァリアントもレヴォーグも間違いなく基本性能は世界でトップレベルの車であることは間違いないと思います。レガシィとの違いは上に長々と書いたところくらいです。なんか作り手の思想は似た感じですよ。その中で、質問者さんのライフスタイルに合った車を買うことがいいと思いますよ。

ツーリングワゴンがなくなるので、私も7年後には、質問者さんと同じ悩みにぶち当たると思いますので。
ステーションワゴンの選択肢少ないですよね。

ただ、レヴォーグの価格は若干高いような・・・。

http://minkara.carview.co.jp/userid/1870633/profile/

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • レヴォーグってまだ予約が始まったばかりじゃないのかな?
    ゴルフ ヴァリアントも1月6日デビューで試乗車はまだないのでは?
    どうしてこの2台で比べるのかな
    四駆とFFを比べるのが?
    ライバル車じゃないと思うけど・・・

    実車に乗れないのに どちらがって?って無理でしょ

    ただ僕ならレヴォーグの2.0を買います
    そしてヴァリアントの1.2は買いません

  • 私的には迷うことなくスバルへ行きます。

    スバルは国産車ですが、乗り心地やハンドリングは欧州車にかなり近い乗り味です。

    そこの車格で考えるとわざわざ輸入車を選択することはないですね。

  • >スバル レヴォーグ

    ・全くの新型車のため、街中で滅多に出くわしません。新しい車に乗っているんだという実感があります。
    ・フルタイム4WDですので、とても安定感があります。都会の方では実感がないかもしれませんが、スバル車の雪道での安定感は世界一だと思います。
    ・日本車ですので、故障時のメンテナンスはそんなにかかりません。ドレスアップ関係の用品もこれからどんどん出てくるでしょう。
    ・3年程度での買い取り価格は比較的安定だと思います。
    ・全くの新型車ゆえに、純正以外でのオプション品がほとんどありません。

    >フォルクスワーゲン

    ・1.2L車もしくは1.4L車なので、燃費効率がとてもいいと思います。ただ、坂道や高速など、負担が強い場面での走行性能は不安があります。
    ・FF車なので、走行性能は明らかにスバルが上です。
    ・一応、外車なので、メンテナンス費用はかかります。
    ・すでに何台もモデルチェンジしていますので、完成度は高い車だと思います。
    ・装備一覧をよく見て買わないと、日本車では当たり前の装備がオプションになっています。しかもオプションをセットで注文すると、かなりの金額に跳ね上がるかもしれません。
    ・3年程度での下取り価格は、かなり厳しいことになると思います(これが致命的で、私は過去にベンツにしました)。

    私の主観が入っていますが、この2車を天秤にかけて、ゴルフ ヴァリアントが勝てるのは、燃費だけだと思います。明らかにスバルの方がいいと思います。私が検討しているのなら、明日の予約初日の朝一番にお店へ出向きますね。

  • ゴルフは昔は故障は無いけど壊れた。クラッチとパワーウインドーがね。安心して乗れるかな今のゴルフは…。(-_-)

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

pitte

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

東京オートサロン2020特集コンパニオン

マイカー登録はこちら

オールシーズンタイヤ3選を試してみた

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

東京オートサロン2020特集

中古車フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントアクセスランキング
  1. 1位 TDI ハイライン マイスター
    TDI ハイライン マイスター
    3,380,000円(静岡)
  2. 2位
    R 4WD
    4,990,000円(京都)
  3. 3位
    R 4WD
    4,950,000円(滋賀)
  4. 4位
    Rライン
    1,799,000円(大阪)
  5. 5位
    TDI コンフォートライン マイスター ディーゼルターボ
    3,150,000円(石川)

※2020年1月21日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)