サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォルクスワーゲンMC版ゴルフを発表。GTIとRモデルはパフォーマンスを向上

ここから本文です

フォルクスワーゲンMC版ゴルフを発表。GTIとRモデルはパフォーマンスを向上

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(以下、VW)は5月25日、日本発売から4年が過ぎた7代目ゴルフのマイナーチェンジモデルを発表した。今回はゴルフ、ゴルフ ヴァリアント、ゴルフ オールトラックのシリーズが揃っての刷新となる。発売は5月29日から。

シャープさを増した印象のフロントデザイン

フロントでは、フェンダーまで切れ込んでよりシャープさを増した新形状のLEDヘッドライトとバンパーの意匠、リヤではバンパーの意匠変更に加えてLED化されたテールランプが新しい。さらにテールランプには、ウインカーの光が内側から外側に向かって流れるように光る「ダイナミックターンインジケーター」をVWとして初採用した。

アクティブインフォディスプレイなどを初採用

パサート、ティグアンに続き、メーターパネルに12.3インチの大型デジタルディスプレイを配置した「アクティブインフォディスプレイ」を初採用。純正インフォティメントシステムの「ディスカバープロ」と連動したマップなど、数種類のモードから選択した情報を表示することが可能だ。また、ディスカバープロのディスプレイも8インチから9.2インチに拡大した。全面フラットなタッチスクリーンとなり、さらにVW初採用となるジェスチャーコントロール機能を搭載。スクリーンの前で手を左右に動かすだけで、ホームメニュー切り替えやラジオの選局などができるようになった。

ゴルフ GTI、ゴルフ Rのパフォーマンスを向上

ベースモデルのパワートレーンに変更はなく、グレードに応じて1.2リッター直4ターボ(最高出力105ps/最大トルク175Nm)と1.4リッター直4ターボ(同140ps/同250Nm)を搭載。トランスミッションは7速DCTが組み合わせられる。

一方で、スポーツモデルのゴルフ GTI、ゴルフ Rの最高出力をアップ。ゴルフ GTIは230ps(先代比+10ps)となり、最大トルクは350Nmで変わらないもののギア比を最適化させたという。ゴルフ Rは310ps(先代比+30ps)に向上、最大トルクは6速MTでは380Nmと変わらないが、新開発の湿式クラッチを採用したDCT版では+20Nmの400Nmとなっている。

なお諸元表を眺めるとJC08モード燃費が各モデルとも先代に比べて若干悪化していることに気づくが、これはVWの社内基準をより厳格化して計測し直したものだという。来年秋に予定されている国際基準「WLTP」導入も見据えての処置のようだ。

渋滞時追従支援システムを新設定

これまでのレーンキープアシストとアダプティブクルーズコントロールをベースとした渋滞時追従支援システムを新設定。前後および横方向の動きを制御し、渋滞時の発進、停止、ステアリング操作を自動で行うことが可能になった(ドライバーがステアリングを握った状態で作動)。また30km/h未満で走行中に車両などの障害物を検知すると自動でブレーキをかける「シティエマージェンシーブレーキ」が歩行者検知にも対応した。

次のページ>>モデル別価格

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します