現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント」Rパフォーマンス トルクベクタリングを手に入れたその走りを検証する

ここから本文です

「フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント」Rパフォーマンス トルクベクタリングを手に入れたその走りを検証する

掲載 7
「フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント」Rパフォーマンス トルクベクタリングを手に入れたその走りを検証する

「フォルクスワーゲン ゴルフ」シリーズの最上級グレードとして君臨する「R」がフルモデルチェンジして日本に上陸。その進化をワインディングロードで確かめる。

史上最強のゴルフR誕生

最強の911 ポルシェ911 GT3 RSを徹底検証! その驚くべき動力性能とは? 車両&性能データを含むテストレポート!

「ゴルフ」のスポーツモデルといえば、初代から続く「GTI」とともに、近年では「R」を思い浮かべる人も多いだろう。Rは4代目「ゴルフ」の時代に、3.2リットルV6エンジンと4WDを搭載した「ゴルフR32」を起源とし、以来、「ゴルフ」シリーズのトップグレードとして君臨することになった。6代目「ゴルフ」の時代には、エンジンのダウンサイジングにより2リットル直列4気筒ターボを搭載する「ゴルフR」に変わり、7代目「ゴルフ」ではハッチバックに加えて、ステーションワゴン版が追加されるなど進化を重ね、GTIを上回る人気を手に入れている。

そんな、いまや「ゴルフ」にはなくてはならない存在の「ゴルフR」と「ゴルフRヴァリアント」が、ベースモデルのフルモデルチェンジにともない新世代に生まれ変わり、日本でもいよいよデリバリーがスタートした。

最新版の「ゴルフR」にも、引き続き2リットル直列4気筒ターボが搭載されるが、最新型の2.0 TSI“EA888 evo4”エンジンは、最高出力235kW(320ps)、最大トルク420Nmと、歴代の「ゴルフR」としては最強のスペックを誇る。これにデュアルクラッチギアボックスの7速DSGと、4WDの4MOTIONが組み合わされ、0-100km/h加速は4.7秒(ヴァリアントは4.9秒)を達成する。

Rパフォーマンス トルクベクタリングを標準装着

エンジンパワー以上に注目したいのが、Rモデル専用に開発された4MOTIONだ。通常の4MOTIONでは、エンジンのトルクをフロントとリアのアクスルに最適に配分するのだが、R専用の4MOTIONでは、リアアクスルの左右でトルク配分を自在にコントロールすることで、コーナリング性能を高める「Rパフォーマンス トルクベクタリング」が備わる。これにより、コーナリング中にリアの外輪により多くのトルクを配分することで、アンダーステアを抑えるというわけだ。

さらに、「ビークル ダイナミクス マネージャー」が、4MOTIONや可変ダンパーのDCC(オプション)などを統合制御することで、スポーツ性と快適性を両立させているという。

そんな最新版の「ゴルフR」から、今回はステーションワゴン版の「ゴルフRヴァリアント」を、箱根で開催された試乗会でチェックする機会を得た。

乗り心地の良さに驚く

逸る気持ちを抑えて、まずは「コンフォート」「スポーツ」「レース」のなかから、おとなしいコンフォートを選んで走り出す。すると、すこし硬めではあるものの、快適でマイルドなゴルフRヴァリアントの乗り心地に拍子抜けする。試乗車にはオプションの「DCCパッケージ」が選ばれ、タイヤは標準より1インチアップの235/35R19サイズが装着されているにもかかわらず、標準グレードの「ゴルフ ヴァリアントeTSI Rライン」よりむしろ快適に思えるほどである。

ゴルフのスポーツモデルの「GTI」と「R」にはそれぞれ異なるテーマカラーがある。GTIがレッド、Rがブルーである。たとえば、「ゴルフR」のヘッドライトとラジエターグリルには、その上部をブルーのラインが貫き、また、ブレーキキャリパーがブルーにペイントされるなど、エンブレムを見なくてもRであることが一目でわかる。

室内も、R専用にデザインされたヘッドレスト一体のトップスポーツシートやステアリングホイールにブルーのアクセントが与えられており、コックピットに収まった瞬間から、ドライバーの気持ちを高揚させてくれるのだ。

コンフォートよりスポーツ

一方、ゴルフ史上最強の2.0 TSIエンジンは、アクセル操作に対する反応がやや鈍く、おとなしい印象。そこでモードをコンフォートからスポーツに変えると、エンジンのレスポンスは一転して鋭くなり、「ゴルフR」らしいキャラクターに変身した。ただ、スポーツでは乗り心地が硬めになるので、エンジンのスポーティさと、乗り心地の快適さを両立したければ、モードを「カスタム」に設定し、DCCをコンフォート、他をスポーツにするのがお勧めである。

2.0 TSIエンジンは、相変わらず低回転から余裕あるトルクを発揮するが、7代目ゴルフの時代に比べてターボラグがよく抑えられており、加減速が連続する街中でも扱いやすい特性に仕上がっている。一方、アクセルペダルを深く踏み込めば、瞬時に鋭い加速が得られ、とくに4,000rpmあたりからレッドゾーンの6,500rpmまで一気に吹け上がるフィーリングは痛快そのものだ。

オン・ザ・レールのハンドリング

エンジンの力強さもさることながら、ハンドリング性能の高さも新型「ゴルフRヴァリアント」の見どころである。

前述のRパフォーマンス トルクベクタリングを手に入れたゴルフRヴァリアントは、まさにアンダーステア知らず。従来のゴルフRであれば、コーナーの途中でアクセルペダルを踏み込むと、クルマが外に膨らむアンダーステアを示していたが、この新型ではアクセルペダルを踏み込んでも、クルマは狙いどおりのラインをトレースし、コーナリングスピードもおのずと上がっていく。その際のリアタイアの接地感はとても高く、素早く安心してコーナーから脱出することができる。

まさに「オン・ザ・レール」のハンドリングを手に入れたゴルフRヴァリアント。ハッチバックのゴルフRとともに、ゴルフ史上最強のスポーツモデルといっても過言ではないだろう。

■テクニカルデータ:フォルクスワーゲン ゴルフRヴァリアント●エンジン:直列4気筒ターボ、フロント横置き ●排気量:1984cc ●最高出力:320ps@5350-6500rpm ●最大トルク:420Nm@2100-5350rpm ●駆動方式:4WD、7速DSG ●全長×全幅×全高:4650×1790×1465mm ●車両重量:1600kg ●トランク容量:611リットル ● 平均燃費(WLTCモード):12.2km/L ●車両本体価格:652万5000円

Text&Photo:生方 聡

こんな記事も読まれています

市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
WEB CARTOP
名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
【ポイントランキング】2024スーパーGT第1戦岡山終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーGT第1戦岡山終了時点
AUTOSPORT web
完勝のビニャーレス、3メーカーでの勝利達成に「アプリリアに移籍した日から達成できると確信していた」/第3戦アメリカズGP
完勝のビニャーレス、3メーカーでの勝利達成に「アプリリアに移籍した日から達成できると確信していた」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ホンダ、中国で次世代EV3モデルを発表。北京モーターショーで一般公開へ
ホンダ、中国で次世代EV3モデルを発表。北京モーターショーで一般公開へ
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ日本、EV「EQA」を一部改良 航続可能距離を591kmに延長
メルセデス・ベンツ日本、EV「EQA」を一部改良 航続可能距離を591kmに延長
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ新型「EQS」欧州登場 フラッグシップ電動セダンの表情が大きく変更 航続距離もさらに延長
メルセデス・ベンツ新型「EQS」欧州登場 フラッグシップ電動セダンの表情が大きく変更 航続距離もさらに延長
VAGUE
三菱「5ドアハッチ」どんな人が買う? スポーティな「ミラージュ」地位確立も今後は? 軽アルファード風も存在のタイ、コンパクト市場の現状は?
三菱「5ドアハッチ」どんな人が買う? スポーティな「ミラージュ」地位確立も今後は? 軽アルファード風も存在のタイ、コンパクト市場の現状は?
くるまのニュース
【MotoGP2024第3戦アメリカズGP】アプリリアのビニャーレスがスプリント・決勝レースの双方を制覇
【MotoGP2024第3戦アメリカズGP】アプリリアのビニャーレスがスプリント・決勝レースの双方を制覇
バイクのニュース
【試乗】ホンダの新型車WR-Vは「コスパ最強」なだけじゃない。乗ってみたら分かった、いま売れている理由とは?
【試乗】ホンダの新型車WR-Vは「コスパ最強」なだけじゃない。乗ってみたら分かった、いま売れている理由とは?
Webモーターマガジン
スコイコのレディース用新アイテム「メッシュライディングジャケット/肘膝プロテクター」が Baico にて4月下旬発売!
スコイコのレディース用新アイテム「メッシュライディングジャケット/肘膝プロテクター」が Baico にて4月下旬発売!
バイクブロス
日産がフォーミュラEサウンドをモチーフにしたサウンドトラック「エレクトリック・レガシィ」を公開
日産がフォーミュラEサウンドをモチーフにしたサウンドトラック「エレクトリック・レガシィ」を公開
THE EV TIMES
都心環状線「地中化」計画が具体化へ!? 首都高の京橋~汐留が「巨大緑地」に大変貌!? 銀座の「半地下区間」丸ごとフタする巨大計画とは
都心環状線「地中化」計画が具体化へ!? 首都高の京橋~汐留が「巨大緑地」に大変貌!? 銀座の「半地下区間」丸ごとフタする巨大計画とは
くるまのニュース
クルマ好きのためのLINEサービス『クルマら部』、友だち登録数2万人突破記念のキャンペーン開催
クルマ好きのためのLINEサービス『クルマら部』、友だち登録数2万人突破記念のキャンペーン開催
レスポンス
メルセデス・ベンツ、新型『EQA』を導入。容量70.5kWhのバッテリーで一充電走行距離は591kmに
メルセデス・ベンツ、新型『EQA』を導入。容量70.5kWhのバッテリーで一充電走行距離は591kmに
AUTOSPORT web
ファミリーで楽しめるバイクのお祭り!「まるごとバイクフェスティバル2024」がファインモータースクール上尾校で4/29に開催
ファミリーで楽しめるバイクのお祭り!「まるごとバイクフェスティバル2024」がファインモータースクール上尾校で4/29に開催
バイクブロス
SMZ の特定小型原付「V-Lite」がビックカメラ・ヨドバシカメラで店頭販売を開始!
SMZ の特定小型原付「V-Lite」がビックカメラ・ヨドバシカメラで店頭販売を開始!
バイクブロス
12サイズから選べる「女性ライダー専用ブラックスキニー」4月下旬より一般販売を開始!
12サイズから選べる「女性ライダー専用ブラックスキニー」4月下旬より一般販売を開始!
バイクブロス

みんなのコメント

7件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

704.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.2698.0万円

中古車を検索
ゴルフ R ヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

704.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.2698.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村