『こんにちは。トヨタ アルテッツァ前期型のMTに乗ってい...』 トヨタ アルテッツァ のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > アルテッツァ > みんなの質問 > こんにちは。トヨタ アルテッツァ前期型のMT...

『こんにちは。トヨタ アルテッツァ前期型のMT...』:トヨタ アルテッツァ

解決済みこんにちは。トヨタ アルテッツァ前期型のMTに乗っているものです。

こんにちは。トヨタ アルテッツァ前期型のMTに乗っているものです。最近、アルテッツァに乗っているの異音がします。おそらくクラッチ周りかと思います。その理由は、下記になります。

ギアはNのときになる。

クラッチを踏むと音が消える。ほんの少し、足を乗せる程度でも消える。

音は鈴虫が泣いているような、リリリリリリという音がアイドリングの振動と一緒に泣いている感じ。

走行中も低速時にはなんとなくなっている気がします。なにぶん、ノーマルとはいえうるさい車なので、走行中ははっきりとはわかりません。

ちなみに、三ヶ月前にクラッチと、レリーズは純正品に交換しました。

そのため、摩耗などは考えづらいのですが…。

お心当たりのある方、このまま乗り続けて良いものなのか、また、対策などはあるのかなど、ご教授いただけると助かります。

どんな手がかりでも、助かります。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

レリーズホークベアリングカラー接触部分の摩耗。
ここが摩耗すると辺りが悪くなり音が出ます。

レリーズホーククランプ爪がしっかり固定されていない。
これも同じような小さな音が発生します。
ピボット部分の摩耗
爪が緩んでいる。ガタが原因で発生します。

ホイールシリンダーピストンの戻り不良。
これも同様に音が発生します。

クラッチを軽く踏んで消えるのであればこの3か所を疑います。

点検方法

ニュートラル状態でエンジンをかける。
音が出ている時にレリーズホークを手でつかんで音が止まる。
とまればレリーズホーク回りを疑います。

音が出ている時にレリーズホークとレリーズシリンダーピストンロッドの接合部にグリスを塗って見て下さい。
これでとまるのであればレリーズインナーキットが綺麗に動かずに手前で引っかかている段付き摩耗を疑います。

症状が出ている時に下側で確認して見つけるしか方法がありません。


このブログでは踏むと異音になっていますがそこは気にしないで下さい。

わかりやすいと思いますので参考に貼付しておきます。

回答一覧

3件中 1~3件
  • >鈴虫が泣いているような
    >ほんの少し、足を乗せる程度でも消える。

    整備の実務に就いてる人間は、ほぼ9割以上の方が、
    ある部品を疑います。

    >三ヶ月前にクラッチと、レリーズは純正品に交換

    この際、普通の業者さんでしたら、パイロットベアリングをセット交換します。
    ¥1000+αの 部品代節約のために、ご経験の様な事態を回避する為です。
    (この車は、フライホイールに着いてる部品なので作業時間負担は、ほぼ倍!)

    現車確認出来ないので、例外的なケースも想定されますが、
    文面からの、絞り込みは、パイロットベアリングが、最右翼です。

    ご参考まで。

  • クラッチを踏むと音が消える。ほんの少し、足を乗せる程度でも消える。


    クラッチ関係の作業では・・

  • レリーズベアリングじゃないかと思うけど。

    >>ちなみに、三ヶ月前にクラッチと、レリーズは純正品に交換しました。

    クラッチカバーとレリーズベアリングは交換しましたか?

    交換したのならレリーズシリンダーのエア噛みか故障とか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。