サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサス RX350試乗 注目技術 & グレード

ここから本文です

レクサス RX350試乗 注目技術 & グレード

ハリアーのモデルチェンジではない!?

北米で大きく育ったレクサスブランドが、日本国内に導入されたのは2005年。SCやGS、ISそしてLSという新型車攻勢を含め、順調に国内立ち上げを果たしたわけだが、ここ最近は不調ともいえる状況が続いている。それは見込み客を含め新車が行きわたり、新規客の開拓や代替えが思うように進まないからだろう。だが、今年に入りその状況を打開する可能性を秘めたクルマが新たに加わった。

それがレクサスRX。クルマに詳しい方であればご存じだと思うが、RXは北米レクサスブランドに存在していたクルマで、日本国内で言うところのハリアーに当たるモデル。それがこの度フルモデルチェンジを果たして、ハリアーではなくRXとして導入されたわけだ。

早速、その内容をお伝えしたいと思うのだが、その前に一つ触れておかねばならないことがある。それがRXを取り巻く特殊な販売体制。正確にはハリアーとRXを取り巻く環境と言った方が良いが、新型RXがレクサスとして登場した今もなお、既存のハリアーはモデルチェンジをせずにトヨタとして売られている。今までの傾向を見る限り、ソアラが意匠変更されSCとしてレクサスに導入されたときも、そしてアリストがGS、アルテッツァがISさらにはセルシオがLSとしてフルモデルチェンジされてレクサスに導入されたときも、既存モデルはトヨタのラインナップから落とされていた。

それら過去の事例からすると今回は異例であり、販売店であるトヨタ店やカローラ店の稼ぎ頭であるハリアーを、メーカーとして取り上げる選択ができなかった苦肉の策ではないかと予想できる。だが、今でもカッコ良いフォルムと共に人気の高いハリアーが継続販売されることは、ハリアーファンからすれば、一つ前のモデルと言われることもないし、うれしい限りだろう。だがRXの購入を考える方にとっては、ハリアーとの間に生じる約140万円の価格差をどのように捉えるか、悩みどころ。そこで今回は、その観点でRXを紹介していきたいと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します