スズキ エスクード のみんなの質問

解決済み
回答数:
5
5
閲覧数:
195
0

どちらの車の方が日常(豪雪地帯)での使い勝手や悪路走破性能が高いですか?

片方はジムニー、ジムニーシエラとします。
ブレーキLSDにより空転を止めて確実に駆動力を伝える能力があります。

最低地上高もかなり高い部類なので亀の子になる危険性は少ないですが、足が伸びる分雪の中にダイブしたとき、本当に亀の子になった後の脱出が不安です。



もう片方は同じくスズキで、ALLGRIPシステム搭載車とします。
エスクードやSX4Sクロス、またその前身であるi-AWDを搭載したSX4やキザシです。
これらはブレーキLSDと呼ばれるシステムこそついてませんが、LOCKモードを搭載しており、内容としては似たようなもので空転輪を止めて駆動輪にのみトルクを配分してくれます。
前後輪を電子的に直結させることで高い走破性を持っています。
まぁ最低地上高はジムニーに劣りますが。
また日常使いの面においては車両協調制御システムも搭載しているため、ジムニーのようにパートタイムで解決するのではなく、AWD時であってもカーブでドライビングに影響がないように制御が可能です。

https://youtu.be/iNTkud148fI?si=yDzoth2elgXYGFIh

補足

馬力の面でもジムニーシエラと比較対象の車では1.5~2倍近い差があります

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

エスクードのALL GRIPは対角輪のブレーキLSDも搭載しているので日常レベルでの悪路なら空転は抑えられるので使えると思います。
AUTOでもLOOKに近い状態まで電子制御するのでただの電子制御4WDよりは悪路走行性能も高いです。
いちいち切り替えなくても使えるので使い勝手はエスクードの方が高いと思いますよ。
MCでAGSハイブリッドになったので、ジムニーで行くような本格的な悪路をノロノロ走るとクラッチが焦げそうですけどね・・

周りの車がジムニーやランクルみたいなのしかない地域ならともかく、悪路といっても普通の車が走っている程度なら、燃費や乗り心地を捨ててまでジムニーがいるかといえばいらないのでは。

その他の回答 (4件)

  • ブレーキLSDは、雪深い所でスタックしてからではあんまり役にたちません。意味あるのは対角線スタックのみです。亀になればデフロックも同様に役不足です。そんな場面はスコップやラダー、ウインチが必要です。
    で、パートタイム4WDは4駆にすると前後は直結です。スタート時のトラクション面ではフルタイム4WDの擬似的ロックモードより上となります。

    「○○モード」とつくのは擬似を指してます。
    直結は表現が「ロック」となります。

    エスクードは言うまでもなく、上記のような場面では、ジムニー以下です。

    雪道運転事態はジムニーより楽だと思います。

  • 北海道でジムニー乗ってます。
    日常の雪道の乗りやすさと走破性は相反します。

    ジムニーは「スタックしない」事だけに特化しているので、深雪や緩んだ積雪、路肩の除雪を乗り越えるなど道とは呼べない状況を越える性能はズバ抜けています。
    得意場面は異なるけど匹敵するのはランクルくらいかと。

    そのかわり圧雪やアイスバーンなど、いわゆる「雪道」は4WDでは安定しなくてスピンしそうで冷や汗、かと言って2WDでは単なるFRでどっちでも走りにくいです。 最悪なのは断続的に舗装が出ている曲線路。
    当然ながら雪が無い季節の舗装路を走る車としては最悪。

    常識的な人間ならジムニーで亀になる程は突っ込まない、、と言うか精神的に突っ込めないし直結4WDなので路肩から落ちたりしなければラダーで脱出できます。

    「道」と認識できない場所に乗り込む必要性があるか無いかがジムニーを選択する目安かと。

    似たような質問は多く見ますが、他車種と迷う人にはジムニーはお勧めできません。

  • 豪雪地帯と呼ばれる所は除雪能力がかなり高いので、一般道は4WDじゃなくても普通に走れます。
    なので、使い勝手は車内が広いエスクードなどでしょうね。

    悪路走破性能は、ジムニーの方が高いかもしれません。

  • 豪雪地帯や悪路での使い勝手や走破性能を考えると、ジムニーやジムニーシエラはその高い最低地上高とブレーキLSDによる駆動力の確実な伝達能力から優れた性能を発揮します。しかし、雪中での脱出が難しい可能性もあります。

    一方、ALLGRIPシステム搭載車は、LOCKモードによる駆動輪へのトルク配分や前後輪の電子的直結による高い走破性、そして日常使いに便利な車両協調制御システムを備えています。ただし、最低地上高はジムニーシリーズに劣ります。

    結論として、豪雪地帯や悪路での走破性能を重視するならジムニーシリーズ、日常使いやドライビングの快適さを重視するならALLGRIPシステム搭載車が適していると言えます。

    ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

    ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

スズキ エスクード 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

スズキ エスクードのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離