現在位置: > > > > > フリードスパイクはファミリーカーとしてどうでし...

『フリードスパイクはファミリーカーとしてどうでし...』:ホンダ フリードスパイク

解決済みフリードスパイクはファミリーカーとしてどうでしょうか? ホンダのフリードスパイクの新車購入を検討しています。 主に夫婦2名+子供2歳+子供0歳の4名での使用になります。(たまに大人1名が

フリードスパイクはファミリーカーとしてどうでしょうか?
ホンダのフリードスパイクの新車購入を検討しています。
主に夫婦2名+子供2歳+子供0歳の4名での使用になります。(たまに大人1名が追加で乗ることも。)
まだ小さい子供が2人いるため、チャイルドシートは2台、ベビーカーも1台、子供の荷物も多くなりそうです。
車の希望としては、荷物がたくさん置けること、圧迫感がないこと、スライドドアは必須、ステップワゴンクラスの大きさの車は今は検討から外しています。(トヨタのシエンタもパス)
燃費も気にしているためハイブリッドも考えています。
実際乗られている方、使用感、乗り心地などいかがでしょうか?
6、7年は乗ることになりそうなので、長い目で見てもどうでしょうか?(大人2名+小学生2人で旅行など)
実際の車を見たいところですが、近くには展示車がありませんでした。

ベストアンサーに選ばれた回答

スパイクは検討しましたが、今現在はフリードハイブリッドに乗ってます。

4人家族で、中学生、小学生の子ども。部活の関係で、たまに4,5人の引率を行う事もあるので。

スパイクは ラゲッジルームが大きく取れるかも、と思い候補に挙がっていましたが、後方窓が塞がってる事が(視認性が悪くなるので)ネックとなり、また 二列目シートが前後にスライドできないなどの、使い勝手がイマイチなので、結局 やめました。

荷物はスパイクでも思った程には積めなさそうでした。
現在 フリードの他に シエンタを所有していますが、ラゲッジルームの広さ、シートアレンジは断然、シエンタの方が良いです。

シエンタでは、三列目は二列目シートの下にビルトイン出来、二列目を畳めば、自転車バイクくらいなら楽々つめますし、車いすが4台載りました。

室内空間は 二列目の足元は、シエンタの方が広く取れます。
なぜシエンタを外してるのか、分らないですが。

で、燃費ですが。

ハイブリッドでも悪いですよ。
『これ、本当にハイブリッド!?』って思う位、恥ずかしいほど 悪いです(笑)
シエンタと変わらんやん! みたいな。

ただし、同じ1500ccで比べると、パワーは段違いですね。
加速感も、パワーも。シエンタで感じていたイライラが全くないです。(シエンタは 燃費が良い分 加速やスタートダッシュが悪いので)
乗りやすいと思います。

単純に乗ってて楽しいです。取り回しも楽だし、動かしやすい。
あと、バックモニターが見やすい(特に夜間のモニターが、はっきり見えるので すごく良いです)

でも、ナビの画像が見にくい(画質がではなく、画面のイラストが分りにくい)とかいう 不満はあります。

まあ、悪くはないかな。と思います(スパイクでも)
お子さんが小さいので、海とか山とか行くでしょう?

6,7年乗るなら、私はシエンタを推しますけどね~(ラゲッジルームで子供の着替えが出来るくらい広いから。あと、チャイルドシートの取り付けもしやすいですし。

二つ付けるなら、フリードのキャプテンシートの方が、使い勝手は良いかな?(ウチは3列目は折りたたんでます。ただし、跳ね上げて収納すると、後方窓が塞がるので、畳んでるだけ)

まあ、実際に見て乗った方が良いと思う。

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • 自分も、フリードスパイクが気になって、数日前、試乗に行き、ディーラーさんから詳しい話を聞きました。

    フリードスパイクは、大人3人+子供2人でも十分乗れると思います。
    オプションも多く、スパイク専用の車内網戸やカーテン、スカイルーフ(天窓)なども付けられるので、旅行には適していますね☆

    しかし、フリードスパイクは、納車に大分時間がかかるようです。自分は、4月~5月頃と言われました。それに、5月か6月頃にスパイクの特別仕様車が発売されるそうです(ディーラーから口頭で聞いただけなので、確証は持てませんが…)。

    2WDをお求めなら、良いと思います。ちなみに、自分の希望する4WDの場合は、スカイルーフが付けられず、気に入った水色もなく、燃費もさほど良くなかったので、保留状態ですね(>_<)

  • フリードスパイクハイブリッドに乗って約一年が経ちます。私の家族構成も夫婦2名+子ども二人(2歳半、0歳)で、チャイルドシート2台載せています。リヤシートなどは足元が広々としていて友人達にも好評ですがどういしても、もう大人一名と考えると圧迫感がでると思います。がラゲッジスペースは言うことありません。ベビーカーを置いても、荷物は十分に積めると思います。走行について燃費は運転の仕方や状況によって変わってきます。長距離の旅行などではカタログ値の21ℓ/kまでのびますし、夏場のエアコン、近距離走行では13ℓ/k位まで落ちてしまいます。現在までの平均は16ℓ/kです(タイヤはインチアップして16インチですので純正ならもう少し伸びますね)。加速はECON(エコモード)中はアクセルを踏み込んだ時には鈍さを感じるかもしれませんがそういった必要性もあまりありませんし、OFFにすれば十分な加速はしてくれます。高速道路の合流など問題なし。他社製のハイブリッドに比べると燃費性能は落ちると思います。オプションで両側電動スライドドアは重宝してます。確かに、このタイプのハイブリッドは賛否両論ありますが、外観、荷室の広さ(1.5ℓクラス)、燃費性能、静粛性、使用感などトータル的に考えスパイクに決め十分に満足しています。

  • ホンダの開発者は4人家族くらいの理想のファミリーカーを目指したのがフリードスパイクのようです。

    うちは体格的には大人5人のファミリーカーとして利用していますが、不自由なく乗れます。

    一番困るのは5人で海外旅行に行くのにトランクなど荷物を満載したりたくさんのお土産を積むことを考えるとやはり5人は乗れなくて4人で一人は近くまで通勤定期があり電車で行きます。旅行の帰りに会社に直行なんてこともありますからそれもありです。
    子供がまだ大きくなる前に旅行先で病気になり、トランク部に小さな布団を敷いて周りを荷物で囲むようにして連れて帰りましたが、後席から世話もできます。ベビーシートはトランクはいけないのかもしれませんが、フリードスパイクにはフロアなどにも多くのフックがあり、もし固定するにもろーふなどで簡単には止まります。
    チャイルドシートを二つ付ければ後ろの間にもう一人乗るのは確かにつらいですが、しっかりと5人乗る事はほんの稀なことなら、いかようにも工夫できると思いますし、あくまで四人家族での旅行やキャンプなどを楽しむのに最適な方が良いと思います。
    シエンタはあくまでバスと言われていますので触れませんが、フリードの3列目シートを取り払っただけでなく、後席に十分な余裕があるようシートを後方にずらしていますから、前後に身長180㎝代の息子たちが乗る事も楽にできます。

    前後席に2人づつなら楽に何泊でも旅行をしても疲れませんし山ほど荷物を積めます。

    フリードの3列目シートはまずまずのサイズですが、後ろに跳ね上げタイプですから、跳ね上げても荷物を積むスペースは限られますし、何より後方視界をふさぎます。

    フリードスパイクの後部がパネル化されて視界が悪いと騒いでいた人も居たりしましたが、実際に高速などの合流などでも見やすいサイドミラーや後方、速報の窓で十分確認できますから、怖い目の一度もあったことは有りません。

    フリードの後部窓自体もそれほど大きくなく見やすいわけでもありませんし、シートを跳ね上げる方がリア窓の邪魔になります。しかも後席に人を乗せたり、後席ヘッドレストを通常の位置にすればそんな小窓が有ろうが無かろうが視界は変わりません。

    フリードスパイクの最大の良い所は後席を前にパタンと倒すだけで全くフラットなスペースが長さ2mにもなりますから、ホームセンターで建材やアウトレットで大きな家具などを買って帰る事もできます。分割式で、3人あるいは4人乗っても長物が積めますし、お子さんが居ると意外と自転車を積む機会なんかもありますから、女性一人でも自転車が積める数少ない車です。

    予算的に何とかなるならやはりハイブリッドをお勧めします。燃費は乗り方などで違うと思いますが、やはり真夏や冬は落ちるとしても年間の総平均実用燃費は17㎞程度ですからおとなしく走ればそれくらいはいくと思います。

    勿論高速でも法定速度以内で追い越しはほとんどしませんが、走行車線を流れに乗って走ります。

    いくらハイブリットでも飛ばせばそれなりに燃費は悪くなります。

    そしてハイブリッドの良さは低燃費意外にモーターアシストが力強くフル乗車でも楽々走れることとハイブリッド専用の遮音材や遮音ガラスなどで異例なほど静かです。

    後はオプションですが、うちはナビとETCとフロアマットくらいにしました。

    フリードスパイクには後ろのストップランプ部が、後方視界支援ミラーになっていますから、ある程度は直後の障害も見えますし、ドアミラーもサイドの窓も見やすいですから、バックモニターも付けないシンプルなナビにしました。

    そこまでは特にお勧めしませんが、人が変わって運転しても、バックモニターも必要ないほど視界は良いと言っています。

    フリードを推薦される人も居られますが、私も3列シート車に乗っていた頃は、お宅の車は沢山乗れるから迎えに来てとか乗せて行ってと断れずによその子を乗せたりしていましたが、いくら善意で乗せても万が一の時の運転者の責任は逃れません。

    その怖さがありますから、3列シート車は一度だけにして、うちは何人かしか乗れませんからとお断りしやすくなりました。

    万が一たくさんの人が乗る必要があっても、近くなり身内なりに車を持っている人はいくらでいますから、2台にすれば軽と2台でも9人は余裕で乗れますので、それくらいの割り切りは必要です。

    本当に3列シートを利用する気ならやはりステップワゴンクラスをお勧めせざるを得ないと思います。

    2列シートでこのクラスでこのスペースが最大の売りがフリードスパイクです。

    私は趣味でオートキャンプ場でスパイク内で車中泊もよく楽しんでいます。

    普段仕事で一人で走るときは広すぎるくらいのフリードスパイクですが、ガソリン代が安上がりなので家計的には楽です。

    フリードスパイクのハイブリッドを、なんちゃってハイブリッドと悪口を言う人も居ますが、この人は個人的にIMAが単に個人的に嫌いと公言しています。
    当初からトヨタと違う方向でシンプルで低価格でスペースも取らない方式のハイブリッド方式を取っていたホンダですが、確かにトヨタ方式程は低燃費にはなりませんが、コンパクトクラスのパワーアップや静寂性なども含めて価格を抑えたハイブリッドはそれなりに評価されます。

    ( 既にトヨタのプリウスやアクアの方式も年式が古く、複雑で高価でスペースを取りますから、コンパクトカーには向かず、コンパクトクラスの四駆もできませんから、トヨタもコンパクトクラスに向いたハイブリッドのシステムを開発をし直す必要があるかもしれません)

    FIT3ではそれを元に更なる発展型の新方式が開発されましが、それはIMAはIMAの良さは有りますから、決して失策ではなく、必要なシステムの経験と実績の積み上げです。
    特にホンダの車は次々と新開発が進みますから、年代の差で仕方が有りません。

    IMAの開発をやめたのはあくまで発展型に切り替えて行くからで、来年あたりのモデルチェンジでは新方式になる筈ですから、それまで待てるならそれも良いですが、待てないなら今の方式でも価格の割には燃費もパワーも違いますから、価格差以上の価値は有ります。

    フリードを選ぶ人の約7割の方がハイブリッドを必要と思い購入されています。

    内容も良くわからないで割高などと言う実際に所有もしていない人の意見は無視してください。

    単にホンダ嫌いの人の書き込みもありますが、フリードスパイクと軽ワンボックスバンの差もわからない人の意見は気にしないでください。

    フリードスパイクで大人5人の泊りがけ旅行は毎年行きますが、4家族9人の時はレンタカーでハイエースを借りたことを書けばいくら言っもごっちゃまぜにしか理解できない人のようです。

  • 車の企画としては良かったんでしょうけど車がねー・・・・・・・。
    まあ、価格の割には安っぽいと言うか内装なんて軽並みですしねー、エンジン非力で走りませんし
    加速なんか下手な軽以下ですからねー・・・まあ、この車と比較するなら軽のワンボックスにするかなー
    そんな車ですからねー、ハイブリッドは多少走りますよ、でも価格はステップワゴンに追いつきますし
    使い勝手も、走りもステップワゴンが数段上ですからねー・・・・
    子供載せてこの車で旅行などは遠慮したいものです。買い物や送り迎えにはちょうどいいですけどねー。
    下にこの車を褒め称えているホンダ爺さんと言う人がいますが、彼自身が旅行に行くときは良い車を
    レンタルすればよいと書いていたぐらいですからねー・・・再考したほうがいいと思いますが・・・。

  • 安っぽい車ですが比較的高額な車です。
    どうしてもこれしか眼中にないというのであれば仕方ありませんが、すでに改良中止を決めたなんちゃってハイブリッド(IMA)は燃費もあまり伸びず無駄な投資になってしまいますのでやめましょう。

    ホンダ爺さんが、一旦削除したと思いきや上に!?
    >当初からトヨタと違う方向でシンプルで低価格でスペースも取らない方式のハイブリッド方式を取っていたホンダ
    ⇒ホンダも失策に気づいて方向転換したのが新型フィットHVの方式です。

    >既にトヨタのプリウスやアクアの方式も年式が古く、複雑で高価でスペースを取りますから、コンパクトカーには向かず、コンパクトクラスの四駆もできませんから、IMAの゜次になんちゃってハイブリッドと言うのでしょうか?
    ⇒トヨタ方式は他社の追随を許さないとても優れものです。また、現行フィットHVのような欠陥車ではありません。
    そもそもコンパクトクラスは価格が安いことが最大のメリットです。奥様方の買い物や送り迎えが中心の街乗り用の車ですので、ハイブリッドなんて必要ありません。

    >FIT3でそれを元に更なる発展型の新方式が開発されましが、それはIMAからの経験と実績の積み上げですから、年代の差で仕方が有りません。
    ⇒ですから、ホンダも失策に気づいて方向転換したのが現行フィットHVの方式です。新たに開発したもので、IMAとは全く異なる方式ですので、進化型ではありません。

  • ステップワゴンだめ、シエンタだめ、、、。
    もうフリードスパイクに決定済みのようですが、チャイルドシート2脚をセカンドシートに付けてしまうと、大人3人乗車は厳しいですよ。

    せめてフリードにした方がいいかと。

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フリードスパイクアクセスランキング
  1. 1位 1.5 G エアロ
    1.5 G エアロ
    378,000円(茨城)
  2. 2位
    1.5 G ジャストセレクション
    499,000円(大阪)
  3. 3位
    1.5 G エアロ
    198,000円(愛知)
  4. 4位
    1.5 C
    150,000円(岐阜)
  5. 5位
    1.5 G ジャストセレクション
    258,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)