現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記|ホンダ・GB3/4前期フリードスパイク(2010年7月~2011年10月)

ここから本文です

中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記|ホンダ・GB3/4前期フリードスパイク(2010年7月~2011年10月)

掲載 更新
中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記|ホンダ・GB3/4前期フリードスパイク(2010年7月~2011年10月)

新発想「反転フロアボード」搭載の広々コンパクト

HONDA/FREED Spike
ホンダ/フリードスパイク(GB3/4) 2010年7月初代デビュー

神奈川県編 その2|いま売れているカーグッズはコレ! カー用品・販売ランキングBEST5|ジェームス トレッサ横浜店

本誌でも既報の通り、フリードの新しいバリエーションとしてフリード・スパイクが登場した。3列シートの「ちょうどいい」ファミリーカーを旨とする本家フリードとは異なることはもとより、2列シート&5人乗り仕様のFLEXに対しても2列目のシートアレンジやラゲッジルームの機能性などを異にしたアクティブギア。

コンセプトは「アナザーライフスタイルクリエーター」だ。

エクステリアはフリードに比べ、独自のキャラクター性が与えられている。フロントまわりは専用のグリル&バンパーが与えられてグッと押し出し感の強い表情に。そんなフロントビューよりもさらに個性的なのがリアクォーターまわりで、クォーターウインドウはなくボディ同色のパネルがあてがわれている。

これはラゲッジルームの両サイドに様々な収納が設けられているためでもあるのだが、ノーマルのフリードとはガラリと印象を変えるエクステリアのポイントになっている。また、リアコンビランプも専用デザインだ。

ダッシュボードまわりは、専用のブルー照明メーターや加飾パネルなどにより、スパイク独自の演出が図られている。

2列目シート~ラゲッジルームはスパイクならではの仕様が満載だ。まず2列目シートは収納方式がフリードとは異なり、シートバックを前倒しにすると座面も沈み込むダイブダウン式。これによりラゲッジに設置されている反転フロアボードと同じ高さとなり、広大なフラットスペースが出来上がる。

荷室長は最大で2015mm、幅はホイールハウス間で1010mm。フラットモード時の荷室高は1070mmだ。そして反転フロアボードはアルミと樹脂の軽量設計なので片手で簡単に天地反転が可能で、より荷室高を稼ぐスロープモードにすれば最大1185mmの荷室高となる。

シート、反転フロアボードとも6:4分割なので、左右でモードを変えたり、3名乗車のアレンジも出来る。フラットモードでは大人が寝るスペース、スロープモードではバイクの積載など、ラゲッジ両サイドのユーティリティとも合わせて使い方は無限大といえそうだ。

エンジンは1・5ℓVTECで、FFはCVT、4WDは5速AT。FFはエコカー減税に適合している。

後方視界をサポートする後方視界支援ミラーは、バックモニターがなくても重宝するローテクを活かしたアイデアものだ。

ブラック内装を基調に、ワイドに伸びるインテリアパネルをチタン調に加飾。操作系は使いやすさを考慮して、機能ごとに分類して配置している。


シートはフロント、リアともに大型でホールド性とクッション性を兼備。特にリアは、ダイブダウンのために全体を薄くしながらも快適な乗り心地を確保。


カーゴルームをより機能的に利用できるよう、サイドにもいろいろなアイデアが。ビルトインテーブルやカーゴスポットライトはGジャストセレクション以上のタイプに標準装備。

タイプ別設定となる後方死角支援ミラーは、凹凸面鏡の採用で、車内から死角になりがちな後方エリアの確認が可能に。

Gジャストセレクション以上のタイプに装着される運転席&助手席側のドリンクホルダーは照明付となる。



左右別々に反転させて高さを変えられる反転フロアボードが、フルフラットモードや、最大荷室高が1185mmになるフルスロープモード等、カーゴルームの多彩なアレンジを可能にしている。

純正アクセサリーで、スパイクの可能性がもっと広がる



モデューロブランドのエアロはフロント、サイド、リア&テールゲートスポイラーという構成。サイドにはドアの開閉に連動したウェルカムライトが装着される。メッキタイプのフロントグリルはもちろんのこと、ドアハンドルプロテクションカバーは出色だ。インテリアはシートカバーやインテリアパネル、LEDルーフ照明はもちろんのこと、カーゴルームの使い勝手がさらに広がるシステムカーゴトレイやルーフインサイドレール、スクリーンシェード等、多彩に用意されている。

※記事の内容、価格、スペック等は2010年8月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

こんな記事も読まれています

マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
ベストカーWeb
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
AUTOSPORT web
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
グーネット
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
グーネット
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
AUTOSPORT web
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.6235.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8136.8万円

中古車を検索
フリードスパイクの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.6235.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8136.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村