サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソリオバンディットとフリードスパイク。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です

ソリオバンディットとフリードスパイク。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

後席にスライドドアを持つコンパクトでちょっと背高いワゴンが、スズキ・ソリオバンディットとホンダ・フリードスパイク。高いスペース効率と前後席のウォークスルーが可能なのも両モデルの特徴だ。扱いやすくて「使える」コンパクト2モデル。そのパッケージングとトランクスペースを比べてみよう。

 ソリオのルーツは初代ワゴンRのプラットフォームを活用し1997年に登場したワゴンRワイドにたどり着く。2代目ワゴンRの途中から「ワゴンRソリオ」となり、その後の一部改良時に「ソリオ」という車名が単体で使われるようになった。現行のソリオは、ソリオとして三代目。バンディットは、ソリオのフロント、テール、インテリアのデザインを変更した上級モデルという位置づけだ。パワートレーンは、1.2ℓ直4DOHC+マイルドハイブリッドだ。
 一方のフリードスパイクは、多彩な使い方可能な荷室が魅力のコンパクトハイトワゴン。1.5ℓ直4SOHC+IMA(インテクグレーテッド・モーターアシスト)のハイブリッドだ。
 まずは、全体のサイズ比較から。

プジョー3008と5008、2列と3列シート以外にどこが違う?

ソリオバンディット ハイブリッドMV 全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm ホイールベース:2480mm ミラーtoミラー:1940mm

ソリオバンディット ハイブリッドMV
全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm
ホイールベース:2480mm
車重:950kg
エンジン:直列4気筒DOHC
最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
最大トルク:180Nm(12.0kgm)/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:4.8m
JC08モード燃費:27.8km/ℓ
車両本体価格:182万5200円

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション 全長×全幅×全高:4210×1695×1715mm ホイールベース:2740mm ミラーtoミラー:1990mm

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション
全長×全幅×全高:4210×1695×1715mm
ホイールベース:2740mm
車重:1400kg
エンジン:直列4気筒SOHC
最高出力:88ps(65kW)/5400rpm
最大トルク:132Nm(13.5kgm)/4200rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.2m
JC08モード燃費:21.6km/ℓ
車両本体価格:238万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

ソリオバンディット ハイブリッドMV 室内長×室内幅×室内高:2515×1420×1360mm

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション 室内長×室内幅×室内高:2025×1440×1265mm

ソリオバンディット ハイブリッドMV

通常時の奥行きは後席をスライドさせることで575mmまで拡大可能。その状態でも後席のニースペースには約200mmのゆとりが残り、実に快適だ。FF車には容量100ℓの実用的な床下収納も備わる。

フリードスパイク ハイブリッドジャストセレクション

荷室の高さや形状を使い分けられる便利な反転フロアボードを採用。ボディサイズで勝る分、フロア各部の寸法も幅以外はソリオを上回り、特に後席格納時の最大奥行きの広さは大きく優位に立っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します