現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】フリードスパイクはアクティブライフに対応する「走るベースキャンプ」だった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】フリードスパイクはアクティブライフに対応する「走るベースキャンプ」だった【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 1
【試乗】フリードスパイクはアクティブライフに対応する「走るベースキャンプ」だった【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ホンダ フリード スパイクだ。

ホンダ フリード スパイク(2010年:初代)
高人気を持続しているホンダのコンパクト ミニバン、フリード。その前身であるモビリオ時代に派生モデルとして生まれた「スパイク」が、現行のフリードにも追加設定された。7人乗りだったモビリオを5人乗り仕様にしたことで「広い室内」を標榜していた。そのコンセプトはマーケットに受け入れられ、モビリオ シリーズの累計販売台数の約半数をスパイクが占めるほどの人気を集めた。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

今回のフリード スパイクでも、そのコンセプトは継承されているが、テーマはさらに深化し、いかに広い室内スペースを、どう「遊ぶ」のか?と考え、「趣味に使う便利な道具」として見立ててきた。つまり、フリード スパイクが目指すのは「趣味や遊びの基点となる走るベースキャンプの創造」。ワクワクするような遊び心をテーマに掲げている。

その目玉となるのが、アイディア装備の反転フロアボードだ。ラゲッジスペースのフロアボードをひっくり返すことで、カーゴルームの床をフラットにも、スロープ付きの低いものに変えることができる。実際に反転フロアボードを試してみると、思った以上に軽量かつ剛性感があることに驚いた。重量は小さい右側(運転席側)で2.7kg、大きな左側で4.7kg。樹脂製のボード本体にはアルミの補強材が内蔵されているので、少々重いものを載せても、床がヘナヘナとしなることもない。

また、2列目シートの背もたれはワンモーションで倒れ、しかも、倒れたシートバックが反転フロアボードと同じ高さでフラットになる。この状態で全長180cmほどのエアベッドを敷き詰めることもできる。つまり、フラットな床で車中泊も快適至極というワケだ。もう少し上下方向にスペースが必要な場合は、反転フロアボードをクルリとひっくり返せばOK。マウンテンバイクだって分解不要、立てたまま搭載が可能だ。

アクティブなオーナーの、頼もしい相棒に
そんなカーゴルームに、さらなる便利さをプラスするのが、室内リアサイドのユーティリティたち。テーブルからライト、トレイ、ポケット、ドリンクホルダー、フックなどが用意されている。クルマを停めて、リアゲートを開ければ、そこには即座に収納や作業をするスペースが現れる。荷物を運ぶだけでなく、目的地に着いてリアゲートを開ければ、そこに遊びのベースキャンプが開設できる。これぞ、フリード スパイクならではの魅力だ。

走りは、ベースとなるフリードそのもの。パワーユニットは定評のある1.5Lのi-VTECエンジンとトルクコンバーター付きCVT(4WDモデルは5速AT)との組み合わせで、俊敏さと低燃費を両立。FFモデルは燃費基準+25%を達成している。4210mmの全長と5.2mの最小回転半径も、フリードと変わらない。狭い場所での取り回しの良さも、フリード スパイクの美点のひとつだ。

しかも、両側スライドドアはスイッチひとつで開閉可能なパワースライドドアを設定(左右両側はGiエアロのみ標準装備)。荷物を抱えたままでの乗り降りを手助けしてくれる。

パッケージングと走り、取り回しの良さに定評のあるフリードに、「遊び」というスパイスを加味したフリード スパイク。先代のモビリオ スパイク同様、いや、それ以上に、アクティブなオーナーにとって出かけるのが心待ちになる、頼もしい相棒になるだろう。

フリードスパイク Gエアロ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4210×1695×1715mm
●ホイールベース:2740mm
●車両重量:1290kg
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:1496cc
●最高出力:87kW(118ps)/6600rpm
●最大トルク:144Nm(14.7kgm)/4800rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●10・15モード燃費:16.4km/L
●タイヤ:185/65R15
●当時の価格(税込み):198万8000円

[ アルバム : ホンダ フリードスパイク はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • フリードってバックミラーで見ると結構オラオラ車に見えて迫力がある。
    追い越されてバックを見ると、顔に較べて後ろ姿が貧相で思わず苦笑い。
    竜頭蛇尾とはこのこと。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.6235.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8136.8万円

中古車を検索
フリードスパイクの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.6235.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8136.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村