『パワステを軽くするには』 ダイハツ アトレー7 のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > アトレー7 > みんなの質問 > パワステを軽くするには

『パワステを軽くするには』:ダイハツ アトレー7

解決済みパワステを軽くするには

パワステを軽くするにはいつもお世話様です。当方ダイハツアトレー7に乗っていますが、他の車に比べて油圧のパワステが重めなのです。
そこで教えて頂きたいのですが、ステアリングを軽くするようなパワステオイルの類はこの世に存在するのでしょうか?
もし有れば購入したいのですが。空気圧はいつも規定より少し高めに入れております。
腕力や腹筋を鍛えろの類とは別の対策ありますでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

普通に走ってて重く感じるというのは故障でもない限りありえません。
逆に高速道路とかで時速100キロで走行してる時にハンドルが軽すぎると
何かの拍子で切れすぎてしまい事故につながりますし軽くなれば操作上弊害も出ますし
アシスト増やすと燃費の悪化も懸念されます。
ですのでメーカー設定のままのが万人向けでベストです。


パワステオイルが古い場合は劣化でアシストがへりますので交換すれば少しは流量上がってアシストが増えるでしょう。
それで少し軽くなります。
それでも足りない場合はパワステポンプの改造をするしかありません。
全体的な流量を増やすのに内部部品のサイドプレートのバルブ穴を拡大すれば流量は増やせます。
(逆に減らすのは物理的にできない)

状況によってはポンプのプーリー交換する事でプーリー比が変わり多少は効果ありますが、
基本的には一定以上の回転数では流量が同じになるようにサイドプレートで制御されてます
ですのでどちらかというと絶対的アシストではなく、アシスト初期の反応が良くなるだけです。

流用の場合なら乗ってる車が低級グレードだった場合に有効ですが、
上級(スポーツ)グレードはタイヤ幅広い場合はその分、タイヤの抵抗が多い場合があるのでアシスト量が多めにチューニングされている場合があります。
ですが、最近はコストダウンで兼用にされてる場合も多いので品番で確認してください。


質問主さんの車を詳しく知りませんが、軽自動車なら下手するとパワステ無しだったりもします。
先日、ホムセンでダイハツの軽トラ借りましたがパワステ無しが今でも普通にあるみたいですね

回答一覧

5件中 1~5件
  • アトレー7だとフロントタイヤの位置がねぇ
    細いタイヤにする
    後ろに100kgくらいの錘を常に載せる
    ホイルインセットで10mm内側にズラす

    オイルでの操舵力の変化は望めないからプーリーを換えて
    油圧を上げる(スーチャー)・・・でもシールが抜けそうだorz

  • モーターくたびれてるんじゃないの?交換したら。

  • 車種によって、重さも多少違うはず、しかし、同じ車種で違う場合は何か不具合があると思います。オイルでは変わらないと思います。

  • パワステを軽くするのはムリです。
    オイルによって微妙に軽くなることはないとはいえませんが、
    言われなくてはわからない程度のはず。
    ステアリングを径の大きい物にすれば確実に軽くなるでしょう。

  • 性能が良くてP/Sが軽くなる・・・まずそんなフルードは無いでしょう。
    しかし、交換する事で「微々たる改善」も望めるので「長持ち」を考え
    フルード交換は良い事だと思いますよ。
    トヨタDもP/Sの不健康なモノは、リザーブタンクとフルード抜き替えを
    手始めに行なうようですから・・・
    ジムカーナの場合P/Sフルードを「レッドライン」等に交換するのはアリですが
    コレは「泡立ちがイヤ」とかが理由ですし・・・
    私ならストラッドの上部、マウントとの間の「シャフト・スペーサー?」を交換を
    勧めますけど・・・
    ハンドルを、もっとデカくします?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。