『エンジン冷却水の水温が高めになってきました。どのような...』 スバル トラヴィック のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > スバル > トラヴィック > みんなの質問 > エンジン冷却水の水温が高めになってきました。...

『エンジン冷却水の水温が高めになってきました。...』:スバル トラヴィック

解決済みエンジン冷却水の水温が高めになってきました。どのような原因が考えられるでしょうか? 必要な対策は?

エンジン冷却水の水温が高めになってきました。どのような原因が考えられるでしょうか? 必要な対策は?.
スバル・トラヴィック, 2.2L, 2003年 、走行距離は約13万キロです。 この一月にウォーターポンプを交換し、それ以降はLLCのレベルは正常です。 (ウォータポンプ交換以前はLLC漏れが発生していて、頻繁にLLCの量が少なくなり、その際は応急処置で水道水を足していました)

今日、急に水温計が今までよりも若干高い温度を示すようになり、エンジンを切った後も暫く電動ファンが作動を続けるようになりました。 走行条件等は、低速・市街地走行、雨天、気温約10℃です。 確認しましたが、LLCの量は問題ありませんでした。

以前、LLC漏れがあって、量が少なくなったた時は、同じような症状が出ていましたが、ウェーターポンプ交換以降はこのようなことは無かったと思います。

どのような原因が考えられるか、また、必要な処置はどのようなものか? アドバイスお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

>その際は応急処置で水道水を足していました

サーモスタットが怪しいと思います

ラジエター液の量は適量でしょうか

ラジエター内部が
赤茶色に変色しておりませんでしょうか

冷却通路内部に錆が出て
ラジエター
サーモスタット
ヒーターコア
ウオーターポンプのインペラが悪くなれば
オーバーヒートになりますよ

回答一覧

4件中 1~4件
  • どうもはじめまして

    2003年で13万㎞
    少し多いですが
    昔14万㎞の多走行のスポーツ車で峠でEg5~6000回転まで回しド○フトしてました 問題もなく
    ですがラジエターとラジエターキャップ、サーモは変えるべきです
    一度ヒートさせるとEg(エンジン)はヒート癖が付いて厄介に成ります

  • ポンコツは廃車にしろよ

    http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/invest_beginners

  • サーモスタットか、ヘッドガスケット抜けか、水道水を入れ続けたことによる配管などの錆びでラジエターなどの詰まりなど。いろいろ考えられますね。

  • サーモスタットの不具合ではないでしょうか?開ききらなくて中途半端にしか水が巡ってないとか。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。