現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > N-BOXカスタム > 2015年11月〜モデル

ホンダ N-BOXカスタム 2015年11月モデルの新車情報・カタログ

ホンダ N-BOXカスタム 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

14.9 万円 168.9 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

148.0 万円 193.9 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 201
  • 総合評価 4.6
  • ユーザーレビュー (詳細) 773
  • みんなの質問 (詳細) 128
車体寸法
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,780mm〜
3,395×1,475×1,800mm
燃料消費率 20.8〜25.6km/L(JC08モード走行)
乗車定員 4名 排気量 658cc

概要

■2015年11月
ホンダは軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインで人気のN BOXカスタムに、燃費の向上や安全装備の充実化などのマイナーチェンジを実施し、2013年12月25日に発売した。

今回のマイナーモデルチェンジによる燃費の向上では、エンジンの高効率化を図ることで、GとG・AパッケージのFF車の燃費を25.2km/Lに向上させた。これによってエコカー減税が免税対象になった。

安全装備については、運転支援装備として簡易型の追突軽減ブレーキであるシティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をセットにしたあんしんパッケージを、Gにオプション設定し、G・AパッケージとG・ターボAパッケージ並びにそれぞれの2トーンカラースタイルに標準装備した。

またボディカラーの拡大が図られ、イノセントブルー・メタリックおよびプレミアムフレイムオレンジ・メタリックの2種類の新色を追加するとともに、2トーンカラースタイルを新たに設定しした。

なお、N BOXカスタムでは、あんしんパッケージを標準装備化したことに伴い、グレード名をG・LパッケージからG・Aパッケージに、 またG・ターボパッケージをG・ターボAパッケージに変更した。

2014年5月16日にはGとG・ターボのAパッケージの装備に加えてIRカット<遮熱>/UVカット機能付ガラス(フロントウインドウ)、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)やシートヒーター(運転席/助手席)などを装備した特別仕様車「SS パッケージ」を発売した。

2015年2月5日には一部改良を行い、エクステリアデザインを変更するとともに、リアシートのスライド機能を新たに設定するなど、快適装備を充実した。

同年7月10日には「Nボックス」シリーズの2015年上半期における軽自動車販売台数No.1を記念して、G・Lパッケージの装備に加えてあんしんパッケージやパワースライドドア(リア右側)など人気装備を施した特別仕様車「SSパッケージ」を発売した。

同年11月20日には一部改良を行い、360°スーパーUV・IRカットパッケージをGを除く全グレードに、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)を全グレードに標準装備した。

■2016年8月
ホンダは軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインで人気のN BOXカスタムに、人気装備を追加した特別仕様車「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」を設定して、2016年8月5日に発売した。

「SSパッケージ/ターボSSパッケージ」は「G・Lパッケージ/G・ターボLパッケージ」をベースに、エアコンアウトレットダブルリングやパワースライドドア(リア右側)、チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート、シートバックテーブルなどを標準装備する。

また、多彩なカラーリングで人気の2トーンカラースタイルも選択可能となっている。

あわせて「SSパッケージ/ターボSSパッケージ」をベースに、ブラック塗装のフロントグリルやオールブラックアルミホイールを装着し、クールで引き締まったスタイルに仕上げた「SSブラックスタイルパッケージ」と「ターボSSブラックスタイルパッケージ」を発売した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る N-BOXカスタム 2015年11月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 N-BOXカスタム 2015年11月一部改良

専門家レビュー N-BOXカスタム ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4

    軽四輪車のトップセラーであり続ける容積型ミニバン

    2022.1.17

    年式
    2017年9月〜モデル
    満足している点
    容積型の軽ミニバンが不得意だった安定した走行性能の確保と、3パターンから選べるシートアレンジ、ボトムグレードからHonda SENSINGが標準装備である点に加えて、2021年の一部改良では全車にEPBを採用しACCに渋滞追従機能が追加。NO.1セールスにあぐらをかかず、地道にユーザーが求める改良や装備追加を継続している点こそ最良ポイントだ。
    不満な点
    運転席に座るとよくわかるがスイッチの類いが非常に多い。これだけの充実装備をサイズに制約がある軽自動車に詰め込んだわけでスイッチが多くなるのは当然ながらも慣れるまで時間がかかる。小物類が各所に収納できるのはありがたいが、それだけに意識して収納していかないと物が車内に散らかりがちになる。
    デザイン
    存在感あるマスクに腰高感を抑えたサイドシルエット、そして発光面積が大きく取られた縦長のテールレンズ。「標準」モデルのすっきり感と「カスタム」モデルの押し出し感を両立する優れたデザインだ。この成功は新型となった6代目ステップワゴンにも受け継がれた。可能な限り横方向に張り出させたテールレンズは見た目だけでなく被視認性も高い。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

リセール価値 N-BOXカスタム

走行距離別リセール価値の推移

グレード
G(CVT_0.66)
新車価格
124.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 74万円 65万円 56万円
新車価格の
45%
47万円
新車価格の
37%
1万km 72万円 60万円 47万円 34万円
2万km 69万円 49万円 29万円 10万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ N-BOXカスタム

  • 人気のカラー

    1. 30.0%
    2. 25.1%
    3. パール
      8.8%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    15.9%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      32.1%
    2. 近畿地方
      18.5%
    3. 東海地方
      12.4%
  • 男女比

    男性
    80.7%
    女性
    17.1%
    その他
    2.1%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング N-BOXカスタム

中古車相場 N-BOXカスタム

ホンダ N-BOXカスタム
平均価格 84.8万円
平均走行距離 62,851km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 N-BOXカスタム

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/