現在位置: > > > > > ホンダのハイブリッドバッテリー耐用年数について...

『ホンダのハイブリッドバッテリー耐用年数について...』:ホンダ フリードスパイク

解決済みホンダのハイブリッドバッテリー耐用年数について。 フリードスパイクハイブリッドが気になって、検索したところホンダのハイブリッドは耐用年数7年と書いてあるものを見つけました。 乗り

ホンダのハイブリッドバッテリー耐用年数について。
フリードスパイクハイブリッドが気になって、検索したところホンダのハイブリッドは耐用年数7年と書いてあるものを見つけました。

乗り方にもよると思いますが、距離は結構乗れても、耐用年数は以外と少ないんですね

実際そんな年数で交換しないと、燃費が結構落ちるもんですか?

乗ってる方や、詳しい方教えてください

ベストアンサーに選ばれた回答

記事の寿命7年というのは根拠が無いと思われます。
ハイブリッド車のほとんどは、駆動用バッテリーの交換には至らずに廃車となります。
保証期間が終わったら故障する物でもありません。
車載用のリチウムイオン電池だと、30万km程度走行して電荷容量が1/2程度まで下がります。
そうなったら一応寿命のようです。
一般的な自家用利用だと、車両廃車が10年10万km程度ですから、車の寿命の3倍程度がリチウムイオンでの寿命です。
交換するまで乗る人はまず居ませんから。駆動用バッテリーの交換を懸念するのはナンセンスです。
燃費が落ち始まるのは、寿命に近い走行距離からです。
エンジンやトランスミッションの寿命や交換を懸念するナンセンスです。

回答一覧

1件中1件を表示

  • フリードスパイクに既に6年で9万㎞近く走っていますが全く問題は有りません。

    新車時に比べて燃費は平均で1㎞近く落ちて来たようですが、それでも16㎞以上は走ります。

    電気自動車はバッテリーの劣化で走行距離は落ちてしまいますが、ハイブリッドは僅かに燃費が悪く成って行くだけで幾らでも乗れそうです。

    添付の記事は新型のフリード+の方で、まだ実績がなく分かりませんが、10年20万㎞なんて平気で走れそうですし、ハイブリッド装置のすべての価格で20万円余りなのにバッテリーの交換費が25~30万円なんて誤った想像かと思います?

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フリードスパイクアクセスランキング
  1. 1位 1.5 C
    1.5 C
    150,000円(岐阜)
  2. 2位
    1.5 G エアロ
    738,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.5 G ジャストセレクション
    989,000円(神奈川)
  4. 4位
    1.5 G エアロ
    1,049,000円(千葉)
  5. 5位
    1.5 G プレミアムエディション
    1,670,000円(千葉)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)