現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > フィットハイブリッド > 専門家レビュー・評価一覧

ホンダ フィットハイブリッド 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ フィットハイブリッド 新型・現行モデル
4 件中 1~4件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    3
    走行性能
    3
    乗り心地
    3
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    3

    4代目となり大きく開眼したコンパクトハッチ

    2022.6.24

    年式
    2020年2月〜モデル
    総評
    21世紀にふさわしいコンパクトモデルとして誕生した初代から、4代目ではグッと落ち着いたグレード構成で勝負に出た。しかし、ホンダらしさをユーザーが実感するのは楽しい走りができること。4代目も十分よく走るが、RSグレードなど歴代のスポーツグレードが消滅したことから、地味な印象ばかりが目立ってしまう。搭載技術は走り、安全性ともにトップクラス。際立つ個性が欲しくなる。
    満足している点
    ホンダらしいアイコン的な外観デザイン、それに呼応するシンプルな内装デザインが最大の特徴だ。ここに歴代フィットが大切にしてきたセンタータンクレイアウトによる多彩な積載モードが加わる。往年のホンダはこうしたデザインに特化した車両が多かったが、フィットはまさにこうした時代を現代風にアレンジしたモデルだ。
    不満な点
    コンパクトクラスは競合が多く、かつどれもが個性的。そのなかで、シンプルさを全面に打ち出した当モデルは登場時、ユーザーから薄味と評価されることが多かった。ただ、アイコン的なデザインが周知されてくると、次第に実用性の高さから選ばれるようになった。しかしながら、長いモデルライフのなかで、ここまでシンプルに徹していると個性的なライバルモデルに潜在的な顧客を奪われる可能性も……。
    デザイン
    どことなく2001年に登場した初代フィットの面影を残す4代目。標準モデルのほかに、2mm最低地上高を高めたクロスターを用意する。クロスターはボディ下部周囲を樹脂製の黒いカバーで覆いつつ、大径タイヤによってクロスオーバー的な要素を醸し出す。いずれのモデルもヘッドライトが大きくデイタイムライトによる縁取りがなされるので動物的な印象が強くなる。

    続きを見る

  • 西川 昇吾
    西川 昇吾
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    5
    燃費
    2
    価格
    2

    万人に勧めれる5ナンバーコンパクトハッチ

    2022.6.20

    年式
    2020年2月〜モデル
    総評
    全体的に見れば5ナンバーサイズコンパクトハッチとしてよく出来たまとまりのいいクルマだと思う。しかし、イマイチ販売というか市場でパンチが効いていないという印象を受ける。正直言ってラゲッジスペースと後部座席の積載性はピカイチだと思うし、全体的な質感も悪くない。今このクラスのクルマの購入を検討している人に勧めるのであれば最も万人に勧めることが出来るのは現行フィットだと思う。このクルマが伸び悩んでいるのは他車と違って特出したキャラクター付けが足りないのかもしれない。
    満足している点
    エントリーグレードでも装備や質感に不満がないこと、そして心地よさにこだわったクルマ造りは、各所にこのクラス随一の「落ち着き」感を感じる。走りはもちろんだが、このクラスで内装の質感が高くエントリーグレードで最も満足できるのは現行フィットだと思う。プレミアムとまではいかないものの、「ちょっといい」感があるコンパクトカーに乗りたい人にとってはオススメの選択肢とも言える。
    不満な点
    やはり価格設定の高さがネックという感じがする。確かに運転支援システムは標準装備で充実したものとなっているし、内装の質感も高い。しかし、ナビゲーションシステムを中心とした各種オプションを装備していくとどうしても価格は膨れ上がってしまう。それは他の車種でも同じことと言えるが、ハイブリッドのグレード構成的にはもう一つエントリーグレードが用意されていて、求めやすさが伝わった方が売れるのではないかとは感じてしまう。
    デザイン
    先進的なイメージがある未来感と親しみやすさが上手いことバランスされているデザインとなっている。SUVチックなクロスターは少し無理があるように感じてしまうが、ノーマルモデルは実用性とデザイン性の両立を高い次元で実現している。また、ウィンドウデザインも工夫がされている印象で、一見すると視界の良さ一辺倒なイメージがないのだが、実際に乗ってみると見切りが良いのが嬉しいポイントと言える。コンパクトハッチながらチープな印象がしないのも良い。

    続きを見る

  • 栗原 祥光
    栗原 祥光
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    3
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    3

    もっと評価されるべき

    2022.2.1

    年式
    2020年2月〜モデル
    総評
    ヤリス、アクア、ノートなど強力モデルが出そろう中、収納とインテリアの質感、乗り心地ではフィットが大きくリードしている印象。もっと評価されてしかるべきだ。
    満足している点
    使い勝手の良さはコンパクトカー随一!
    不満な点
    なし
    デザイン
    シンプルなデザインは賛否両論分かれるところ。インテリアはモダンリビングといった印象でカジュアルでありながらチープさは皆無。

    続きを見る

  • 伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4

    シンプルで誰にでも“フィット”するコンパクトカー

    2021.3.3

    年式
    2020年2月〜モデル
    総評
    フィットは、より多くの人の生活に密着するクルマとして、様々な工夫が織り込まれたモデルになっていると思う。個性はやや薄く感じるが、デザインや走り、使い勝手、どこに目を向けても「嫌だな」と思うところが限りなく少ないので、どんな人にでも安心して勧められるモデルだと思う。その反面、これまでのフィットやクルマ好きなファンにとっては、少々物足りないモデルになっているかもしれない。
    満足している点
    フィットでもっとも「いいな」と思った点は、広々とした視界の良さ。Aピラーが限りなく細く作られていて、フロントウィンドーがとても大きい。安全に運転するためには、先進的な安全装備も大切だが、人間が感覚的に感じられる安心感も大切。そういった意味で、フィットは、運転が苦手で緊張して視野が狭くなりがちな方や、高齢者の方などにも安心して勧められるモデルだと感じた。
    不満な点
    これまでは、多少なりともレースやスポーツ走行を想定されているモデルがあったが、現行のフィットは「レースでも走れるモデルとして作られていないのかな?」という疑問はある。以前のようにMTの設定がないので、これまでフィットでレースに出ていた方たちにとっては、残念な点になるだろう。
    デザイン
    デザインはとにかくシンプル!近年のホンダのデザインコンセプトに則って、余計なラインなどを排除したすっきりとしたデザインになっている。さらに、「BASIC」「HOME」「NESS」「CROSSTAR」「LUXE」の5タイプが用意されており、自分の好みに合わせて選ぶ楽しみがあるところも◯。個性的過ぎないすっきりとしたデザインと、選択肢の多様性のおかげで、老若男女問わずどんな人にも馴染むデザインになっていると思う。

    続きを見る

1

フィットハイブリッドを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!