ホンダ フィットハイブリッド 「もっと評価されるべき」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
評価

5

デザイン
5
走行性能
3
乗り心地
5
積載性
5
燃費
4
価格
3

もっと評価されるべき

2022.2.1

年式
2020年2月〜モデル
総評
ヤリス、アクア、ノートなど強力モデルが出そろう中、収納とインテリアの質感、乗り心地ではフィットが大きくリードしている印象。もっと評価されてしかるべきだ。
満足している点
使い勝手の良さはコンパクトカー随一!
不満な点
なし
デザイン

5

シンプルなデザインは賛否両論分かれるところ。インテリアはモダンリビングといった印象でカジュアルでありながらチープさは皆無。
走行性能

3

e:HEVはちょっとパワー不足を覚えるところ。特にアクセルを踏み込んだ時には唸り音が聞こえがち。普通に走っている分には静粛。
乗り心地

5

コンパクトクラスの中では随一の乗り心地のよさ。安定感、安心感が段違い!
積載性

5

後席の座面を跳ね上げることができ、SUVよりも背の高い荷物が積載できる。またフルフラットになるのも美点で、ライバルを大きくリードする。
燃費

4

リッターあたり18kmを記録。ヤリスには劣るものの、悪い数字ではないハズ。
価格

3

ハイブリッドの上位グレードは250万円を超えてくるため、やや割高感は否めない。
栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
東京都出身。中央大学理工学部卒業後、電気回路エンジニアへ。30歳を前にオーディオ専門誌とタウン情報誌、同Webサイトの編集者へと転身。現在はフリーのカメラマンとライターとして、年間100台近い自動車・バイク取材のほか、モータースポーツや各種イベントの取材を精力的に行っている。好きなクルマはライトウェイトスポーツと大型SUV。
ホンダ フィットハイブリッド 新型・現行モデル