現在位置: > > > > > トヨタのプリウスとホンダのフィットハイブリッド...

『トヨタのプリウスとホンダのフィットハイブリッド...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みトヨタのプリウスとホンダのフィットハイブリッドの違いを教えてください。 ハイブリッド性能の違いを主に教えてほしいです。 ・フィットはプリウスのようにEV走行ができるのか等...etc

トヨタのプリウスとホンダのフィットハイブリッドの違いを教えてください。
ハイブリッド性能の違いを主に教えてほしいです。

・フィットはプリウスのようにEV走行ができるのか等...etc

補足
アイドリングストップ時にエアコンは使えるのか(通常のアイドリングストップガソリン車は使えず、プリウスは使えます。)など

ベストアンサーに選ばれた回答

フィットハイブリッドに乗っています。

トヨタのハイブリッドシステムは、基本的に低速走行であればモーターで走行する事が出来ます。
ですので、歩いていて後ろからプリウスが近づいて来ても音がしないのでびっくりするという事があるのは、このためです。
速度が上がればエンジンが始動して、モーター走行からエンジン走行に切り替わります。
モーター走行も距離が長く乗れますので、燃費が良くなるのはこれが理由です。

一方、私が乗っているホンダのハイブリッドは、基本的にエンジンで動くもので、モーターはアシスト的な役目しかない作りです。
簡単に言えば、自転車のアシスト自転車と同じで、坂道で力が必要になった時にモーターがアシストしてくれるのと同じようなもので、トヨタのハイブリッドのように、モーターで長時間走ることは出来ません。

しかしながら、みさなんよく間違われているのが、ホンダのハイブリッドはモーター走行は出来ないと思っている点です。
ホンダのハイブリッドも、モーター走行は出来ます。
ただし、モーター走行をさせるのに必要な条件がいくつかあります。
速度が概ね「30~50km/L」の間で、かつアクセルを吹かさないエコ運転をしている時にだけ、搭載しているバッテリーに電力の余裕があれば、モーター走行はします。

しかしながら、ホンダのモーター走行は、トヨタと異なり長時間の走行は出来ません。
出来てせいぜい1kmにも満たない距離です。
すぐにバッテリーがなくなりますので、充電モードに入ります。
充電が完了すれば、またモーター走行は可能です。
私はこの繰り返しで、街乗りは乗っています。
お陰で、信号の多い大都市部に住んでいますが、街乗りだけでも20~25km/Lの間で燃費は出ます。

トヨタのハイブリッドは、どんな人がどんな乗り方をしても、ある程度は同じような燃費が出るのが特徴です。

ホンダのハイブリッドは、乗る人それぞれの乗り方によって、燃費が大きく変わる、そんな特徴があります。

ホンダのハイブリッドも、燃費が伸びるツボ、というかコツを覚えてしまえば、トヨタのハイブリッドと比べても遜色ない燃費は出ます。
アクセルワークさえきちんと覚えれば、いい燃費は出ます。

フィットハイブリッドのエアコンは基本的にアイドリングストップ時には、送風状態になります。
温度差があるような場合などは、強制的にアイドリングストップをやめて、普通の車のようにエアコンが効くようにできています。
エアコンを効かしたいのなら、自分でアクセルを離したり、シフトレバーをニュートラルやパーキングに入れてやればエンジンは動き、強制的に解除出来ますのでエアコンは効きます。

とにかくフィットハイブリッドは、意識して運転をしないとモーター走行は出来ません。
しかしながら、燃費は街乗りは先程の通りで、高速でも25~30km/lの間でいい燃費は出ます。
モーター走行はありませんが、アシスト走行はしています。
メーターのモニターを見ない限りには、ほとんど分からない感じですが、きちんとモーターアシストはしています。
ですので、重たい電池を積んで、モーター走行もほとんどしていないような車なのに、燃費が30km/Lも出るのです。

トヨタは燃費の車、ホンダは総合的に見て乗りやすいオールマイティーな車と位置付けていいと思います。

燃費が良ければトヨタ、車の出来を選べばホンダ、こんな感じになるかと思います。

ご参考に・・・

回答一覧

3件中1~3件を表示

  • ホンダは
    モーターが変速機よりエンジン側にある
    その為、4000rpm程エンジンを回すとモーターのアシスタントがなくなる


    トヨタは
    モーターが変速機よりタイヤ側にある

    その為、全速度域(120km/h)に於てモーターのトルクを体感出来る
    だだしTRCが少々邪魔をしている気がする

  • ホンダは会社規模や自社の売れ筋、屋台骨に適したハイブリットを製造しています。コンパクトカーに的を絞っています。
    このため、モーターも基本的には一種類です。モーターの出力は 14馬力です・・・これは125CCのオートバイより低い
    出力です・・・・基本的に車を動かすことはできません。時々 EV走行ができると言う人がいますが 実態はエンジンでの
    走行の慣性+モーターと言うだけでEV走行ができると言うものではありません。坂道を転がる車を走っているとは言いません。
    ホンダはもともと燃費の良いコンパクトカーで、発進や加速時の高回転領域のアシストをモーターに依存し燃費を稼ぐ
    システムです、高速や巡航時もアシストしますが燃費の良い走行場面では効果が上がりません。現在のシステムは
    高出力が必要な大型車には向いていませんし、大型車では力量不足なシステムです。
    トヨタのシステムはいくつかありますが、基本 心臓を二つ与えるシステムです。モーター単独、エンジン単独で車を
    動かす出力を有しています。状況により エンジン単独、モーター単独、併用を使い分けて燃費の管理とバッテリーの管理を
    行っています。ホンダのシステムは巡航時は燃費を稼げませんが、トヨタは巡航時でも燃費を稼ぎます。
    トヨタは会社の規模からしても多様なハイブリッドを求められます。
    逆に、コンパクトカーの様に システム自体を小さくしたい、お金は掛けられない車に搭載するにはトヨタのシステムは
    どうかなーと思います・・・会社のプライドが有るかどうかは知りませんが・・・。
    まあ、コンパクトカーにハイブリッド・・・・これ自体がなんとなくナンセンスと私は思っています。
    日本の為には、コンパクトカーは軽油を使うクリーンディーゼルの方が正しいし、車の質も良くなると思いますがねー。

  • そもそも格が違いますね…。

    フィットハイブリッドだけではなく、ホンダのハイブリッドはEV走行はほとんど出来ないハズです。モーターアシスト的な扱いですから。

3件中1~3件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.3
    1.3
    148,000円(東京)
  2. 2位
    1.3 スマートセレクション
    498,000円(宮城)
  3. 3位
    ハイブリッド・Sパッケージ
    1,299,000円(福岡)
  4. 4位
    1.5 RS
    499,000円(埼玉)
  5. 5位
    1.3
    240,000円(福岡)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)