現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」巷で話題。新型ホンダ・フィットの完成度をあらためて検証してみた

ここから本文です

「最新モデル試乗」巷で話題。新型ホンダ・フィットの完成度をあらためて検証してみた

掲載 更新 6
「最新モデル試乗」巷で話題。新型ホンダ・フィットの完成度をあらためて検証してみた

チャーミングなルックス。室内はシンプル&モダンな仕上がり

 ファニーな印象の目(ヘッドライト)は、もしかすると、「⁉」と感じるユーザーがいるかもしれない。しかし、見慣れれば、それも「愛嬌」と受け取れるようになるのではないか。新型フィットのスタイリングは多くの人が気に入るとボクは思っている。

キュートなフロントマスクが話題。新型ホンダ・フィットがライバルを凌駕したと考える理由

 試乗車は販売主力となるホームのハイブリッド(e:HEV)。ボディカラーはプレミアムサンライトホワイトパール。新型は2トーンカラーを含めてカラーバリエーションが多い。ボクがいちばん気に入ったのは、ネスに設定されているルナシルバーとライムグリーンの2トーン。オプションだが、これはかなりお洒落だし、人目を引く。

 キャビンに入ってまず感じたのは視界のよさ。細いAピラーと上面がフラットなダッシュボードの組み合わせは、心地よい開放感と良好な運転視界をもたらしている。
 インテリアは上々の仕上がり。シンプルでモダンで心地いい。しかも質感が高い。全体の調和がとれているのは大きな美点だ。オーナーの多くは、高い満足感を得るだろう。
 後席にも高い点数がつく。ひざ元スペースは広いし、シートの出来栄えもいい。前席シート背面を巧みに絞ったデザインは、後席の空間感覚に少なからぬプラスをもたらしている。大人2名が、ゆったりくつろげる後席と報告しておく。加えて、十分なトランクスペースが確保されている。

街乗りはEVモード。身のこなしは滑らか。乗り心地もいい

 試乗車は1.5リッターエンジン(98ps)とモーター(109ps)を組みあわせたe:HEV。走りもまたよかった。
 街乗り領域ではほとんどEVモードで走る。出足の瞬発力、アクセルを踏み増したときの力感は、もちろん十分。だが、無駄な加速やエネルギー消費を抑えるためだろう。加速の味付けは抑制的であり、アクセルペダルの踏力もやや重めに設定されている。

 強めの加速を行うと、発電のためにエンジンが回る。それでも、急加速でもしない限り、エンジンの存在を意識させられる場面はあまりない。
 ハイウェイのクルージングはエンジン主体で走る。このときも、静かで滑らかな走りだった。ただし、エンジンを高回転で回すときの回転感は少し雑味がある。

 身のこなしは滑らか。パワーステアリングは重めの設定で、切り始めの動きは素直。安易なクイック感の演出は避け、自然に安定的でリラックスした走りになるチューニングだ。これは新型フィットの全体に共通して感じる特性だ。
 乗り心地もいい。ボディも足もしっかりしており、かなりの不整路面でも、不快なショックや音は発生しなかった。
 試乗時の燃費は22.2km/リッター。経済性も一級品である。

こんな記事も読まれています

新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース
ベントレーが日本のために仕立てた特別な1台【九島辰也】
ベントレーが日本のために仕立てた特別な1台【九島辰也】
グーネット
まさかF1チームからメールが届くなんて!? ウイリアムズ育成加入の松井沙麗「とにかく速いクルマに乗りたい。F1アカデミーから道が開ければ」
まさかF1チームからメールが届くなんて!? ウイリアムズ育成加入の松井沙麗「とにかく速いクルマに乗りたい。F1アカデミーから道が開ければ」
motorsport.com 日本版
驚異の50mmフルレンジと165mm薄型ミッドウーファーをカップリング、BLAMから『ジムニー』専用パッケージ「165 Jimny」新発売
驚異の50mmフルレンジと165mm薄型ミッドウーファーをカップリング、BLAMから『ジムニー』専用パッケージ「165 Jimny」新発売
レスポンス
フェラーリ、テストでマシンの弱点改善に手応え。バスール代表「ドライバビリティや一貫性の面で前進した」
フェラーリ、テストでマシンの弱点改善に手応え。バスール代表「ドライバビリティや一貫性の面で前進した」
motorsport.com 日本版
高速道路「休日割引」縮小で「ため息しか出ない」なぜ割引やめたのか? 休み取れない人々から嘆きの声多数
高速道路「休日割引」縮小で「ため息しか出ない」なぜ割引やめたのか? 休み取れない人々から嘆きの声多数
くるまのニュース

みんなのコメント

6件
  • シロモノ家電的運転席。先代より幅広い顧客層にウケが良さそうです。
  • マジ!?
    モーターが109PSもあるの?
    これは試乗に行かなくっちゃ・・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

203.8271.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8199.8万円

中古車を検索
フィットハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

203.8271.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.8199.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村