現在位置: > > > > > オススメの車教えてください。

『オススメの車教えてください。』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みオススメの車教えてください。

オススメの車教えてください。乗る人:夫
使用頻度:通勤・年間12,000kmほど
その他:ゴルフバッグが乗れば良い・普通車・5人乗り
予算:250万
優先順位としては、燃費がいい>乗り心地が良い>荷物が乗る

今は2012年式ホンダのフィットシャトル(ハイブリッド)に乗っており、燃費は20km/Lくらいです。
なんせ走行距離が多く、通勤時間も長いため(片道1時間ほど)シートの乗り心地も重視したいのです。
以前、夫が代車で日産のノートに乗った際、乗り心地が良く感じたそうで、後で日産に乗りに行ったらそうでもなかったと言っておりました。代車なのでそこまでいいシートじゃなかったとは思うのですが、謎です。

燃費やサイズで考えたらアクアあたりがいいんじゃないかな・・・と思っておりますが、他に何かありましたら教えていただきたいです。

ベストアンサーに選ばれた回答

試乗したほうがいいよ。

ベースの出来とかサスの設定は、同一メーカーでも出来のいいクルマとダメなクルマがあるし、何がいいかは感性の問題もあるので。

ドラテクのある人が「これがいい」って言ったって、それを下手くそな人が乗ったら硬いだけだと感じるかもしれないし、良い部分を引き出せないかもしれない。

傾向でいえば、日産はシートはコスト掛ける傾向、サスはロール多め、居住性は悪い。

ホンダは踏ん張る傾向でコーナーで疲れにくくクイックなハンドリングだけどシートは金掛けない。

トヨタはふわふわにして一般受けしやすい。

ただ、安いクルマはシートにもサスにも金は掛けてないので、あんまり贅沢は言えないです。

>以前、夫が代車で日産のノートに乗った際、乗り心地が良く感じたそうで、後で日産に乗りに行ったらそうでもなかったと言っておりました。

考えられる理由は、試乗車は新車を出すんですが、新車の時はサスの動きがまだ滑らかになってないんで硬かったって辺りですね。シートの表皮も同じ。適度に下手って来た時に馴染むのはスニーカーと同じです。
試乗した瞬間に柔らかいなと思うようなサスだと、すぐ抜け抜けになっちゃってカーブでの姿勢維持のために疲れます。

あと、乗り心地いい→ふわふわで柔らかい→自分で身体支えるので疲れる。です。
ふわふわの乗り心地と疲れないこととは両立しません。

それから、シートに拘るなら、レカロのコンフォート辺りをオートバックスで試してみてください。「運転者にとってのいいシート」というのがどういうものかわかると思います。
シートは持ち回りもできるんで、こだわるならぜひ交換することをお勧めします。望むシートのグレードに合わせてクルマ選ぶより安くつくと思います。

回答一覧

13件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • 五人乗りじゃなくて七人乗りならシエンタハイブリットが250万で新車乗り出せそうな気がしますが?片道一時間も走るなら燃費もフィットの20よりはかなり上になるでしょう。三列目を収納すれば荷物もかなり積めますし。
    あとはフリードに「プラス」という二列タイプなら五人乗りですが収納はシエンタより大きいですね。

  • フィットHV コンフォートエディション
    ヴィッツHV F“Safety Edition

  • ◤------<<<使用頻度:通勤・年間12,000kmほど
    その他:ゴルフバッグが乗れば良い・普通車・5人乗り予算:250万
    優先順位としては、燃費がいい>乗り心地が良い>荷物が乗る>>>--◢
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ♦:そのクラスで、Hybridだと《アクア》辺りに成りますね。
    -----------------但し、時代は<>では有りません。
    **********<<バッテリ-+モーター>>の経年劣化が最大のハードル。


    ♦:10年..10万Km走行辺りまでが、賞味期限であると云う事が、
    :::日本には、9割が<クルマ音痴>居ると欧米からは、観られていますが、
    :::昨年度辺りから・・その<クルマ音痴>の間にも、かなり浸透してます。


    ♦:実際に昨年の「HV車の販売台数」は、30%以上の落ち込みですから。


    ♦:但し、その中でも、[日産・ノートe.Power]が、大健闘して居ますが、
    :::あれを、「シリーズhybrid」などと・・・・・
    :::一部.マスコミまでが、HVの仲間に入れてるケースが有りますが…
    :::実際は、《レンジ.エクステンダー》⇒..⇒..”””EV+発電ユニット”””・。


    ♦:もう一つの選択肢は、《クリーンディーゼル》ですね。
    ::::::::::::::::::::::::現在のクリーンディゼルは、
    ""技術革新で、ガソリン車..並み""か・・
    *************<<それ以上の排ガス>>がクリーンですよ。


    ♦:その中でも、マツダの【SKYACTIV-D】は、世界で唯一・・
    :::::排気ガスの終段処理<触媒>無しで、環境基準をクリアー・。


    ♦:質問者様が、
    :::条件に挙げている内容を満足させるのは、デミオ・XDですね。
    http://www.mazda.co.jp/cars/demio/
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    その中でも、6MTを選択すると・・
    -----------------------------【JC08で、30Km/ℓ(軽油)】で、
    ・・・・・・・・・・・・・実燃費は、24Km/ℓ程度は維持しますよ。

    特徴は、粘り強い-部厚い-MAXトルクです。
    しかも、ガソリン車の様に回さなくても・・低~中.回転域で発揮。

    スペック表・・・・・・・・⇩・・・・・・・・・・・・・・・・
    http://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/pdf/demio/demio_specification_201804.pdf

    ==MAXトルクの数値==は、スペック表を確認で、誰でも解りますが・
    *****************2.5ℓクラスのガソリン車並の数値ですから…。

  • 燃費やサイズで考えたらアクアあたりがいいんじゃないかな

    はい。アクアで十分では
    18kmから~25kmぐらい

    ブレーキ関係は
    100000km以上~持ちます

  • ホンダのシートはホールド性が良いと言う事と狭いと言う事をはき違えている。
    これはヨーロッパの評価です。
    単に硬い足と 粘りのある足を勘違いしている・・・これもヨーロッパの評価です。日本は道路事情が良く 足回りやシートの出来が多少悪くても あまり関係ありませんが それでもホンダの足回りやシートの作り ロードノイズは最低です。
    ヨーロッパは道が悪く石畳み等も多いので ホンダの足やシートはぼろくそに叩かれます。ノートはその点 ホンダの車とは違います。

  • 息子がストリームからシャトルに買い替えましたが一時のホンダ車に比べて驚く程乗り心地も質感も高く、とても軽快によ走るのに驚きました。

    新型のシャトルハイブリッドに是非試乗される事をお勧めします。

    アクアは定員5人ですが、後席は少し大きな子供で窮屈ですから2人+αですし、ゴルフバックを積むにも適していません。
    ノートはコンパクトカーの割に少し大きいですから、乗り込心地が良いと勘違いされたのか知れませんが、既にモデル末期の古い車ですから、e-power人気で売れていますが、今から新車で買う車ではありません。

    走られる距離から見てハイブリッドが良いと思いますが、シャトルハイブリッドの頃のハイブリッドとシャトルになってからのハイイブリッドは性能も燃費も全く違い軽快に静かに気持ち良く走れます。燃費も現在よりは数kmは良くなると思われます。

    シャトルハイブリッドなら燃費の良さも申し分なく、乗り心地も良く、荷物の積める量も圧倒的でこれ以上ご要望に合う車は無いと思います。

    価格的にはセンシングを選ぶなら、その分くらいはオーバーかも知れません。

  • デミオかアクセラはどうでしょうか!?

  • 長く乗っていて疲れないのは、四輪独立サスペンションのクルマだろう。

  • ゴルフバックが余裕で乗るハッチバックプリウスが良いと思います。

  • 乗り心地はシートだけによるものではないので、車高の高さや、サスペンションの動きにもよりますよ。

    フィットシャトル、そんな乗り心地が悪いですか?

    今週末くらいに、トヨタの新型車が発表になるので行ってみてはどうですか?
    車格はフィットシャトルより、少し小さくなりますが、次の乗り換え候補にしてみるのも良いかもしれません。

13件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)