現在位置: > > > > > 新型フィットハイブリッドについて。新型フィット...

『新型フィットハイブリッドについて。新型フィット...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済み新型フィットハイブリッドについて。新型フィットハイブリッドは、カタログ燃費はリッター36と、トヨタのアクアとほとんど変わりなく、特に目立つ数字でもないですが、新技術「SPORT HYBRID Int

新型フィットハイブリッドについて。新型フィットハイブリッドは、カタログ燃費はリッター36と、トヨタのアクアとほとんど変わりなく、特に目立つ数字でもないですが、新技術「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive(スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」がとても気になります。この技術により、ホンダによれば、従来型に比べ加速性能で15%以上アップするという話ですが、これは、スイフトスポーツやコルトラリーアートバージョンRのような「ホットハッチ」と呼んで差し支え無い加速をするということなのでしょうか?

まだ、分からないことが多いと思うので、予測でもいいです。もし、コルトラリーアートバージョンR並の加速をするなら、購入を検討したいと思います。

ベストアンサーに選ばれた回答

現行モデルのIMAとは異なり、最新のパラレル型ハイブリッドシステムに一新します。
燃費を優先するのは、Accord hybridのシリーズ型ハイブリッドシステムのi-MMDで挑戦しているので、新Fitは燃費よりも運動性能を優先したi-DCDでハイブリッド車としての別のアプローチです。

i-DCDは以下の特徴があります。
・エンジンとモーターを分断するクラッチによるEV走行(ゼロ・エミッション走行)の実現
・エンジンの不得意な領域での、モーター駆動での補助(運動性能の向上)
・DCT採用によるダイレクトな変速と変速時間の短縮
・エンジン出力軸とDCT入力軸の回転差を無くしてクラッチ接続させるブリッピング機能のモーター補助での実現

Mitsubishi Colt CZ3 1.5 Ralliartの0-100km/h加速は7.2秒です。
110Kwのターボエンジンでの加速特性を、NAのエンジンとモーターアシストで実現するのは難しいでしょう。
モーターでのスタート加速は確実にMitsubishi Colt CZ3 1.5 Ralliartを凌ぐと思います。
走行性能はSpecificationの数値だけではわかりませんから、まずは発売になって試乗されるのが良いと思います。
ただ、発売当初はかなりの販売が想定されるので、なかなか納車されないと思いますけど。
試乗して最終決断することで、予約だけ入れておくのが良いかもしれません。

(golddojigasさんへ)

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • ホンダ内製なDCT。ちょっと怖いですね。先日のNシリーズ・CVT、ドライブシャフト折れリコールもあり、ラリーアートRのミッションではあのゲトラグ製。燃費とパワーの両立はできないでしょうね。
    所詮CVTプラスアルファーなダイレクト感が多少あるような物でしょう。
    エンジンも新調。ミッションも新調とオールニューはいいけれど耐久性や信頼性は????
    その点徐々に変革するトヨタ式な旧モデルで実装販売、新モデルで改良搭載と言う方式が一番間違いない。
    そしてアクアがマイナーチェンジで制御方法を更新することで36km/lにアップする為フィットの燃費はどうやら36.5km/lになるようですね。ただホンダでは、カタログ燃費稼ぎの電池電圧が高く、アクアよりも電池容量が大きいようです。
    実際の燃費は????。HV車のカタログ燃費は満充電状態での計測であり、実際の走行ではありえない数値ですよ。

  • 過去のホンダハイブリッドで使われていたCVTと比較しての話では?

    モーターアシストがあったとしても流石にターボ付きコルトラリーアートの加速に適うはずがありません

    ですが、数少ないDCTトランスミッションなので、CVTでは絶対味わえない切れの良い変速は楽しめると思いますし、発進のモーターアシストでクラッチの摩耗も最小限でしょう

  • DCTは期待できますね。ただデザインがな…

  • ハイブリッドスポーツとかって鳴り物入りで出したCR-Zのショボさを考えると期待薄です。

  • ハイトルクモーター装備でアシストがより強力になったとかならなかったとか?
    鉄部品少なく、プラスチック部品多用で軽量化で燃費アップさせたとか?
    試乗すれば、解る事ですね!
    人に聞いても意見は様々、自分で確かめるのが正確です。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)