現在位置: > > > > > ディーゼルもダウンサイジングの波

『ディーゼルもダウンサイジングの波』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みディーゼルもダウンサイジングの波

ディーゼルもダウンサイジングの波ホンダのCR-Vにもディーゼルが出るそうです。気になるスペックは1.6lで120psで300Nmくらいだそうです。
絶対的な出力は物足りないけど、普通に使う分には必要にして十分といった感じでしょうか。スポーツカーじゃやるまいて
常に高回転域を常用するわけでもなく、逆に常用域では3リッター並のトルクを出しますから。cx-5も絶大な
パフォーマンスを発揮しますが、ちょっと過剰ですよね。トルク多過ぎって感じです。逆にひと回り小さくして
燃費を稼ぐというのも有りだと思います。

ホンダは本気でこのエンジンをステップワゴンやオデッセイ・エリシオンなど展開するつもりなんでしょうかね。そもそもホンダは
フィットやインサイトなど小さい車が主流ですからね。その小型車も中途半端な簡易ハイブリッドでお茶を濁すんですから、
どうしようもないですよ。小型車は低燃費ガソリン車に移行するみたいですが。中型車以上を本気で売る気があるなら、
全部ディーゼル車にしないと、まずこの燃料高騰のご時世売れないと思いますがね。本気でやる気あるんでしょうか?
中型車以上は利幅も大きいでしょう。売りたいはず。cr-vの売れ行き次第?cx-5はバカ売れですが。

http://www.njd.jp/topNews/dt/3493/

http://response.jp/article/2011/12/07/166740.html

ベストアンサーに選ばれた回答

国内導入するかしないかだけの話だと…
シビックだって欧州仕様の主力はもはやディーゼルです。
もっともミニバンはほとんど国内専用車種なので難しいかも?
マツダの売れ方次第と言ったところでしょう。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • ディーゼルはトルクがありますが、出だしが弱いのでターボを積んでることが多いです。
    エクストレイルのディーゼルもターボを積んでます。

    あとは回転数が低くてもトルクがもりもりですから、そうなるとATの技術も難しいです。

    ホンダは欧州などで2.2Lディーゼルを売っていますが、それを日本導入の際、
    AT化が難しいので見送ったと聞いたことがあります。
    実際エクストレイルのディーゼルもATは発売が遅れました。

    DCTを開発!?なんて話もありますが、どうなんでしょうね。
    マツダのCX-5はバカ売れ!?かどうかわかりませんが、エクストレイルの時もそうでしたが、
    30万円ほど割高ですから、どうしても欲しい人だけが最初に買い、あとは売り上げが落ちるのが
    一般的です。

    僕もディーゼルがもっと普及してくれないかと心待ちにしています。
    ただ、日本のユーザーがガソリン車と比較してディーゼルを選ぶのかはわからないところですね。
    エンジンは長持ちしますが、割高ですし、MT中心になりがちですからね・・・。

  • ディーゼルはトルクが大きくても回転数の上がり方に少し癖があるので
    (アクセルがスロットル制御がなくて噴射量制御だけだからですが)
    加速感を出す為にはより高いギアを高トルクで駆動する必要が
    あるんですよ。
    だから、過剰に思える様なトルクを持つエンジンを使うんですね。
    私の車はディーゼルですが、2tの車体に55kgfmのトルクで、 0-100km/hは
    メーカーのプロが運転したデータでも7秒程度でさほど速いわけ
    ではありません。

    小さい排気量で控えめなトルクのディーゼルエンジンなら車重も
    軽くして行かないとダメですね。
    HONDAはその点は自信があるのでしょう。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)