現在位置: > > > > > 自動車のトーションビーム式サスペンションについ...

『自動車のトーションビーム式サスペンションについ...』:ホンダ CR-Z

解決済み自動車のトーションビーム式サスペンションについて この形式は調整機構が無くアライメント調整が出来ません。

自動車のトーションビーム式サスペンションについて

この形式は調整機構が無くアライメント調整が出来ません。一部の車種ではアライメント調整用シムを挟んで調整することも可能のようですが、私の所有しているCR-Zではそれ自体が出来ない構造になっています。(最近のホンダ車は殆ど全てコストダウンのため出来ないらしいです。)

現在は右リアのトーが+3.8mmで結構ずれているのですが、そこまで走行中に支障はありません。しかし、気分的なもの及び将来もっとズレた時にここの部品自体をそのまま交換することは可能なのでしょうか。また、交換を実際ににされたことのある方がいらっしゃれば教えてください。

次に買う車はリアもアライメント調整が出来る車種にしようと思いますが、現行ラインナップのMTクーペ車では86・BRZしかないですよね。北米シビッククーペを日本で販売しないかなぁ・・・

ベストアンサーに選ばれた回答

アームの取り付け方や締め方で気持ちくらいは調整できるような気がします。

回答一覧

3件中1~3件を表示

  • >右リアのトーが

    社外品の
    EZシムを使用すれば
    リアトー角
    リアキャンバー角
    を調整可能

  • これは
    軽クラスなら軽くてシンプルで安いかな止む無しと思うが
    ビッグサイズになると重量が相当になるので
    短いトレーリングアームも相まって
    コレ本当に左右独立して動くのかなって感じです。

  • 確かに「トーションビーム式」は、コストダウンした結果の(ただ、コンパクトカークラスには必要にして十分な性能の)方式に類されますからね。微調整機能は初めから切り捨てたんでしょう。もちろん、調整機能があれば、経年劣化に伴って狂ってくる可能性も高くなるわけで、そういうポイントを減らせられるならなるべく減らした方が、ユーザ側のコストも減らせられるわけです。

    先代アルファード/ヴェルファイアのリアサスがこれだからと、ずいぶん叩かれてましたね。サーキット走行でもない市街地走行で、本気で違いが判る人がどこまでいるか?って話です。(ま、トヨタもそこに付け込んだ?ような印象もないことはない。たいしたことないものを豪華に見せるのがお家芸ですから。)

    交換ですが、そりゃ金を積めば部品交換は出来ますよ。ビームからリアアクスルにトレーリングアーム…つまりリアサス一式丸ごと交換する意気込みで依頼すれば。また部品の供給がある間はね。
    出来るかどうか?を気にするより「そこまでする価値があるか?」を気にする方が先じゃないですか?

    「次は調整できる車種にしたい」との事ですが、それは「今ずれてるけど修正できないから」が理由ではないですか?
    つまり、「調整することでもっと細かいハンドリングの修正をしたい」が理由でないのなら、「ずれない限りは無用の機能」って事になりゃしませんか。

3件中1~3件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  2. 2位
    無限RZ 300台限定車 オーバーフェンダー
    2,250,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ
    698,000円(千葉)
  4. 4位
    1.5 アルファ ブラックレーベル
    698,000円(福岡)
  5. 5位
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)