現在位置: > > > > > S660は、リコール連発しますか? フィット、ヴェ...

『S660は、リコール連発しますか? フィット、ヴェ...』:ホンダ CR-Z

解決済みS660は、リコール連発しますか? フィット、ヴェゼル、CR-Zのように、 最初の1年は危険? しかも今回は、25歳のエンジニアが開発したんですよね? 危ないでしょうか?

S660は、リコール連発しますか?
フィット、ヴェゼル、CR-Zのように、
最初の1年は危険?
しかも今回は、25歳のエンジニアが開発したんですよね?
危ないでしょうか?それとも、今回は、ハイブリッドのような未知の領域ではなく、
ホンダの大昔からあるエンジン+MTかCVTというシステムなので、
リコールはないでしょうか?

可能性としては、
・幌ルーフが、ハードトップになる可能性は大。
・ターボのリリーフ音のサイレンサー搭載の可能性
でしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

s660のエンジンは、S07AでN-ONEが初搭載でそんなに大昔ではない様な?

大昔のE07AやEHではないと思いますよ。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • S660はべつにフィット系列みたいに新機軸の技術ぶっこんでるわけじゃないですから、多発はせんでしょ。
    でまくるとかいってる輩はアホだとしか思えん

  • たぶん連発でしょうな

    ジェイドまで発売したのは早く安くの牛丼戦略ではじめから決まってたラインナップだからでしょ

  • 6MTの耐久性と、ボディの雨漏り&さびぐらいじゃないですかね。心配なのは。
    前後タイヤサイズが結構違うみたいなので、ユーザーが安い適当なサイズのタイヤに勝手に変えたとしてもスピンしまくりだったら、軽というお手軽な車格な分それはそれで文句言われそうですけど・・

  • フィット、ヴェゼルは、ホンダには、初めてのダブルクラッチミッションを、それも自社ではそのミッションを開発する技術力が無いのでドイツから輸入した物を装着し、さらに世界ではまだ無かった電気モーターを噛ませたから、当然世に出すまでうんざりするほどの試験を繰り返してデバッグ(欠陥潰し)を、なんですかね、焦っていたのか、人材不足か、おごりか、社風か、一説にはあのころホンダは手を広げて色んな車種の開発をしていたんで人材が分散されていたとかで、ミスったようですね。

    そりゃもう技術的にこなれたCVTミッションなどで世に出していたら、あんなリーコールは起きなかったことだと思いますよ。

    でも、ホンダはこだわったんでしょうね。 CVTではもう平凡すぎて面白くないとか、画期的でないとか、パワーロスが多くてホンダ車らしくないとか、その後計画されているJADEやGRACEに繋げにくいとかで、どうしても先行露払い車種のフィット、ヴェゼルを世に公認させることを。 だから、恥を忍んでリコーを短期間に5回もしたんでしょう。

    今は、JADEやGRACEが出てきたんで裏を返して見ればデバッグはほぼ終えたんでしょうね。

    まあ、おおまかには新しい事をやるとトラブルは出て来て当たり前で、怖いなら従来技術を採用すれば良かったんだが、ホンダはダブルクラッチミッション+電気モーター駆動技術をどうしても確率したかったんでしょうね。 お蔭で、4車種出たではないですか。 JADEなんか1.5トン車を1500CCエンジンで動かそうなんてまあ斬新て言えば斬新ですよ。 電気モーターが着いてますんで、肝心の発進加速時にはトロさを感じさせないとは思いますが。 高速になれば1500CCエンジンだけで十分ですしね。

    で、本題はS660はお初物の斬新さはあるんですかね。ターボ着けても多分駆動系には無いでしょう。 サスや外観デザインだけなら、蓄積ノウハウを流用するだけでいいので25歳のアンチャンでもチェック体制がしっかりしていれば行けるでしょう。

    よって、フィット、ヴェゼルとS660では開発難易度って点では次元が違うと思いますよ。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  2. 2位
    無限RZ 300台限定車 オーバーフェンダー
    2,250,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ
    698,000円(千葉)
  4. 4位
    1.5 アルファ ブラックレーベル
    698,000円(福岡)
  5. 5位
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)