現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > カルディナ > みんなの質問 > トヨタ カルディナ 14年落ち 3万キロ買お...

『トヨタ カルディナ 14年落ち 3万キロ買お...』:トヨタ カルディナ

解決済みトヨタ カルディナ 14年落ち 3万キロ買おうか悩んでます。エンジンルーム内もとても綺麗なのですが買う際の注意点ありますでしょうか。

トヨタ カルディナ 14年落ち 3万キロ買おうか悩んでます。エンジンルーム内もとても綺麗なのですが買う際の注意点ありますでしょうか。それと、やめたほうがよいなどの意見はありますでしょうか?参考にさせて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答

その車が好きなら3万キロはとても魅力的です。
メンテしてあげれば10万キロは楽勝。頑張れば20万キロ行けます。
注意点は、ゴム類の劣化は避けられないので、ファンベルト等一式交換をお勧めします。
カルディナは街中で見ることも少なくなったので、出てこないパーツがあるかもしれません。
古い車は何かが壊れても当たり前なので、細かいことは気にしないように。
私ごとですが、山の上でラジエターホースが破裂して、山の下の国道まで冷や汗もので山の下の国道までたどりついたとか、首都高でエアコンのファンベルトがぶっ飛んで、真夏の炎天下汗だくで帰ったというののも今では良い思い出です。
では、楽しいカーライフを。

回答一覧

4件中 1~4件
  • トヨタ カルディナ 14年落ち 3万キロ買おうか悩んでます。


    車輛は
    金属部品+ゴム部品+樹脂部品で製造・組み立て
    ゴム部品関係は
    輪ゴムと同じように
    経年劣化が進めば
    使用不可能に
    ゴム部品交換が必需
    交換をしないと
    車輛トラブル
    車輛寿命低下

  • 3万キロって新車並みですよねー
    でも14年も経つのに3万キロって保管されてた?
    普通に考えても年間3000kmでも14年走ると---
    なりますよねー、何年か一時抹消で放置だったんでしょうか?
    記録簿など見れば整備記録有るでしょうけどワンオーナー車ですよね?
    複数オーナーでまず3万キロはあり得ませんね、メーター換えてる可能性大です
    下周りのブッシュ類やシートのヘタリやエンジンキャップの裏や
    ハンドルの擦れやブレーキペダルの擦れや各スイッチの擦れなどチェックです
    乗ってない車は擦れや傷などが少ないです、距離の割に擦れなど大きく見られる
    場合はメーター交換など考えられます、足廻りやホイールに付着してるダストや汚れ錆びなども参考になります、年式の割に極端に走行距離少ない車はより念入りに
    調べる必要あります、極上車がたまに発掘されますが稀ですね
    エンジンルームなんてクリーニングすれば綺麗になります、売る方はそのくらい
    清掃して売ります。10万20万円なら買いかもしれません。
    いくら3万キロでも14年落ちは査定も付かない車ですよ。

  • 本当に3万キロでしょうか?
    自分は根本的にメーター交換を疑いますけど。

    エンジンルーム内は清掃で綺麗に見せる事は出来ますのであてになりません。

    事故車かどうかは各バンパー等に付いてるリベットの劣化具合で分かります。
    極端に新しいリベットが付いてる様ですと何らかの理由によりバンパーを脱着してる可能性があり、その理由が事故の可能性があります。

    自分は他の回答者とは違う回答をさせて頂きます。
    1→オイル
    あてになりません。フラッシングオイルで洗浄すればある程度汚れを落とせます。
    中古車は常に走らせる状況ではなく展示されてるので1度フラッシングしてオイルを入れておけば極端には汚れが出ません。つまり、判断の基準にならないです。

    2→冷却水
    「茶色い色や蓄積物がある場合」なんて言ってますがその時点でそもそも3万キロではないでしょうね。自分の車は中古で購入してから19万キロですが冷却水は補充はしても一度も交換してません。色も変色してないですし、蓄積物もありません。交換は必要とは言われてますがそこまでシビアに考えなくて大丈夫です。

    3→ファンベルト等一式交換
    「ゴム類の劣化」14年落ちだと劣化は疑わしいですが一式交換は不要です。
    走行不能状態に陥る可能性がある所だけ重点的に見れば大丈夫です。
    ブレーキホースの劣化はよく見ておいた方が無難です。
    ファンベルトは整備点検記録簿より確認が取れるハズです。

    オートマ車両ならエンジンオイルよりATFの汚れの方が判断基準にはなるかと、茶色、黒色だと3万キロなのかを疑います。

    購入金額とその車に何年乗るかです。
    低走行といえど中古車。
    状態はどうであれ、中古車を購入する事はそれなりのリスクが付きます。

    各メーカー、他車両に共用部品が使われてますので調べていけば他の車両から部品が取れたりしますので部品供給は問題無いでしょう。
    台数売ってるトヨタなんで中古市場でもゴロゴロいますし。

  • はじめまして。以前中古車の仕入れの仕事をしている方から教えて貰った事ですが、販売店の方の許可を貰ってから、先ずはオイルレベルゲージを確認します。綺麗な金属の色なら問題無いですが、強い茶色の着色とかがある場合前のオーナーのオイル管理が悪かった可能性があります。次にオイルの注入口を開けて中を見ます。綺麗な金属の色なら問題無いですが、茶色、黒に近い色の場合同様にオイルの管理が悪い可能性があります。オイル管理は非常に大切ですので確認して下さい。

    次は冷却水のリザーバータンクの中を見ます。茶色い色とかの蓄積物がある場合、ラジエター内部の詰まりとかの可能性があるので、後で交換になるとそれなりの金額がかかります。

    まだまだあると思います。しかし、この2つは私も経験しており、まだ無知だった頃、エンジンオーバーホール、ラジエター交換と出費に苦労しました。
    参加になれば幸いです!

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。